ここから本文です
こねこCafe
ご訪問ありがとうございます♪

書庫グルメ(京都・滋賀・奈良・和歌山

記事検索
検索
111日から30日まで、「KOBE パンのまち散歩」が開催されています〜
イメージ 5
 
期間限定イベントで、ベーカリーマルシェ(大丸神戸店:114日〜10日)が開催されて、『ブルージュ洛北』のパンを買ってみました
イメージ 1
 
『ブルージュ洛北』は、京都の洛北地域を拠点に活動する移動ワゴンのスウィーツとパンのお店。
 
売り上げNo1の洛北フレンチトーストを食べてみたくて
イメージ 2
 
オーブントースターで2分焼くのがオススメ〜と書いてあったので、焼き直していただきました。
イメージ 3
 
フレンチトースト専用のフランスパンを使用していて、外はカリっ、中はしっとりしています
 
ふわふわのフレンチトーストではなく、しっかりと噛みしめるほどにバターと卵、そして生地の旨さがあふれ出します〜
 
一度食べたらやみつきになる絶品のフレンチトーストです
 
こちらは、洛北マフィン(クランベリー)。
イメージ 4
 
生地はしっとりなめらかで、やや甘みがあるかな。
この生地とドライクランベリーの酸味の相性が良くて美味しくて
 
食パンは、ふつうだったかな(^-^;
 
催事で見かけたらまたリピしたいです!!!
 
加太駅から淡嶋神社へ向かいます


加太は、古事記や日本書紀で神話の舞台として登場する歴史のある港町。
景勝地でもあり、紀淡海峡の美しい夕日は格別だそう〜

のんびり釣りをする人たちも〜。
イメージ 8


加太港では、友ヶ島へ向かう船を待つ人たちの行列ができていました(≧∇≦)


島内には第2次世界大戦まで使用された6ヶ所の砲台跡があって、雰囲気が「天空の城 ラピュタ」の天空の城に似ていることから“ラピュタの島”と呼ばれているそう〜

今回は時間の関係でパスでしたが、いつか行ってみたいなぁ(*^▽^*)


駅から歩くこと15分、淡嶋神社へ到着。

イメージ 2
 
参道の脇にお店が並んでいます。
イメージ 1


その一軒『満幸商店』で朝ごはんです〜(笑)
イメージ 3


コチラのお店は、新鮮な魚を和風・洋風ともに多くのレパートリーでいただけるお店。


加太は漁港が近いので、いつでも新鮮な魚をいただけるんですね〜


9時で一番のりでしたが、どんどん人がやってきて、10時半からは予約でいっぱいとおっしゃってました(≧∇≦)
イメージ 4


気さくな女将さんがメニューの説明を。
メニューありすぎて・・
イメージ 5

イメージ 6

少しずついろんな料理がいただけるおまかせコースがおすすすめとのことですが、朝ごはんなので、しらす丼ミニサイズとうにトーストにしました〜。
イメージ 7


しらす丼を目当てに訪れるお客さんも多いそうですよ!
これからの季節は、わさびスープ小鍋などの鍋料理も美味しそう〜♪


しらす丼はふつうに美味しいかな(^-^;
ミニサイズだけど、ふつうサイズだとしらすとご飯がてんこ盛りとのこと(≧∇≦)
イメージ 9


うにトースト、うに大好きなのでこれは美味しい〜

イメージ 10


小腹もふくれて、淡嶋神社へお詣りに行きます〜

近江ちゃんぽん

雨がパラパラ降ってきたので慌てて彦根駅に戻り、ランチは近江ちゃんぽんをいただきました
 
長崎ちゃんぽんは有名だけど、近江ちゃんぽん!?
長崎と同じような味なのかな?
と興味津々で訪れたのは、JR彦根駅前の『ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店』。
イメージ 1

ちょうどお昼時でほぼ満席。
運よく座ることができました。

近江牛焼肉丼も気になる〜
イメージ 2

でもやはり近江ちゃんぽんですよね
『近江ちゃんぽん野菜並盛り』を注文。
イメージ 3

野菜はちょうどいい量かな〜
イメージ 4

そして、黄金色の透き通ったスープ
イメージ 5

魚節や昆布などのだしがベースのあっさり味で、野菜のうまみが出ています

麺は自家製でコシが強い感じ。
でも麺の量が多くて・・。

メニューをよく見ると、麺の少量や野菜の小盛も選べるようでした(≧∇≦)
チェーン店なので、お店によって味が違ったりするのかな。

たっぷり野菜で元気がでました〜(*^o^*)

築200年以上経つ民家を改装されたお店『めんめんたなか』へ。
イメージ 1
 
ネーミングがかわいい〜〜
 
コチラは、関西ローカルの旅番組「おとな旅あるき旅」で紹介されていて、チェックしていたお店
 
三田村邦彦さんのサインがありました。
イメージ 2
 
きよし師匠のサインも
イメージ 3
 
靴を脱いで店内へ。
イメージ 4
 
おぉ〜広い!
昔なつかしい田舎の家の落ち着いた雰囲気です
 
お昼12時過ぎでしたが、貸し切りです(≧∇≦)
 
障子の向こうでは、「コ〜ン!」と鹿おどしの音が聞こえて、風情ある中でのお食事です
 
メニューは、手打ちのうどんやそば、定食があります。
 
本日の定食、うなぎの櫃ぶし定食にしました。
イメージ 5

イメージ 7
 
箸置きが素敵〜
イメージ 6
 
うどんは細麺だけどコシがあって美味しい〜!
 
櫃ぶしはうなぎもご飯の量も少なめ。
男性にはちょっと物足りないかも。
 
これで1,000円は少し高いかな。
まぁ鰻だから仕方ないか・・
 
ごちそうさまでした
イメージ 8

舞鶴といえば・・
 
海軍ゆかりのカレーが有名
海軍では曜日を忘れないよう、金曜日にカレーを食べていたそうです。
今も海上自衛隊では金曜日はカレーの日です。
 
そして、肉じゃが発祥の地でもあるんですよ!
(広島県呉市も名乗りを上げているそうです・・)
 
舞鶴海軍鎮守府の初代司令長官、東郷平八郎が青年時代に留学していたイギリスで食べたビーフシチューの味が忘れられず、部下に命じて艦上食として作らせたのが、肉じゃがの始まりと言われています。
 
赤レンガ倉庫の中にあるカフェで、海軍カレーと肉じゃが丼をいただける店があるんですが、ちょうどお昼時で満席
 
時間がないので、赤レンガ倉庫のお土産店で販売していた肉じゃがパンと舞鶴海軍サイダーでランチ
イメージ 1
 
肉じゃがパン、これなかなかイケる〜〜
イメージ 2

パンで挟むのもアリですね!!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事