ここから本文です

書庫トップの記事です

すべて表示

イメージ 1

 世界遺産登録された古市古墳群。

 今日は、近鉄土師ノ里駅から、藤井寺駅まで歩きました。







イメージ 2

 近鉄南大阪線、土師ノ里(はじのさと)駅です。







イメージ 3

 駅の北側に 允恭天皇陵古墳、230mの前方子後円墳です。



イメージ 4

 






改札口のむかいには、方墳の鍋塚古墳があります。

イメージ 5




 登れる古墳です。

イメージ 6






 土師ノ里駅の「土師」とは、古墳造営を主導した古代氏族です。

 大陸、朝鮮半島から、土木技術や学問を伝えました。


イメージ 7

 
 ここで、埴輪もつくられていました。

 武器や工作用の鉄器なども多数出土しています。


イメージ 8








イメージ 9



   墳丘の長さ290mの 仲姫命陵古墳 です。



イメージ 10





イメージ 11

    宮内庁から陵墓に治定されていますので、立入禁止です。






イメージ 12

 墳丘150mの前方後円墳、古室山古墳です。



イメージ 13

 古室山古墳の上から、大阪湾の方向を眺めました。今はビルが林立しているんで、

 海は見えませんが、1600年前、古市古墳群の巨大古墳は海から見えていました。





イメージ 14

 50mの円墳、誉田丸山古墳です。

 ここから、国宝、金銅透彫鞍金具が出土しています。


イメージ 15


 海を越えて渡ってきたものです。





イメージ 16

 古市古墳群で最大。仁徳陵古墳に次ぐ2番目の大きさの、応神天皇陵古墳です。



イメージ 17


 墳丘の長さ425mの前方後円墳です。






イメージ 18

 ここには、宮内庁の陵墓監区事務所があり、御陵印がいただけます。





イメージ 19










イメージ 20

 船の形をした、アイセル シュラ ホール 




イメージ 21


岡古墳から出土した舟形埴輪をモチーフとなっています。



イメージ 22

 中には、古市古墳群の映像での紹介。出土した現物が展示されています。




イメージ 23

 津堂城山古墳出土の水鳥形埴輪。




イメージ 24

 大量の鉄器が出土した、西墓山古墳の埋蔵物の現物です。




イメージ 25

 堀に水をたたえた、墳丘の長さ245mの仲哀天皇陵古墳です。

 堀のむこうに、二上山が見えています。




イメージ 26

        藤井寺市に到着して、


イメージ 27

 古墳ういろを購入しました。





 
イメージ 28

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • ハイタカ(鷂) タカ科

    2018/11/9(金) 午後 0:59

    ハイタカ 留鳥  鳩ぐらいの大きさの、タカ。   「疾き鷹」が語源で、低空飛行で小鳥を襲うハンターです。  2018-11-8 撮影場所:大阪市

  • ツツドリ(筒鳥) カッコウ科

    2018/10/17(水) 午前 0:38

    ツツドリは、夏鳥です。 夏に日本の山地で繁殖をし、南の国へ渡る前に都市公園に姿を現します。 カッコウの仲間で他の小鳥の巣に托卵をします。 山では時々「ポッポ、ポッポ」という鳴き声を聞いたり、遠くを飛ぶ姿を見 ...すべて表示すべて表示

  • ノゴマ(野駒) ツグミ科

    2018/10/15(月) 午前 6:15

    ノゴマ は、旅鳥。 シベリアから北海道で繁殖し、東南アジアで越冬します。 春と秋のごく一時期しか姿を見せない珍しい鳥さんです。 喉元のオレンジが美しい ノゴマ(野駒)のオスです。  ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事