ここから本文です
こねこCafe
ご訪問ありがとうございます♪

書庫全体表示

記事検索
検索

沖縄お土産編

沖縄で買ったお土産をご紹介しますね(*^-^*)

歩(あゆみ)サーターアンダギー
牧志公設市場の2階にある「歩サーターアンダギー」。
イメージ 1

売り切れ次第閉店ということで、14時過ぎに訪れましたが、まだ残っていて良かったー
5個入と9個入があって、5個入(450円)を購入。
イメージ 2

1個が大きいのー(≧∇≦)
卵は全卵ではなく卵黄だけを使っているのでタマゴ感が強くて、翌々日でも外はサクッと中はしっとりとした食感で美味しかった!!


お土産いろいろ〜
イメージ 3

沖縄めんべい ラフテー&シークヮーサー風味(2枚入 216円)
福岡のお土産として有名な「めんべい」の沖縄限定バージョン。
ラフテーにシークヮーサーの爽やかな風味に効いていて、沖縄らしい味
沖縄の青い海とシーサーのパッケージも可愛くて、オススメのお土産

ロイズ石垣島 黒糖チョコレート(702円)
沖縄県産の黒糖を使ったチョコレート。
黒糖の素朴な美味しさとチョコレートが溶け合って深みのある味わい

那覇空港限定 「ちゅら海の防人カレー」(500円)
那覇空港×海上自衛隊那覇航空基地×オキハムのコラボ商品。
海上自衛隊のオリジナルレシピを使用し、軟骨とろとろソーキ、かつお出汁、沖縄の塩シママース、そしてマンゴーと沖縄食材が詰まった沖縄のご当地カレー
どんな味なのか楽しみ〜

スターバックス 沖縄限定タンブラー&マグカップ
南国の暮らしをイメージしたデザインで、タンブラーもマグカップもどちらも可愛くてどちらか選べなくて、両方買ってしまった
イメージ 4

今回、11年ぶりの沖縄でしたが、インバウンドで特に韓国の方が多い印象でした。
リゾートホテルでラグジュラリーに過ごすなら沖縄だけど、海が美しく豊かな自然を選ぶなら奄美群島かなと感じました
南国はいいですねー(*^-^*)

みなさま、沖縄の旅にお付き合いいただきありがとうございました
 
ランチは、国際通りで食べるコトにしました〜。
どこのお店にしようかなと口コミなどを頼りに訪れたのは、メインストリートから少し入ったところにある『ゆうなんぎい』。
沖縄料理をいただけるお店で、ランチタイムも営業。
イメージ 1

1970年創業の老舗で、店内はレトロな雰囲気〜
イメージ 6

ランチメニューは、沖縄そばをはじめ、定食や一品料理などいろいろ。
ーキそば(620円)を注文しました。
沖縄そばとの違いは、沖縄そばはトッピングが三枚肉(バラ肉)、ソーキそばは骨付きのあばら肉になります。
イメージ 2

ソーキそばがやってきました〜!
わっ、めちゃ大きなソーキが2個も(≧∇≦)
鰹が効いたお出汁が優しい味わいで美味しいー
イメージ 3

そばといっても蕎麦粉ではなく、小麦粉で作られています。
ほど良い硬さでコシがあります〜。
イメージ 4

ソーキはとろとろ〜♫
とろけるほどに煮込まれたソーキはジューシーでほろほろ!
イメージ 5

ボリューミーな絶品ソーキそばでした
店内は、観光客だけではなく地元の人も多くて、地元でも愛されているお店なんだなぁと

食後は、国際通りをぶらぶらしてお土産選び
疲れたので、35コーヒーで休憩しました
イメージ 7

風化したサンゴで焙煎した沖縄限定のコーヒー。
サンゴと読みたくなるけど、スリーファイブコーヒーです()
売上の一部がサンゴ礁再生活動に活用されていて、環境に優しいコーヒー
スッキリとした後口で美味しかったー!
キャンペーン中でMサイズは120円だったし(≧∇≦)

試飲したハイビスカスティーが美味しかったので、買っちゃった
1個(20包入)だと870円、2個だと1050円、そして、5個だと1980円。
1個の価格設定ってどうなん?って感じだけど
5個セットを買って、妹とわけわけしました(笑)
イメージ 8


