全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全461ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

コチドリなど

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

晴れたり曇ったり。9時前から約2時間、東縁、芝川、上山口新田、芝川、みちくさ道路で約18km。
昨日、自転車走行中の前方でセッカらしき小鳥を目撃。その場所で待機するが、カワセミ、ツバメ、ホオジロ、ツグミなどの他は見当たらない。
今日もコチドリの営巣場所を探すが、ダメ。しかし、田んぼで1羽のコチドリに出会う。
写真1,2,3;今日のコチドリ
写真4,5;よく育っている稲を背景にアオサギ

開く コメント(0)

ケリの親子

イメージ 1

イメージ 2

晴れ、西風強し。8時半から約1時間半、釣上往復で約8km。
今年最初に孵ったケリの雛は既に飛べるようになっていて、ファミリで何処かに移動していて、姿は見えない。
しかし、2番目に孵った雛は、今日も1羽だけ無事を確認できる。
写真1;今日のケリ親子
写真2;ケリケリと鳴きながら警戒する親

開く コメント(0)

ツミの雛誕生

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

快晴。9時前から3時間弱、越谷の公園、健康福祉村を回り、約20km。
先日ツミが抱卵中であった公園で、ツミの雛が孵っていることを期待して出かける。
ツミの母親が巣の直ぐ上の枝に止まっている。雛の姿は見えないが、親が巣を見守っていて、雛が誕生している雰囲気。
やがて、数十メートル離れた木の枝に飛んで行く。そこで、雄から餌を受け取ったようで、行ってみると大きな枝の上で、獲物を捌いている。
そして、獲物を咥えて巣に戻り、雛に餌を与え始める。
未だ白い小さな雛を2羽は確認できた。もっと居るのかもしれない。無事成長することを祈る。
写真1;巣の近くで見守るツミの母親
写真2;獲物を捌く同
写真3・・15;雛に細切れにした肉を与える同

開く コメント(2)

各種飛翔シーン

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

曇り時々晴れ。7時半から約2時間半、近場を一回りで約6km。
一昨昨日、自転車で走行中、コアジサシによく似た鳥が飛翔する姿を見る。コアジサシに比べてややむっくりしていて、色が黒く見えた。Aさんによるとクロハラアジサシではないかとのこと。
その姿を撮るべく、待機するが残念ながら今日は、コアジサシなどの他は見ることができなかった。
写真1,2,3;今日のコアジサシ
写真4;同アオサギ
写真5;同ハシボソガラスとムクドリ
写真6;同ハシボソガラス
写真7;同カワウ
写真8;同カルガモ

開く コメント(2)

カルガモの雛

イメージ 1

イメージ 2

快晴。8時前から約2時間、東縁、七里総合公園、西福寺、加田屋川、自然公園、東縁で約18m。
毎年多くのカルガモの雛が誕生する池で、3週間ほど前には1羽の雛も居なかったが、今日は3羽を確認。しかもかなり大きくなっている。
写真1,2;カルガモ雛

開く コメント(2)

全461ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事