お芝居の感想文ブログ

これだけ観てるのに、観劇芸能人に遭遇したことないっす

全体表示

[ リスト ]

紀伊国屋ホール
演出:河毛俊作
北原里英・味方良介・小松準弥・田中涼星・増子敦貴・松村龍之介・細貝圭・久保田創・大石敦士・須藤公一 

イメージ 1

2016年版で初めてこの作品に触れて
とても気に入ってしばらく興奮していたのね
でも時間が経つほど、どういう流れであの結末に至ったのか
繋がらなくなってしまって
その辺を補完したくて観に行ってきた

のだけど
余計に謎が深まったという・・・
そもそもどうして総司(菊姫)が捨てられたのか(説明セリフあった気もするけど聞き取れなかった)
結核って当時の適切な治療をられなかったら何年くらい生きられるのか、とか
勝海舟・坂本龍馬・岡田以蔵 は、おいくつなんでしょうか?という
なんか暗黙に『考えちゃダメ』って言われてるような気がすることとかね

考えれば考えるほど、話の辻褄が逆にほどけていくようなのが
globeの wanna Be A Dreammaker と似てる気がした、唐突に
楽曲として完成度高くて、発表当時から好きな曲だけど
歌詞を改めて頭の中に文字起こしすると途端に「なんのこっちゃ?」感が顔を出すみたいな

どうして新選組のみんなは最後に総司を崖から突き落すようなことを言うのかとか
(ここに関しては 坂本を切りに行く前だったような記憶違いをしていて
総司が想いのままに動ける様、負担にならないように敢えて言ったもの、という
キレイめなストーリーで勝手に変換してしまって、そうであってほしいと確認したかったのだけど
そうじゃなかったので悲しみが増したし理解が及ばなかったのでもう何度か観たいとも思った)

前回の衝撃、いわゆるファーストインパクトをなるべく引きずらないようにと心がけていたものの
ニノさんのご両親が褒めてったって聞いた坂本が
『みかん送っておく』より
『井上の日めくりカレンダー1箱送りつける』方がウケるにきまっている
ここだけはどうしたって、今年のは勝ち目ないよなって考えてしまったよね

その二宮役、増子敦貴くんは熱海にも大山金太郎ダブルキャストで出演していたけど
自分が観た回では龍彦役だったのであまり印象がなく今回がほぼ初見
がむしゃら感、かわいかった♫やば💛

土方歳三小松準弥
卑屈とか闇キャラ的なことをインタビューで読んだけど
アツくてまっすぐな感じがカッコよかったと思う ←単純に顔が好みw

味方龍馬は熱海に続いて汗だっくだくの超絶滑舌
周囲を翻弄しているようで、政界という魑魅魍魎の蠢く世の中に一番翻弄される人
そういうやるせない感じを受け止めました
ほんと、古今東西政治の中心というのは・・・(何一つ詳しく語れないので自粛)

主演 十代目沖田総司・北原里英
ちょっとサイズ小さめなジャージの効果もあり、殺陣の途中でのポージングとかセクシーで
エロいという触れ込みを体現していて
松井さんとは全く別の沖田としてすんなり入ることができていいです
彼女の芝居を観るのは以前とてもハマっていて毎週真剣に見ていたドラマ『家族ゲーム』以来
当然人生経験値も上がり、稽古を重ね、主演で舞台に立ち慣れてきた(?)頃だったので
とても頼もしく見えました、ポスターの写真すごく美しいです


とかいいつつ完全に私の願望を。
年齢的にも無理があると思うしグループ活動をしながら続けられるような
ヤワな稽古や公演ではないのも承知しているのだけど
沖田総司を演じるももクロ高城れにが、観たいなぁと思ってしまった
声質とかもね、とっても合うと思うんだよね ←ただの推しの妄想です
岡村さん・川上さん如何でしょう?

閉じる コメント(1)

顔アイコン

北原里英さんのアイドル卒業後の初大仕事
見てくださってありがとうございます

2018/7/29(日) 午後 5:02 [ 微力全力 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事