ここから本文です
こねこCafe
ご訪問ありがとうございます♪

書庫全体表示

記事検索
検索
新神戸駅近くのフラワーロード沿いにある『カフェ・バールこうべっこ』でモーニングをしました
イメージ 1

店内はレトロな雰囲気で、懐かしいレコードがかかっています〜♫
イメージ 2
イメージ 3

7:00〜11:00はモーニングサービス
通常350円のハーフサンドが、ドリンク+150円で、トースト(小)100円が50円でいただけます
これはサンドでしょ〜
サンドは日替わりで、この日はチーズまたは玉子で、玉子にしました!
イメージ 4

ドリンクはこちら。
コーヒー350円+ハーフサンド150円=500円です
イメージ 5

玉子サンドには、アツアツの分厚い玉子焼き。
マヨネーズも使っていて、柔らかいパンとふっくらとした玉子焼きの組み合わせが絶妙!
イメージ 6

コーヒーもマイルドで美味しいですね
イメージ 7

フルーツの小皿も付いていました〜
イメージ 8

ほとんどが常連さんというような雰囲気だけど、初めてでも居心地良くて、このとき旅行のガイドブックを見ていたら声をかけられて、観光ならココがいいよー!なんてオススメスポットも教えていただきました

昔ながらの喫茶店なので、灰皿があって喫煙OKなのが気になるけど、また立ち寄りたいお店です

菜の花畑の後に、ちょっと足を延ばして『ながさわ 明石江井島酒館』へ。
イメージ 1

実は、ココに「バナナマンのせっかくグルメ!!」に登場したグルメがあって(
≧∇≦)
これをお目当てに訪れました(*^^)v
イメージ 2

江井島海岸にある『ながさわ 明石江井島酒館』は、さまざまな明石たこ料理が楽しめるお店で、地ビール工房「明石ブルワリー」も併設しています
イメージ 3

メニューは、定食やうどんなどの定番の他に、春のメニューや明石たこのお料理など〜。
イメージ 4
イメージ 5

お目当ては、明石のたこを丸ごと一匹天ぷらにした「びっくりたこドン定食」。
御味噌汁付(1480円)とミニうどん付(1660円)を選べます♫
明石たこは不漁で値上げになったみたいですね・・。

うわあぁぁーーー!スゴイ!!
イメージ 6

これはほんとビックリ(
≧∇≦)
イメージ 7

バナナマンの日村さんはかぶりついていましたが、はさみでカットして食べまーす(
)
イメージ 8

さすが明石たこ。
やわらか〜くて美味しい!
イメージ 9

わっ、この姿もたまらない(
≧∇≦)
イメージ 10

甘めの特製しょうゆだれでご飯がすすむくん♫
たこが豪快すぎて、たこだけでもうお腹いっぱいに
こんなに豪快なたこ丼はなかなかないんじゃないかなぁヾ(≧∇≦*)
一度食べてみたかった夢が叶いました


神戸総合運動公園の「コスモスの丘」へ菜の花を観に行ってきました
コスモスの丘という名前のとおり、秋はコスモスが咲き乱れる丘ですが、この時期は5万本の菜の花が出迎えてくれます〜
ちょうど満開に
(2019年3月23日撮影)
イメージ 1

黄色いビタミンカラーに元気をもらって(*^-^*)イメージ 2
イメージ 3

菜の花の向こうに地下鉄が走っています
イメージ 4


この後、近くのコメダ珈琲でモーニング
イメージ 5

選べるモーニングは3種類。
A定番ゆで玉子
B手作りたまごペースト
C名古屋名物おぐらあん
イメージ 6

AとBを迷って、Bの手作りたまごペーストしました
イメージ 7

久しぶりのコメダモーニングでした

神戸の春の風物詩、東洋ナッツ食品のアーモンドフェスティバルへ行ってきました
1986年より毎年3月に開催されているアーモンドのグルメとお花見が楽しめるアーモンドフェスティバル。
イメージ 2

今年は記念すべき第30回の節目の年
30回目を記念して、アーモンドの花とアーモンドが重なり合うマークが制作されました
イメージ 1

昨年は、阪神深江駅から始発のシャトルバスに乗車しましたが、到着するともうすでにブースは大行列
今年は、深江駅から30分歩こうかと思ったけど、車で行って近くの神戸市中央卸売市場東部市場に止めて、そこから歩きました

9:15に到着すると、すでに10時の開門を待つ人の行列が(≧∇≦)
みなさん早いですね(^-^;
15分早い9:45に開門でした(*^-^*)

会場でしか味わえない限定メニューが盛りだくさん!
昨年は30分並んで、もう少しというところでフライヤーが故障して食べれなかったアーモンドコロッケ(150円)の列へ。
祝30周年ということで、今年は贅沢に・さらにおいしく・生まれ変わったんだって
イメージ 3

じゃがいもに、アーモンドペーストとアーモンドスリーバードをたっぷり加えて練り込んでいます。
ちょっと甘い味付けだなぁと思ったら、アーモンドペーストだったんだァ
サクッと揚がっていて、アーモンドの食感が良くて私好みの美味しさ
イメージ 4

アツアツ揚げたてアーモンド(200円)は、お一人様5個限定の大人気商品
塩加減が絶妙で、揚げたてのアーモンドは美味しいですねー♫
イメージ 8

毎回行列ができるMCC食品の物販コーナー。
あまりの行列にここ数年は諦めていましたが、今年は早く入場できたのでまだ並んでいる人が少なかったので、こちらの商品をGETできました
ロシア風ボルシチは100円で、パスタソース、カレーは各200円。
どれも美味しそうでいただくのが楽しみ(=^^=)
イメージ 5

アーモンドオーレ(200円)は、今年は紙パックになって登場!
約10粒のアーモンドを使用した特製ナッツミックスペーストと生乳をたっぷり使用とのこと。
ホットで飲もうかアイスで飲もうか迷ってしまうなぁ()
袋はアーモンドの花をイメージしたピンク色にリニューアルされていました
イメージ 6

10:30頃になるとどんどん人が増えてきて、お花見もままならないほどにヾ(≧∇≦*)
イメージ 10

アーモンド(ノンパレル種)
アーモンドの花は桜に似ているけど
花弁が大きくて枝から直接咲くそうですよ。
イメージ 9

アーモンド(品種不明)
イメージ 11

すもも
イメージ 12

アーモンドの花は今が見頃
これから桜が咲き継いで、春本番が待ち遠しいですね(*^-^*)
イメージ 7

運び屋

クリント・イーストウッドが監督と主演を務める映画『運び屋』を観に行ってきました
イメージ 1

実話を基にした作品で、家族を顧みるととなく仕事一筋に生きてきた90歳のアール・ストーン(クリント・イーストウッド)が、ひょんなことから“伝説の運び屋”になった物語です。

アールを追う麻薬捜査官を演じているのは、「アメリカン・スナイパー」でタッグを組んだブラッドリー・クーパー。
イーストウッドはもちろん、クーパーの存在感も良かったー!
カフェでの語りにホロリ
アールの娘役には、イーストウッドの実の娘アリソン・イーストウッドが出演していました。

淡々と物語は進んでいきますが、重すぎることはなく、最後まで飽きることなく鑑賞できました。
全体的にうまくまとめていますね。

間違いだらけの人生だったけど、最後は罪滅ぼしできて家族との絆を取り戻せて救われたかな。
イーストウッドの人生を重ねたかのような作品で、これはイーストウッドにしか演じられない
88歳の現在、老いてもなお衰えないパワフルさに感服です
まだまだ次の作品も期待したいと思います

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事