モコモコ雲を探しに♪

ヤフーブログがなくなるなんて?

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

        「きみの友だち」

               重松清・著    新潮社
    
   涙にぬれたティッシュ ■■■■■  感動・感激度数 ♡♡♡

重松さんは、人気ですよね?

それは、きっと多くの彼の作品(注・例外もあります!例外については後々・・・)の登場人物達がどこにでもいそうな普通の人で、その人たちの心の内が、読み手の心の中のどこかにリンクしているからではないでしょうか?

この本の登場人物達も、どこの学校のどのクラスにもいそうな子達ばかりです。
そういう人間にスポットを当てるのが重松さんは、非常にうまく、いつも感心してしまいます。

どうしてこんなに鮮やかに、思春期の子、特に女の子の胸の内や、人間関係を描く事が出来るのでしょう?
(私生活で奥様が教員だったり、お嬢様がお2人いらっしゃるからでしょうか・・・?)

女の子達は、学校で一人っきりになる事を非常に恐れます。
トイレにも連れ立って行き、仲間から浮かないために大変神経を使い、時には自分を殺す事も・・・。
自分がされて嫌な事が、相手にもダメージを与える事を知っている。

男の子達も、部活での先輩後輩の関係等の悩み。
実力があり、目立ち過ぎると、妬みや嫉妬を受け、暴行を受けたり・・・。

そして、両者共通の一番の興味でもある恋愛の悩み。
恋人と親友を天秤にかける事は出来るのか・・・?

「わたしは『みんな』って嫌いだから。『みんな』が『みんな』でいるうちは、友だちじゃない、絶対に」

「西村さん、友だち、たくさん欲しい人でしょう」

「わたしは違う」

「いなくなっても一生忘れない友だちが、一人いればいい」

「一生忘れたくないから、たくさん思い出、欲しい。
 だから、『みんな』に付き合っている暇なんてない」

    

この本の中で、私には一番印象的な言葉でした。

どの登場人物にも、重松さんの「愛」を感じます。
その子がどんなに情けなくって、『ウザイ』奴でも・・・。

学校という狭い世界の中ではじかれ、一人にされるのは辛い事です。
でも、大勢でいるのに、一人も心を許せる相手がいない事は、もっと寂しいことだと思います。

はじかれ、一人になって見えて来る他人の心、真の友人。

空を見上げ、雲を見ていると飽きません。
私は、水にプカプカ浮かびながら(背浮き)、見上げる空が特に好きです。
耳の中に水が入りこみ、水の中の音が聞こえる・・・。

自分だけのもこもこ雲・・・誰もが見つける事ができたらいいですね・・・。

私も、そんなももこもこ雲を見つけたくって、ブログタイトルにさせて頂きました。

見つけられたらいいなぁ・・・もこもこ雲・・・。



閉じる コメント(33)

solitude7solitude さん、はじめまして。コメ、ありがとうございます。
本書は、私にとって、大切な本の一冊です(*^_^*)

2008/3/29(土) 午前 9:10 金平糖 返信する

ゲスブにも思わず書いてしまいましたが、ずっと金平糖さんのことを思い出してましたよ^^私も西村さんとの会話が一番印象的でした。どうしても“みんなが”と言ってしまう中学時代、これだけキッパリと言い切れてしまう強さが羨ましかったです。TBさせていただきますね。

2008/5/27(火) 午後 11:14 紅子 返信する

紅子さん。語り手がラスト明かされるシーンも感動的ですよね。短編が長編として構成されているこういう作品は大好きです。重松さんは、こういう手法がほんとにお上手だと、いつも感心させられます。
思い出してくれて、ありがとう(≧m≦*)

2008/5/28(水) 午前 9:40 金平糖 返信する

さっき読み終わった。。。最後こういうつながりになるなんて思わなかったから(きみを語る人が本当に出てくるとは思わなかった)小学生のころはわたしもそうだったなぁ・・・。重松さんてば、まったくうまいなぁ・・・。なんて淡々と泣かずに読んでいたのだけど、時がいきつ戻りつするうちに冷静ではいられなくなった〜〜。誰でも「みんな」主人公になれるんだね。これからまだ「青い鳥」が待っているかと思うと幸せです(^.^)

2008/6/8(日) 午後 5:45 たまごアイス 返信する

たまちゃん。最初捻くれた女の子が主人公で気分悪かったでしょ?ところが…。章によって変わるどこにでもいるちょっと情けない子達…。その子達の心を代弁する語り手。本当に、誰もがみんな主人公の本でしたよね…。
本書と「青い鳥」は訴えかけているものが大変リンクしていると思う。感想、楽しみにしているね(*・∀-)☆

2008/6/9(月) 午前 10:04 金平糖 返信する

たまちゃん、トラバ嬉しいですヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪

2008/6/12(木) 午後 2:26 金平糖 返信する

アバター

先週、記事にしてたのに、ご訪問が遅くなってしまいました(^^;
もこもこ雲が出てきたときに、すぐに「コレだ!」って思いました♪
もともと、素敵なブログのタイトルだなって思ってたんですけど…この作品を読んで、ますます素敵だなって思いが強くなりましたね《*≧∀≦》
トラバさせてくださいね♪

