全体表示

[ リスト ]

 わたしには朝のチャンネル権が無い。家族からは別に変えてもいいよ、といわれるが、どうもそんな空気ではない。まあ・・・起きる時間が一番遅いため、いや、起きるのは遅くないのだが、今もこうやってしているようにPCを立ち上げて、何をかしていると、食卓に着くのが一番遅くなる。ゆえに、チャンネルを変えられない・・・弱っ・・・w・・・で、いやいやながら、日本TV系列の番組を見ている・・・大体、日テレといえば、ヤラセに、視聴率買収に、局アナの不祥事隠しに・・・と、ニュースを伝えるより、ニュースになるほうが多いぐらいのTV※1。

 で、昨日のズームインでもとんでもない事を言っている奴がいた。

 というか、毎日のようにとんでもない事を言っている奴、なのだが。




 話は、日経新聞に掲載された「子猫殺し」について。


Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 坂東眞砂子さん「子猫殺し」コラム、掲載紙に抗議殺到
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060824-00000406-yom-soci

 直木賞作家の坂東眞砂子さん(48)が、日本経済新聞の18日夕刊に「私は子猫を殺している」と告白するコラムを掲載したところ、インターネット上などで批判の声が上がり、日経新聞や動物愛護団体に抗議が相次いでいることがわかった。



 さて、今さらの感もあるこのニュース、だが、このこと自体は、いろいろな人が抗議しているので、そして、その多くとわたしは同意見なので、それはおいておく。



 で、昨日のズームインスーパーの話。

(以下、拙い記憶をたどって書きますので、「てにをは」等の違いはご容赦のほどを)

 メインのアナウンサーが、「誤解を恐れずに聞きますが、こういうことを書くこと自体問題ですか?それとも新聞に掲載することが問題ですか?」と、横の男性に聞きました。

 (このこと(聞いたこと、そしてその内容は)は問題ないと思う。視聴者の中でこういう内容を聞きたい人もいると思うし、若干スタンスが違う人もいるだろうし。)




 が、その横のおっさん、読売テレビ放送(株)報道局局次長・解説委員で、芦屋大学客員教授(放送教育メディア論)が、間髪いれずに、こう言ってのけた。



「わたしはいいと思いますよ」(その後、感情的にはどうかとおもう、としながらも)




・・・



・・・



い い わ け な い だ ろ う が ! !


・・・

・・・

はあ。



 まず、間違っているのが、これがエッセー(随筆)である、という点。随筆とは、


自己の見聞・体験・感想などを、筆に任せて自由な形式で書いた文章。随想。エッセー。

で、あり、あくまでも、事実であるという点。まあ、ただ、本人や関係者がこれから先、「アレは作り話だ」とか、言うかもしれないが、今のところはそういう話は出ていないし、そうならそうで、なぜそのことを初めに言わないか?という話になる。

(どうでもいい話だが、そんなこと確か、「日テレ」でもあったね・・・どう考えても『悪質な窃盗行為』をTVで告白しといて、アレは作り話だと・・・)

 作り話だったらいいのか?と言うかもしれないが、作り話で犯罪行為を書いてまずいなら、小説とかドラマとかが存在しえなくなる。ただ、その場合、たとえば、TVなら、「この話はフィクションで・・・」等の注意書きを付けるべきで、今回の話に関しても、作り話なら作り話とあらかじめ言うべき。また、事実であって、書き手の意思を尊重する場合でも何をか、注釈を入れるのが普通。例えば報道禁止用語の類が出る場合、時代背景など、作品性を損なわないために、そのまま使用する場合、その旨を明記するのが普通。今回の行為について、実はわたしは当該記事そのものを見てはいないが、欄外などに内容に対する注釈の類の有無に関してどこも取り上げていない。から、多分なかったのだろう(曖昧。あったらおしえてください)まあ、あったからどうだと言う部分もあるが。





 そして、もう一つ間違っているのは、この行為を正当化する内容の話だ、という点。犯罪行為の内容を新聞に書くことは普通にある、というか、犯罪等を社会に対して広く伝えるために新聞は存在する。もちろん、それは、『犯罪行為等を正当化するためではなく、犯罪行為などを糾弾する為』に存在している。
 いいのか?犯罪行為を正当化する内容のコラムを新聞に掲載して?

