ここから本文です

書庫トップの記事です

すべて表示

イメージ 1

 各地で大雪となりました。








イメージ 2

 金剛山の登山口も雪につつまれていました。







イメージ 3

 雪の谷に入るので、アイゼンを装着しました。







イメージ 4

 倒木の陰に、ミソサザイがいました。





イメージ 5

 鳥の鳴き真似をすると、姿を見せて、鳴き声をきかせてくれました。

 谷間に響く、美しい鳴き声です。








イメージ 6

ツツジオ谷の二の滝。





イメージ 7

完全に凍結していました。







イメージ 8

そのまま山頂まで、ツツジオ谷の源流を登りつめました。

枝についた雪が落ちてきて、雪まみれです。







イメージ 9

時折、ヤマガラや、





イメージ 10

コガラが姿を見せてくれます。








イメージ 11

あえぎつつ、山頂に到着。マイナス6度。30cmの積雪です。







イメージ 12

山頂の転法輪寺も雪につつまれていました。








イメージ 13



雪をかき分けて、餌をさがす カヤクグリ。








イメージ 14

山頂売店でしばし休憩。冷え切った身体にはおでんが最高。。








イメージ 15

晴れ間も見えてきました。







イメージ 16








イメージ 17

下りは、千早本道で、たくさんの人が登ってきました。







書庫その他の最新記事

すべて表示

  • クロツグミ(黒鶫) ツグミ科

    2017/4/9(日) 午後 5:14

    クロツグミ (夏鳥)  林の中を、ピョンピョンはねるように、ミミズや昆虫などの餌を探します。  中国南部で越冬し、繁殖のために日本に渡ってきます。  渡りの途中で、大阪の都市公園で、まれに観察できます。 ...すべて表示すべて表示

  • タゲリ チドリ科

    2017/3/18(土) 午後 9:09

    タゲリ (冬鳥)  ピンと伸びた2本の冠羽。背中は虹色の輝きをしています。  妖艶な野鳥ですが、大阪では見る機会がほとんどなくなっています。  「ミュウー」と、猫のような鳴き声をします。    ...すべて表示すべて表示

  • ヒクイナ(緋水鶏) クイナ科

    2017/2/28(火) 午前 5:21

    ヒクイナ (夏鳥)  河川や水田などの湿地で、昆虫やカエルや種子を食べています。  「ポン ポン ポン」や「キョッキョッキョッ」という独特の鳴き声で、  小学校唱歌の「夏は来ぬ」に歌われたクイナは、このヒクイナ ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事