2008/6/21(土) 午後 9:35 チュウ 返信する

チュウさん、トラバありがとうございました♪
二人が探していた「もこもこ雲」は、どんな雲なのでしょうねぇ…?『見つけることが出来たかしら』と、よく想像に耽てしまいます。
これから夏に向かって「もこもこ雲」を見かける機会が増えるので楽しみです(*^_^*)

2008/6/22(日) 午前 8:14 金平糖 返信する

顔アイコン

金平糖さん、おはようございます。
私もやっとこの作品、読了しました。
友だちのことについて考えさせられる感じで、
恵美の芯がしっかりしたところに惹かれました。
クラスで一人って結構寂しいと思うのですが、
心の友だちが一人いればいいっていう感じのところや、
うつむいた後は笑顔になれる、とか
もこもこ雲とか本当よい作品でした。
最後は私もうるうるきました。
トラックバックさせてください。

2008/7/21(月) 午前 9:54 [ バニラ ] 返信する

バニラさん。映画の試写に行ったおチビの目は真っ赤でした。彼女はまだ幼いから、小学生のシーンで同い年くらいの由香ちゃんが病気ということが辛かったみたい。彼女の死の場面が一番印象的だったようです。まだ、友人関係の大変さを味わっていないのでこういう感想なんだと思いました。
本書を機に、重松さんの他の作品も是非♪
トラバありがとうございます。

2008/7/21(月) 午前 10:45 金平糖 返信する

顔アイコン

やっとこの作品にたどり着くことができました。
金平糖さんの言うように、誰の心にもリンクする部分があるんですよね!だから共感できるのです。
子供の世界だけではなく、大人になってからでも十分に共感できる作品でした。ありがとうございました。トラバさせてくださいね!!

2008/8/25(月) 午後 0:13 ばんび 返信する

ばんびさん。どこにでもいそうな普通の子を主人公に綴られていて、全員が恵美にリンクするという構成の上手さが重松さんらしくって大好きです。
それらは、読み手の心の中のどこかに響くと思うから…。「青い鳥」も、とても似た視点で書かれていると思います。
トラバ、ありがとうございました。

2008/8/26(火) 午前 9:14 金平糖 返信する

金平糖さんのモコモコ雲を探しに♪、の秘密がやっとわかりました♪
思春期の子供の気持ち、重松さんはうまいですね〜。
トラバさせてくださいね。

2008/9/20(土) 午前 10:37 にんにん 返信する

にんにんさん。秘密を知っていただけて嬉しいです♪
男の子の気持ちだけではなく、女の子のビミョウな関係まで描写していて、ほんとに感服しました。
トラバありがとう(*・∀-)☆

2008/9/21(日) 午前 7:14 金平糖 返信する

見つかるといいなぁ。本を閉じたときそう思いました。
心に響く、響き過ぎるぐらいの言葉がたくさん綴られていて胸が締め付けられました。
昔のワタシだったり、昔の彼女だったり。今の昔の自分を行ったり来たりしながら読み続けました。

もう少し娘が大きくなったら、よんでほしいかも。
友達ってどういうものなのか。

待っているラストになんだかホッとしました。
TBさせてください^m^

2009/4/11(土) 午後 3:49 きゃん 返信する

きゃんさん。試写会にはおチビを連れて行ったのですが、本書にとても興味を持ったみたい。まだ、難しいと思うので、中学生になったら是非読んでもらいたいなぁ…って思っています。
男の子だけではなく、女の子の微妙な気持ちも鋭く書かれていて、感服しました。
私の事、思い出してくれてとっても嬉しかったです。
ありがとう(*^_^*)

2009/4/12(日) 午後 7:32 金平糖 返信する

はじめまして 古い記事にコメントすいません。 最近TVで放映された映画「きみの友だち」を見てどーしても原作が読みたくなり今一気に読み終えました。 読みだすとやめられなくなりますね。

この本と映画紹介しているブログが意外と少ないのでガッカリです。私の検索が下手なだけかもしれませんが。。。

ファンポチと傑作ポチさせてくださいね。

2009/9/27(日) 午前 0:46 るびい 返信する

るびいさん、はじめまして♪WOW WOWは見られないので残念ですT_T
映画はとてもよくできていましたが、原作を知らないとわかりづらい部分もありましたよね。
本書の感動を誰かと分かち合いたくて始めたブログなので、この記事へのコメはとっても嬉しいです♪
これから、どうぞよろしくおねがいしますm_m

2009/9/27(日) 午後 1:29 金平糖 返信する

顔アイコン

こんぺいとうさん
あったかい言葉ありがとうございます。 私もTBさせていただきました。

2009/9/27(日) 午後 6:43 るびい 返信する

るびいさん。トラバ返しありがとうございます♪

2009/9/28(月) 午前 10:43 金平糖 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(14)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事