全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

オオハクチョウが戻る

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

曇り、時々お日様。9時前から2時間半弱、近場を一回りで約7km。
オオハクチョウ2羽が、先月来ていたのに居なくなっていた。
ところが、今日は同じ個体かどうかは不明ながら、2羽確認できた。SKさんによると、数日前から戻っているとのこと。
写真1,2,3;戻って来たオオハクチョウ
写真4;今日のユリカモメ
写真5;同じく30羽近くのオカヨシガモと数羽のマガモ
写真6;逆光の中のオオバン
写真7;飛翔するコサギ
写真8;同じくカワウ

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

曇りでガスも。9時過ぎから約3時間、近場をひとまわりで、約7km。
ミコアイサ30羽くらいの群れが居る。こんなに大きな群れを見るのは、初めて。
また、カワウは相変わらず100羽を下らないと思われる数が来ている。それだけ、今年は魚の数が豊富に居るのだろう。
ドバトも100羽前後が、電線に止まっている。
今日は、大きな群れに出会う、特異日か。
写真1・・6;ミコアイサの大きな群れ(ミコアイサは今季初)
写真7;カワウの大群
写真8;ドバトの大群
写真9;今日のカンムリカイツブリ
写真10;同じくチュウヒ

開く コメント(4)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

曇り後、小雨。8時半から3時間半、西縁、案山子公園、西福寺、膝折、自然公園、東縁、芝川、西縁で約24km。
ミヤマガラスを探したが、見つからない。
今の時期、珍しく水を張った田んぼで、セグロセキレイに出会う。今季初。
また、川沿いでクイナに出会う。今季3度目で、何れも異なる場所。この冬はクイナが多く来ているのだろうか。
写真1,2;今季初のセグロセキレイ
写真3・・8;今季、3か所目のクイナ

開く コメント(4)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

快晴、微風。9時前から3時間半、西縁、芝川、合併記念公園、大宮第三公園、大宮公園、芝川、西縁で約22km。
先日、キクイタダキの話は聞いていたが、今日は運よく出会える。6年前の12月に出会って以来。
デジスコで鳥見をしていたが、キクイタダキの早い動きについてゆけず、一眼を使用するようになった、因縁の小鳥。
しかし、相変わらず早い動きについてゆけず、多くの場合、シャッターのディレイタイムの間に、被写体はフレーム外に出ている。
写真1・・6;6年ぶりのキクイタダキ
写真7;今日のマガモ♂
写真8;同じくキンクロハジロ
写真9,10;同じくハシビロガモ
写真11;同じくカイツブリ
写真12;同じくアオサギ(このアオサギは何時も此処に居る様子)

開く コメント(4)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

快晴、微風。9時から約3時間、近場を一回りで、約7km。
ベニマシコが来ているとの情報は、かなり前からあったが、なかなか出会えなかった。が今日、今季初めて出会える。
はじめ、かなり赤い♂と♀が、近くの木に止まってくれたが、枝被りで撮れず。
しかし、やや離れたところに、若い♂と思われる一羽が止まってくれる。
魚を獲ったミサゴが、悠々と円を描きながら上昇してゆき、何処かへ飛び去った。
チュウヒがカラスにモビングを受けて飛んでいる。
100羽を下らないカワウが一斉に、近くの水面にやってくる。壮観だが、魚は大変だろう。
写真1,2,3;今季初めてのベニマシコ若♂
写真4,5,6;魚を持って上昇するミサゴ
写真7,8;カラスに追われるチュウヒ
写真9,10;圧倒的数のカワウの群れ
写真11;今日のカンムリカイツブリ

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事