お芝居の感想文ブログ

これだけ観てるのに、観劇芸能人に遭遇したことないっす

劇場にて

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

て(2018.09.02)

東京芸術劇場 シアターイースト
演出:岩井秀人
浅野和之・平原テツ・田村健太郎・安藤 聖・岩瀬 亮・長友郁真・今井隆文・能島瑞穂
湯川ひな・佐野 剛・松尾英太郎・猪股俊明

友人に誘ってもらって、ハイバイさんを初観劇しました
主題はある家族の、家族だから避けられないぶつかり合いの話
笑えるところもあるけれど、昨日のヨーロッパ企画のコメディとは全く異なる重めの作品
元々難アリの父親とのしがらみが原因で穏やかではない家族の様で兄弟間も妙にぎくしゃくしていて
普通に育った兄弟でも、就職したり結婚したりすると関係性って変化すると思うけど
この兄弟は見ていてちょっと気の毒になります
みんなそれぞれ一生懸命生きているだけなんだけどな、切ないなってなった。

キャストの浅野和之さんと田村健太郎さんを知ってただけで
他は何も知らない状態での観劇をしたのだけど
浅野さんがお母さんを演じるのが全く違和感がなくて
舞台上で前説しながらかつらをかぶるという荒業も見事でしたし
もうお母さんにしか見えなかったの魔法の様で凄かった
だから好き☆

形式として先に一度、冒頭から結末まで一気にみせて
それをもう一度、今度は何故どうしてその人はそういう言動に至ったのかとか
裏で一体どういうやり取りがあってそういうことのなったのかを含めてもう一度やる

言わば、木更津キャッツアイ 方式
ありそうでなかったんじゃないかな、少なくとも私は初めて観たの面白い

お父さん役の方がカラオケで歌うリバーサイドホテルが、耳から離れず
先週仕事中とかもBGMになっていましたとさ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

本多劇場
演出:上田誠
石田剛太・酒井善史・角田貴志・諏訪雅・土佐和成・中川晴樹・永野宗典・西村直子・本多力
早織・藤谷理子・城築創・岡嶋秀昭

イメージ 1
ブルースからの、昼休憩挟んで、新作です♪
ブルースから15年後のSF研究会の部室が舞台で

でも部員は一人しかいなくてゲームばっかりしてる
何故なら入学当初から部室前表札のSFのSが消えかけちゃってるから
「FF(ファイナルファンタジー」研究会と思ってたって
SFだよって教えてあげたら今度はストリートファイター研究会?
ってなって、サイエンスフィクションという発想は全く出てこない様子
そういえば部室のポスターもゲーマー仕様になってたり。。。

演者たちは暗転を使ってタイムマシンの出捌け以外にも
部室の机の配置や細かいところを切り替えたり
15年前と15年後で衣装(と年齢設定)を変えて上下の袖を出たり入ったり
やることがたくさんあって相当大変そうなのに観てる方はすっごく楽しい

それにしてもやさ
現役生や同級生も加わって人数が増えて、タイムマシン遣いの勘も取り戻した面々によって
1幕目で広げられるだけ広げまくった風呂敷
(実はブルースの話の端でみんな色々タイムマシン使いまくっていたようです)を回収する2幕目に
果たして私の頭は付いていけるのだろうかと心配になったけど
全然大丈夫だった、笑ってる間にどんどん回収されていって見事にオチがついてキレイにまとまり
めでたしめでたし

ちなみにムロツヨシと本広監督が映画化を目論んでいるようです
どうなることやら楽しみでしかありません

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

本多劇場
演出:上田誠
石田剛太・酒井善史・角田貴志・諏訪雅・土佐和成・中川晴樹・永野宗典・西村直子・本多力・早織

イメージ 1
4度目の再演にして初めての観劇
私がいちばん好きな映画がこの舞台を原作とした瑛太主演の同名作品で
一時期は何度も何度もDVDを観ていたので
私にとってはもうどちらが原作なんだか?という状況

序盤は、あの子がムロツヨシの役だなとか真木よう子の役だなとかそういう認識
角田さん演じるカメラクラブの男子(子?)照屋さんが映画にはいなくて
教授や用務員さんに割り振られていたのも不思議な感じ
私の中で照屋さん新キャラ 笑

もうず〜っと面白くて、ず〜っとゲラゲラ笑ってた
映画観まくったからタイムトラベルの時間軸は問題なく付いていけた、本広さんありがとう
映画見ていなかったら、1度観ただけではちょっと判らなかったかも頭弱いもんで (^^;

タイムマシンが稼働するときは暗転して、乗っていないキャラが捌けるんだけど
それがもう職人技で感心するばかりだった
捌けてすぐ反対袖から何事もなかった顔で出てくるの凄くて
ヨーロッパ企画凄い!!マジで!!!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

紀伊国屋ホール
演出:河毛俊作
北原里英・味方良介・小松準弥・田中涼星・増子敦貴・松村龍之介・細貝圭・久保田創・大石敦士・須藤公一 

イメージ 1

2016年版で初めてこの作品に触れて
とても気に入ってしばらく興奮していたのね
でも時間が経つほど、どういう流れであの結末に至ったのか
繋がらなくなってしまって
その辺を補完したくて観に行ってきた

のだけど
余計に謎が深まったという・・・
そもそもどうして総司(菊姫)が捨てられたのか(説明セリフあった気もするけど聞き取れなかった)
結核って当時の適切な治療をられなかったら何年くらい生きられるのか、とか
勝海舟・坂本龍馬・岡田以蔵 は、おいくつなんでしょうか?という
なんか暗黙に『考えちゃダメ』って言われてるような気がすることとかね

