好きです!大家業!101

自治会長と行政書士&生活応援大家!

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全205ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

みなさん、おはようございます!

マイナーな北東北で地道に不動産投資をしている

兼業大家のチロで〜す。

このブログも今日で610回を数えました。

一通り、伝えたいことはUPしました。

要約すると、「不動産投資」は

① 中年すぎてもできる。

② 「自営業」でもできる。

③ 「自己資金」がなくてもできる。

④ 「地方」でもできる。

の4点です。

これから、「不動産投資」を始める方の参考に

なればうれしい限りです。

今後は、ゆっくり


ブログをUPしていきたいと思います。





開く コメント(0)

みなさん、おはようございます!

兼業大家のチロで〜す。

今朝、「なつ」(我が家のゴールデンリトリバーオス3才)

に餌をやろうと

外に出て見ると

何と「雪」が積もってました。

みなさん、4月ですよ〜

いやあ,参りましたねえ。

果たして

桜は咲くんでしょうか?

開く コメント(0)

みなさん、おはようございます!

兼業大家のチロで〜す。

お札のデザインが変わるようです。

私にとっての

1万円札は「聖徳太子」。

いまの1万円札より大きく

「おう〜1万円札」

という感じがしました。

今の1万円札は

何故か、有難味がないですねえ。

みなさんはどうですか?

開く コメント(0)

みなさん、おはようございます!

兼業大家のチロで〜す。

私は、

平成14年から

行政書士をやってます。

「行政書士って何する人?」が

一般的な考えではないでしょうか。

ひと言でいえば、

「生活に関するあらゆることに関係している。」

一説には

扱う書類作成の数は3千種類とも言われています。

私は

そのうち

「建設業の許可」をメインにやつてます。

リピート性があり、

客単価も高いからです。

ひとそれぞれで、

「車庫証明」専門の人もいれば

「産業廃棄物収集運搬」を専門にやっている人もいます。

今だと

「外人の在留」関係が旬かもしれません。

いずれにしろ、

いろんな分野ができるのが魅力です。

開業資金も少なくて済みます。

実務経験なしでもOK。

私の場合は、実務を通じて

実務を学びました。

「行政書士なんてゴミみたいな資格」と

いう人もいますが

「お宝資格だよ。」と

いう人もいます。

どちらにするかはあなた次第。

開く コメント(0)

みなさん、おはようございます!

兼業大家のチロで〜す。

今、行政書士をしていますが

その前は

新聞販売店に勤めていました。

俗に言う3Kの職場の代表格ですが、

中でも

大変だったのが、

新聞の集金。

80%まではいくんですが、

残りの20%が中々

集金できない。

中には

「居留守」を使う人もいます。

集金する金額は

千円〜4千円の間。

たいした金額ではありません。

何回も行って、ようやく会えたと思ったら

「ずっと待ってたのに来なかったじゃん。何やってんの?」と

平気で1万円札を出します。

そういう時に限って

千円札が足りない。

「すいません、ちょっとお釣りがないので・・・
3千円からだとあるんですが・・・」

「いやあ、これしかないんだよね。またあとで来てくれる?」

と、結局、集金できないことが何度もありました。

しかも、夜の8時過ぎとかにわざわざ行ってですよ。

これではいけないと、

新聞販売店の所長に

「不在連絡票」を作ってもらいました。

訪問日時を記入して、

ドアの差込口に入れ、訪問の証拠として置いてきました。

すると

「待ってたのにこなあったね」のクレームはなくなりました。

次に、

訪問時間を「夜」から「朝」に変えました。

で、「万札」を出す癖のある読者の前には、コンビニで「缶コーヒー」などを

買い、釣銭をきちっと用意しておきました。

3か月後には、

翌月の5日までに「100%」(完納)を達成することができました。

「夜討ち朝駆け」と言いますが、

新聞の集金はまさにそれ。

月末の「土日祝日」はほぼその仕事で終わりました。

それだけ苦労してやった仕事の報酬(集金手当)は

わずか1万〜2万の間でした。

今では、「振替」のお客さんが半分はいると思いますが、

それは、直にお客に接することが無くなるので

結果、「読者」の減少に拍車がかかっているようです。

私は、

今でも1番向いている仕事は

新聞の仕事だと思ってますが

能力もあり、実力もあつたのに

「縁」がなく今日に至っています。

ただ、2人の息子を男手一つで、新聞の仕事をしながら

育て上げたのは、

数少ない自慢の一つです。

開く コメント(0)

全205ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事