ここから本文です
こねこCafe
ご訪問ありがとうございます♪

書庫グルメ(京都・滋賀・奈良・和歌山

記事検索
検索
大和郡山でのランチは、とんかつ店へ〜
 
大盛り!デカ盛り!で有名なとんかつ店『とんまさ』です。
イメージ 1
 
メニューはフライ系の定食から丼、カレーまであってこんなにたくさん!
イメージ 2
 
こちらの名物は、若鶏かつ定食()
 
チキンがタワーのように積まれて提供されるらしい(≧∇≦)
 
並でもかなり量が多いとのことですが、ここはやはりチキンタワーをこの目で見なければ・・(笑)
 
ということで、若鶏かつ定食()を注文しました。
 
わぉ〜本当にチキンのタワーです(≧∇≦)
イメージ 3
 
よくもまぁここまで器用に積んでますね(笑)
 
とても食べきれる量ではありませんが、ご安心を〜
お持ち帰りのパックをいただくことができますよ。
 
衣が分厚めだけど、脂っこくなくて軽い食感。
イメージ 4
 
チキンは柔らかくて、見た目だけじゃなくて味もなかなか
見た目だけのデカ盛りじゃないところもコチラのお店が人気の理由なんですね〜
 
タワーの中に山盛りのキャベツが隠れているので、倒さないようにキャベツを抜きながら・・
 
頑張ってここまで食べました(笑)
イメージ 5
 
残りはお持ち帰りにしてまた夕食にいただきました(*-*
 
とんかつも美味しそうだったので、次はふつうに〜といっても大盛りの量ですが、とんかつをいただいてみたいです〜

真田庵の隣にある『そば処 幸村庵』で昼食
イメージ 1

長野県上田市に生まれ育った幸村を偲んで、上田で修業した方が開いたお店。
なので、幸村庵なんですね〜
本格的なお蕎麦がいただけると人気のお店です
 
11時オープン前になるとどこからか人が集まってきて・・
30人もの人で溢れてました(≧∇≦)
 
お店の前に名前を書く紙が置いてあるので、先に名前を書いて観光して開店時間に戻ってくるのがオススメです
 
古民家を改装した風情ある店内は、まるでお屋敷のよう〜。
店内は広〜い座敷にテーブルがあって、奥に赤い甲冑があります(≧∇≦)
この前が特等席のようで、予約席となっていました(笑)
イメージ 2
 
メニューはそば単品から御膳まであります〜。
イメージ 3
 
幸村御膳は、蕎麦豆腐や柿の葉寿司、コーヒー、果物まで付く豪華なお膳。
 
サッと食べれる単品の「つけ鴨そば」にしましたが、幸村御膳が心残り・・。
イメージ 4
 
お茶と共にサービスされるそばチップを食べながら待ちます〜。
イメージ 5
 
お蕎麦は、長野県産の蕎麦粉を使った二八蕎麦。
もちっとした食感でなかなか美味しいですね〜!
イメージ 6

鴨汁は鴨肉がたくさん入っていて、濃くて甘め。
イメージ 7

ただ、温かい汁につけるとせっかくのお蕎麦のコシが弱くなってしまって・・。
冷たいおそばとつけ汁で天ぷらを頼むのがオススメかなぁ
 
九度山に居ながらに信州のおそばをいただけるのはうれしいですね
 
 
九度山は「富有柿」の産地としても有名だそうで、柿の葉寿司の美味しいお店があると知って帰りに立ち寄ると、すでに完売でした
イメージ 8
 
 
真田丸〜難攻不落の出城跡へつづく・・。
 
哲学の道で桜を愛でた後、江戸時代創業の山中油店が営むカフェ『綾綺殿』でランチ
 
コチラは、築100年の京都の町家を改修したお店。
イメージ 1
 
店内はレトロな雰囲気です〜
イメージ 2
 
お店の名前の綾綺殿は、平安宮の舞いや宴が行なわれていた「綾綺殿」がまさにココにあったコトから名づけられています。
 
雅な歴史を感じられる場所なんですね〜
 
カフェメニューもありますが、良質な油を使ったお食事メニューが人気ということで、四万十ポークのとんかつ定食をいただきました。
イメージ 3
 
この日の揚げ油は、あっさりなたね油。
イメージ 5
 
定食は、ご飯・味噌汁、小鉢、漬物付。
イメージ 6
 
サラダにはオリジナルスパイスとオリーブオイル(オレンジ・レモン)をかけていただきます。
イメージ 7
 
オリーブオイルは身体にいいのでたっぷりかけて〜(笑)
 
油店ならではの食べ方ですね
 
なたね油で揚げたとんかつはカラっと揚がっていてサクッサク
イメージ 8

良い油を使っていることもあって、もたれることなく最後まで変わらないサクサクの美味しさでした
 
食べ終わった後、近くにある山中油店へ。
イメージ 4
 
歴史ある佇まいに恐れ多くて遠目に眺めるだけで帰りました〜(^-^;
 