考えれば考えるほど、話の辻褄が逆にほどけていくようなのが
globeの wanna Be A Dreammaker と似てる気がした、唐突に
楽曲として完成度高くて、発表当時から好きな曲だけど
歌詞を改めて頭の中に文字起こしすると途端に「なんのこっちゃ?」感が顔を出すみたいな

どうして新選組のみんなは最後に総司を崖から突き落すようなことを言うのかとか
(ここに関しては 坂本を切りに行く前だったような記憶違いをしていて
総司が想いのままに動ける様、負担にならないように敢えて言ったもの、という
キレイめなストーリーで勝手に変換してしまって、そうであってほしいと確認したかったのだけど
そうじゃなかったので悲しみが増したし理解が及ばなかったのでもう何度か観たいとも思った)

前回の衝撃、いわゆるファーストインパクトをなるべく引きずらないようにと心がけていたものの
ニノさんのご両親が褒めてったって聞いた坂本が
『みかん送っておく』より
『井上の日めくりカレンダー1箱送りつける』方がウケるにきまっている
ここだけはどうしたって、今年のは勝ち目ないよなって考えてしまったよね

その二宮役、増子敦貴くんは熱海にも大山金太郎ダブルキャストで出演していたけど
自分が観た回では龍彦役だったのであまり印象がなく今回がほぼ初見
がむしゃら感、かわいかった♫やば💛

土方歳三小松準弥
卑屈とか闇キャラ的なことをインタビューで読んだけど
アツくてまっすぐな感じがカッコよかったと思う ←単純に顔が好みw

味方龍馬は熱海に続いて汗だっくだくの超絶滑舌
周囲を翻弄しているようで、政界という魑魅魍魎の蠢く世の中に一番翻弄される人
そういうやるせない感じを受け止めました
ほんと、古今東西政治の中心というのは・・・(何一つ詳しく語れないので自粛)

主演 十代目沖田総司・北原里英
ちょっとサイズ小さめなジャージの効果もあり、殺陣の途中でのポージングとかセクシーで
エロいという触れ込みを体現していて
松井さんとは全く別の沖田としてすんなり入ることができていいです
彼女の芝居を観るのは以前とてもハマっていて毎週真剣に見ていたドラマ『家族ゲーム』以来
当然人生経験値も上がり、稽古を重ね、主演で舞台に立ち慣れてきた(?)頃だったので
とても頼もしく見えました、ポスターの写真すごく美しいです


とかいいつつ完全に私の願望を。
年齢的にも無理があると思うしグループ活動をしながら続けられるような
ヤワな稽古や公演ではないのも承知しているのだけど
沖田総司を演じるももクロ高城れにが、観たいなぁと思ってしまった
声質とかもね、とっても合うと思うんだよね ←ただの推しの妄想です
岡村さん・川上さん如何でしょう?

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

IHIステージアラウンド東京
演出:いのうえひでのり
  • 天海祐希・古田新太・福士誠治・竜星 涼・清水くるみ・三宅弘城・山本 亨・梶原 善
  • イメージ 1

豊洲の回転する劇場での『髑髏城の七人』シリーズの大トリ
髑髏城を極めたと公言して憚らない(タイトルがね)
看板に偽りなしのとても素敵な演目でした

今まで(初演〜season月)で繰り返し繰り返し上演されてきた
そのエピソードとキャラクターを一度細かく切り分けて
新しい素材とともに改めて組み立てなおした今作

拍子抜けするほどすんなりと、この新しい戯曲を私は受け入れることができました
捨之介も蘭兵衛もいないけど、そのスピリッツは他のキャラにしっかり受け継がれていたし
長い年月をかけて、少しずつ矛盾が生じてきた設定を大きく改造したことで
むしろ一番(正確にはアカドクロ至上主義だから二番目に)納得できた構成かもしれない

ただ少し1幕(前フリ)が長いかなぁ
そのぶん2幕の畳みかけの怒涛加減がすさまじく気持ちいいわけですけどね

夢三郎・竜生涼の長身も舞台に映えて、色んな顔を見せてもらいました
(というか今までアンナチュラルの葬儀屋さん役しか知らないからほぼ初見状態だった)
もしかしたら蘭兵衛さんよりこの子の方が切ないかも

安定してるのはカンテツ役三宅さんで
家でテレビでアオドクロ(2005年?)見た時と全く変わっていない!!!
ホントに13年前だった?ってなるくらい。変わらない凄さってすごいな
この人がいるのでお笑いパートを安心して見ていられます

そして何気に小田切三五は初めて見ることができたキャラクター
すっかりおなじみ感があるのに初めて見るってなんだか不思議(鳥と月は渡京さんだったから)

髑髏党と鉄鬼兵がコミカルで憎みきれないのも楽しかった
生駒さんがいないからってさ、みんなハメ外しすぎでは?って考えすぎか・・・

そして何といっても清十郎様、川原正嗣さん
川原さんの太刀筋を追うだけで観に来てよかったと思えますわ
しかも今回はエスパーダ的悪役ではなく完全に極楽太夫の味方(^^♪
vs兵庫(非戦闘型)的な今後も妄想させてくれる稀有な役柄です

全部は一気に書ききれないのでダブル主演のお二方も含め
ちょいちょい更新していこうと思います←自分用備忘録ゆえのマイペース加減w

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事