 じゃあ、あれだ。

オウム真理教の麻原彰晃が、「ポア(殺人)することはカルマ落とし(救済行為)になる」と言った内容を、何の寸評もなしに、掲載するとか、ユナボマーが、(まあ、脅迫して行った行為だが)自らの独善的な論文を新聞に掲載する行為なども問題はないと、読売テレビ放送(株)報道局局次長・解説委員で、芦屋大学客員教授(放送教育メディア論)の辛坊治郎さんは考えてるわけだ


・・・話が、大きすぎる、と言う人もいるかもしれないが、「犯罪は犯罪」。日本だろうがフランスだろうが、猫を、動物を、虐待してよいわけはなく、それを何のチェックもせずに新聞TVで、伝えることに、間髪いれずに、「いいと思う(その後、感情的には同意できないとしながらも)」とコメントする行為は、どう考えても間違っていると思うが?





 話は最後に少しずれる。



 今回のコメントもそうだが、この、辛坊治郎というおっさんは、いや、マスメディアの多くが、そうなのだが、自己(報道業界全体)保身のコメントが多すぎないか?今回の「子猫殺し」について、何のフォローもできないし、する必要も無いと思う。ただ、『自分達』の「言論の自由」だの「報道の自由」等を守るため、以外は。
 まえに、某国会議員の子供の婚姻に関する内容を週刊誌が取り上げ、出版差し止めの仮処分申請が行われたことがあった。これにたいして、たしか、筑紫哲也は「週刊誌の内容はどうかと思う」としながら、裁判所の決定は「牛刀を持って鳥を捌く行為」だといった。このような、コメントはその問題の週刊誌に掲載された、そして異口同音のコメントが他にも多く載っていた。正直、他のコメントはあまり覚えていない。一つ二つ見た時点で吐き気を感じたからそこで、読むのを止めた、自分達に都合のいいコメントをする著名人を集めて特集を組む、そうまでして、生き残りたいという浅ましさを感じたから。なぜ?内容に問題のあるものに対して、報道の業界は一致団結して、反対するのだろう?

 この、「子猫殺し」のコラムに対して、今後どのような、法的な対応がなされるかはわからないが、それにたして、報道各位がどうコメントするかは、よく見る必要があると思う。 





※1ここで、鈴木宗男だったら、「ニュースを伝えるより、ニュースになるほうが多いぐらいのTVなんてあるわけないでしょうが!!」と言うかもしれないがw、あくまでも『比喩』表現なんで・・・って説明しなくてもわかるかw・・・いや・・・ふと、思い出したんで・・・あのとき(道路公団改革のとき)、「くまが〜・・・」の国会発言に対して、だれも(新聞TV等では)ただの比喩表現に噛み付くなんて!?・・・っていうスタンスのコメントが無かったような・・・

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

はじめまして。 この記事を読んで,ちょっとびっくり。私は辛坊さんを評価している人間なものでね。ズームインはいつもチャンネルを合わせているけど,この部分は見ていなかった…

2006/8/27(日) 午後 1:41 [ kab*h*no ] 返信する

顔アイコン

いかにもいいそうな言い方でもあるし,こういう話題でそういう割り切り方するかな?という気もするし。あまり読み込まないで,おおまかな話だけで「個人が言いたいことを書いてるだけだし載せるのも自由じゃない?」と言うような人じゃないと思ってるんで…皮肉を込めた言い方だったかもしれないし,本気で言論の自由最優先で言っている発言かもしれないし…その場面,動画で見てみたいですね。

2006/8/27(日) 午後 1:41 [ kab*h*no ] 返信する

顔アイコン

kabuhinoさんへ。普段の放送を見る限り、基本的には辛坊治郎というひとは、いい人なんだ、と思っています。が、事件事故を解説する際、時に、熱くなりすぎて、踏み出してはいけないところまで、踏み出したりすることが往々にしてある人だな、とも思っています。・・・まあ・・・今回は、また、それとも違うんですがw

2006/8/27(日) 午後 4:18 kon*g*fox 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事