長浜の旅の昼食は、鴨すき鍋です〜
今回の旅の1番の目的
 
昼食の前に、長浜城がある豊公園を散策しました
 
長浜城は1574年、秀吉が38歳のときに初めて建てた城。
別名、出世城ともいわれています。
イメージ 1

まわりには桜の木がたくさん
桜の時期はキレイだろうなぁ!
イメージ 3

梅薫る長浜城のショット
イメージ 2
 
この日は穏やかな天気で、琵琶湖の湖畔で鴨を眺めながらボーっと・・
イメージ 4

こんなに鴨がたくさんいました
イメージ 5
 
豊公園内にある『国民宿舎 豊公荘』で昼食です。
イメージ 6
 
旅番組「おとな旅あるき旅」で紹介されていて、リーズナブルに鴨料理がいただける〜ということで、予約しました。
 
ちなみに、滋賀県のびわ湖放送ではまだ放映されていないそうです・・
放映されていたら人気で予約とれなかったカモ
 
鴨すき鍋コースは5,400円。
他のお店だと8,000円ぐらいが相場なのでリーズナブルですね!
 
食堂ではなくて、お部屋でいただきます〜。
イメージ 7
 
これはイイ眺め〜
まったりできます〜〜
春に訪れて桜を見ながら近江牛〜なんてのも良さそう
イメージ 8
 
先付
滋賀県の名産、赤こんにゃくがありました!
唐辛子の赤さではないので辛くはなく、鉄分で染められているそう。
弾力があって、こんにゃくというよりお肉のような食感でした。
イメージ 9

刺身
とっても新鮮!!
コリコリしていて美味しい〜
イメージ 10
 
鴨すき鍋
うわぁ〜お待ちかねの天然の真鴨ちゃん
イメージ 11
 
ロースだけじゃなくて、肝、なんこつ、モモ肉もあって
こんな部位を味わえるのも本場でいただく醍醐味ですね〜
 
ひょっとして、さっき琵琶湖湖畔で見た鴨??
 
ではありませんでした(笑)
琵琶湖では獲ってはダメだそうですよ。
 
葱をたくさん入れて・・
鴨はやわらかくて臭みもなくてとっても美味しくて
イメージ 12
 
すき焼き風に卵をつけていただくのもオススメです〜
イメージ 13

今年は鴨が少なくて、各店で争奪戦になっているそう・・。
無事いただけてよかった

〆はうどんで〜。
 
と思ったら、ごはんと赤だしもあって、さすがに食べれなくて辞退

デザート
メロンとパインが甘くてババロアのようなムースもすっごく美味しい!
イメージ 14

国民宿舎なので正直お料理は鴨以外は期待していなかったけど、どれも美味しすぎて大満足でした

そして、帰りは黒壁スクエアへ観光に行くと伝えると、車で送ってくれて
思いがけないサービスがうれしくて、サービスも満点でした
 
来年は両親も誘って・・

リピ決定です
 
 
レトロな街並み〜長浜ぶらり散策♪へつづく・・。
 

梅の花を堪能した帰り、この日は京都マラソンでバスが迂回ルートでの運行だったため、激しい渋滞に巻き込まれて・・

 
梅田でランチと思っていましたが、このままだとランチ難民になりそうだったので、烏丸御池で降りて歩いて四条烏丸へ向かうことに
 
その途中、京町屋のハワイアンカフェ『Fukumimi』でランチをしました
イメージ 1
 
パンケーキが人気のお店
 
ランチメニューは、土日祝限定メニューやパンケーキ、サンドウィチランチなどがあります〜。
イメージ 2
 
パンケーキはこの日は白みそのソース。
 
白みそは京都らしいけど、苦手で・・(≧∇≦)
ちなみに我が家のお雑煮はおすまし風です
 
ロミロミサーモンに惹かれて・・
土日祝限定メニューにしました
ロミロミって
 
店内はハワイアン風だけど、座席詰め詰め状態でほぼ満席。
大きなテーブルで相席になりましたが、となりの人との間隔がせまくて落ち着かない
 
ほぼ女子、カップルがちらほらという感じです。
女子でおしゃべりするには雰囲気も良くてゆっくりできそう〜。
 
30分近く待ってやっと出てきました
 
スープはコーンスープ。
ごぼうご飯はちょっと柔らかめかな。
イメージ 3 イメージ 4
 
春らしい色合いのプレートランチ。
イメージ 5
 
サーモン美味しい〜!!
イメージ 6

ブロッコリーとチーズ入りスコーン。
なぜにスコーン!?
でも美味しかったからまぁいいっかー
イメージ 7
 
ふつうに美味しかったので、コチラのお店はパンケーキなどのデザート系のほうがいいのかも。
 
ちょっと期待しすぎたかな
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事