沖縄のお土産へつづく・・。

今回の沖縄の旅でぜひ訪れたかった場所が『波上宮(なみのうえぐう)』
全国の一之宮を描いている西田眞人さんの展覧会で、琉球国一之宮の波上宮を知って。
イメージ 1

これはぜひ機会があれば見てみたいと思っていました♪
一の鳥居
イメージ 2

二の鳥居
イメージ 3

この鳥居から右に行くと波の上ビーチに。
ココから崖に立っている本殿を見るコトができるんです
わっ、スゴイ!!
西田眞人さんはこの光景を描いていたんですねー
イメージ 8

遙か昔の人々は海の彼方、海神の国(ニライカナイ)の神々に日々の豊漁と豊穣に恵まれた平穏な生活を祈っていました。
その「ニライカナイ信仰」の祈りの聖地の一つがこの波の上の崖端で、ここを聖地として日々の祈りを捧げた場所が波上宮の始まりとされているそうですよ。
手水舎
イメージ 5

屋根が赤瓦で沖縄ならでは
イメージ 4

拝殿を守るのは狛犬ではなく、シーサー。
メスのシーサーは口を開いて福を招き入れて、オスのシーサーは口を閉じて災難から守ってくれます
イメージ 6
イメージ 7

拝殿は、赤い瓦屋根で鮮やかな朱色の琉球カラー。
イメージ 9

境内には灯篭とアダンの木でいかにも南国って感じ(≧∇≦)
イメージ 10

こんな神社は珍しくて訪問できて良かったー(*^-^*)
お参りをすませて、御朱印帳を買いました
日本最南端のご朱印帳とのこと。
イメージ 11

沖縄の伝統織物で紅型(びんがた)という伝統的な染色技法で作られていて、美しいデザインで人気があると聞いて、私も〜ヾ(≧∇≦*)
鮮やかな黄色が南国らしく、裏のデザインもステキな
イメージ 13

御朱印
イメージ 12

2019
年に新調した御朱印帳で、平成から新しい時代にかけて、寺社をいろいろ巡りたいと思います


ゆうなんぎい〜ボリューミーな絶品ソーキそばへつづく・・

沖縄3日目は、フリータイムかオプショナル南部観光3,500円(首里城(別途負担)、斎場御嶽、お弁当付)かを選べます。
自分たちのペースで首里城を見てランチをしたいなぁと思って、フリータイムを選びました

ゆいレールに乗る前に、ゆいレール&那覇バス(市内線)の1日乗車券「バスモノパス」(1000円)を購入。
このチケット、バスを上手く利用したのでかなり値打ちがありました

ゆいレールの首里城最寄り駅の首里駅で下車。
ここから首里城まで歩くと結構距離があるので、バスに乗って〜
「バスモノパス」は、沖縄バスや琉球バスには乗れないので注意

首里城は、2000年に「琉球王国の城及び関連遺産群」の一部として世界文化遺産に登録されました。
現在の首里城は1992年に復元されたものなので、正殿などの建物は世界遺産ではないんですよね
首里城正殿の漆塗り直しが完了したばかりで鮮やかな首里城を見ることができました
2月1日からは、御内原(おうちばら)など「奥」の世界が開園しています

守礼門
守礼とは礼節を守るという意味で、扁額の「守禮の邦」とは「琉球は礼節を重んずる国である」という意味だそうです。
イメージ 1

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)
歓会門の手前にある世界遺産☆彡
イメージ 2

歓会門(かんかいもん)
首里城の正門で、中国皇帝の使者(冊封使)など、訪れる人への歓迎の意を込めてこの名がつけられました。
門の両側には一対の魔よけの獅子像(シーサー)
イメージ 3

漏刻門(ろうこくもん)
櫓の中の水時計で時刻を計ったことで名付けられた門。
身分の高い役人も国王に敬意を表してここで籠を降りました。
イメージ 4

広福門(こうふくもん)
東側には戸籍の管理をする大与座(おおよざ)、西側には寺や神社を管理する寺社座がありました。
イメージ 5

奉神門(ほうしんもん)
「御庭」(うなー)へ続く最後の門。
3つの入り口があり、中央の門は国王や身分の高い人だけが通れる門でした。
この門を通ると正殿です。
イメージ 6

