全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

コアジサシに出会う

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

晴れ。9時から3時間余、戸塚中央公園、出羽公園、大相模貯水池往復で約24km。
ヨシゴイを期待して出かけるが、やはり環境変化のためか、全く姿がない。
池の蓮を除去しただけと思われるが、非常に微妙なのだ。
コアジサシは見られるが、前のように群れでは見られず、1羽のみ。
未だシメは居る。
写真1,2,3;一羽だけ見られたコアジサシ
写真4,5;未だいるシメ

開く コメント(4)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

快晴で温かい。7時から3時間余、東縁、芝川、鷲神社、自然公園、東縁、調整池、東縁で約16km。
何かお珍しい鳥が飛んでいると思い、よく見ると、鳥ではなくコオモリだ。
これまでも、うす暗くなって、コオモリを見たことは何度もあるが、こんなに明るい中での飛翔は初めて見る。
コチドリとコムクドリに出会う。今季初。
公園の池のオナガガモは全て去ったが、未だヒドリガモ8羽は残っている。
また、シロハラも見られた。
写真1・・5;真昼間に飛び回るコオモリ
写真6,7,8;今季初のコチドリ
写真9;まだいるヒドリガモ
写真10;同じくシロハラ
写真11,12,13;今季初のコムクドリ
奢侈14;巣つくりに忙しいキジバト

開く コメント(3)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

晴れ。9時前から約3時間、鳥見兼雑用で、綾瀬川、KH村、釣上など、約15km。
東川口に転居して、初めての鳥見。
足早に春が深まり、ユリカモメの頭が既に黒く変わっている。
田植え準備のため、田んぼは殆ど耕されている。当然ケリが来ていると期待して探すが、見当たらない。
年々、やって来るケリの数が減っているので、遂に今年は見られなくなるのだろうか。
写真1;頭部が黒くなったユリカモメ
写真2;未だまだら模様のユリカモメ
写真3;タンポポの花とツグミ

開く コメント(3)

クイナの縄張り争い

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

快晴。8時半過ぎから、約3時間半、西縁、芝川、合併記念公園、大宮第三公園、大宮公園往復で約24km。
クイナが一羽、採餌中。そこへ、不意に何かが飛び掛かってきた。一瞬、自分も何がやって来たのか、分からなかった。しかし、よく見るとクイナ。長年、鳥見をしているが同じポイントで2羽のクイナを同時に見たのは、初めて。
前に居たクイナは追われて、20mほど離れた所へ飛び去る。残念ながら、一連のシーンは撮れなかった。
綺麗になったヨシガモを見たいと期待したが、既に北へ去った様子。
写真1,2;第一のクイナ(追われた方)
写真3,4;第二のクイナ(飛び掛かった方)
写真5;未だいるキンクロハジロ♂
写真6;同じくハシビロガモ♂
写真7;同じくヒドリガモ♂
写真8;同じくアオジ♂

開く コメント(2)

見沼田んぼも春の装い

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

快晴、西風やや強し。9時前から約2時間半、近場で約14km。
2週間余り、鳥見をさぼっている間に、すっかり春の装いに包まれている。
草の緑が一面に広がり、多くの木々が花をつけている。
自分の目では確認できなかったが、毎年やって来るチョウゲンボウは、今年も来ているとのこと。
この春は何故かカワウの営巣は見られないが、アオサギは、数か所で営巣している様子。
飛び回るツバメを数羽確認できる。
ボケの花はもう満開に近く、暫し眺めていたが、未だベニマシコの姿はない。
写真1;緑の中のツグミ
写真2;夏羽に変わっているカンムリカイツブリ
写真3;飛び回るツバメ
写真4;のんびりとオカヨシガモのペア

開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事