首里城正殿
1429年から約450年にわたり琉球国王の居城として、政治・経済・文化の中心でした。
お色直ししたばかりの首里城は、鮮やかに輝いていますねー
国王を表す龍や富の象徴とされる牡丹の花も綺麗
イメージ 7

靴を脱いで、正殿内へ。
特別展示室では、「御座楽〜献上された琉球楽器〜」と「琉球使節と楽童子」を開催していました(2019131日まで)。
イメージ 8

江戸時代、徳川将軍の代替わりや琉球国王の即位ごとに江戸に派遣された琉球使節。
その中でも15〜18歳位の少年たちで構成されたエリート集団“楽童子”は、琉球楽器を携えて様々な場面で御座楽や踊りを披露しました。
イメージ 9

容姿端麗じゃないとエリート集団に入れなかったみたい
今でいうジャニーズのアイドルのようなものですね
なかなか良い企画展でした

御差床(うさすか)
2階の御差床は国王の玉座として儀礼や祝宴などが行われました。
うわぁ〜とため息が出る美しさですね
イメージ 10

玉座の背後には3つの書が掲げられています。
歴代の中国皇帝自らが書いた書を扁額にしたもので、「中山世土(ちゅうざんせいど)」は、琉球は中山(ちゅうざん=琉球国王)が代々治める土地であるという意味で、康煕帝の筆、復元されたものになります。

北殿に、「朝拝御規式(正月儀式)」と「冊封儀式(国王の任命式)」のミニチュア模型がありました

正月儀式
イメージ 11

正殿の2階に国王がいるんですよー(≧∇≦)
武官たちは位の順に並んでいます。
冠は位階は表し、位の低い人たちの中には、居眠りをしている人も()
イメージ 12

朝一番に訪れるツアーが多く、到着したときにはかなり混雑していたけど、10時を過ぎると空いてきたので、10時を過ぎたぐらいに訪れるのがいいかも
華麗な琉球王朝を楽しみました


波上宮〜狛シーサーが守る琉球国一之宮へつづく・・

2泊目のホテルは、那覇市中心部にある「ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー」。
天皇陛下も泊まられたことがある伝統と格式があるホテルです
イメージ 1
イメージ 3

お部屋はスタンダードツインで、落ち着いた雰囲気ですね。
イメージ 2

こちらのホテルでは、ホテルオリジナルの快眠プログラム「スリープ・アドバンテージ」の無料アメニティが用意されています〜
イメージ 4

アイウォーマーに入浴剤、ホテルオリジナルブレンドお茶は2種類。
寝る前には低カフェインの「夜用ほうじ玄米茶」、朝にはさわやかな目覚めをサポートする「朝用抹茶入ミント緑茶」。
眠りの質にこだわったアメニティがうれしすぎるーヾ(≧∇≦*)
「朝用抹茶入ミント緑茶」は、さわやかなミントで朝スッキリでした

あと、選べる枕とアロマオイルもありました。
イメージ 5

アロマオイルは、「マンダリン」、「ラベンダー」、「シダーウッド」の3種類から選べて、木を感じさせる落ち着きのある「シダーウッド」で
イメージ 6

ぐっす〜り眠って心地よい目覚めで、ガーデンレストラン「プランタン」で朝食ビュッフェ。
6:00からオープンしているんですよ(≧∇≦)
ビジネスマンにとっては朝早くからオープンしているのはうれしいですね
イメージ 7

ヒラミレモン
シークヮーサーのことで、和名はヒラミレモン(平実檸檬)なんだって
イメージ 9

目の前で作ってくれるオムレツはハーブ入り
イメージ 10

沖縄の郷土料理がありました〜
朝から沖縄そばを食べれるなんてうれしいー()
うどん県の香川県のように、沖縄の人は朝からおそばを食べるのかな〜
イメージ 8

お腹いっぱいになって、首里城へ向かいます


首里城〜色鮮やかな琉球王国の居城へつづく・・。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事