モコモコ雲を探しに♪

ヤフーブログがなくなるなんて?

全体表示

[ リスト ]

「ターミナル The Terminal 」
【出演者】 
ビクター・ナボルスキー:トム・ハンクス 日本語版キャスト:江原正士(フジテレビ版) 
アメリア・ウォーレン:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 
フランク・ディクソン:スタンリー・トゥッチ 
ジョー・マルロイ:チー・マクブライド 
エンリケ・クルズ:ディエゴ・ルナ 
レイ・サーマン:バリー・シャバカ・ヘンリー 
グプタ:クマール・パラーナ 
ドロレス・トーレス:ゾーイ・サルダナ 
【監督】 
スティーヴン・スピルバーグ 
【脚本】 サーシャ・ガヴァシ
ジェフ・ナサンソン 

公開 2004年12月18日     



クラコージア人ビクター・ナボルスキーは、アメリカのジョン・F・ケネディ国際空港で入国を拒否される。

彼の飛行機中、母国でクーデターが起こり、政権崩壊状態に陥り、パスポートが無効状態となり入国ビザが取り消されてしまったからだ。
その上、母国の空港は封鎖され、引き返すこともできない。

空港の管理官・ディクソンから、国の状況が変わり次第連絡するので「呼ぶまで待て」ポケベルを持たされ、空港での生活を余儀なくされる。

空港内での行動は自由だが、母国の通貨は使えず、実質無銭状態。
しかし、金銭面も然ることながら、それ以上に言葉の大きな壁が立ちはだかり、自分の置かれた状況をなかなか理解すらできない状況。

しかし彼は、父とのある約束を果たすため、米国に入国出来るようになることをひたすら待ち続けるのだ。

ディクソンにとって、彼の存在はお荷物でしかならず、「空港を出て、別の誰かのお荷物になれ」と、あの手この手で自分の管轄外へと追い出そうと試みる。
空港から一歩外に踏み出せば、移民法違反として逮捕されることになるからだ。

不本意ながら空港に閉じ込められてしまったビクターの空港生活に終わりは来るのか?

彼の渡米の目的と、彼の大事に抱えるピーナッツの空き缶の中身とは?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/b4/b7/popkun_55/folder/1458312/img_1458312_38444829_1?2006-07-04.gif

この映画の主題は「待つ」ことだと思います。

国の情勢が変化し、米国に入国できるのを待つ主人公のビクター
プロポーズの返事を待つ男・エンリケ
濡れた床で足を滑らせる人間を待つ掃除夫・グプタ
ビクター同様ポケベルのなるのを待ち続ける女性・アメリア
そして、四十年間、あるものを待ち続けた亡きビクターの

しかし、何よりも私が一番印象的だったのは『言葉が通じない恐怖』でした。

本作はアメリカ映画。
英語圏の人、特に米国人に、英語を話せない者を人間扱いしない姿勢があるのを暫し垣間見ることがあります。

マイナーな言語が母国語の日本人は、本作を観て米国人とはまた違った感慨を持つのではないかと思ったのです。

空港には非常に大勢の人がいるのに、言葉が通じないが故に、誰も手を差し伸べてくれず、誰も自分の言っていることを理解してくれない辛さ。

大勢の人の中にいるにも関わらず、感じる孤独

それらは、世界の共通語が英語だと思っている米国人にはとても理解できないだろうということも、恐怖に思えました。

海外旅行、特に言葉の通じない国での旅にはトラブルはつきもの。
私は、ドイツ語が全くわからないので、電車の切符の買い方、電話のかけ方にも困惑した体験があります。
電車で移動したものの、果たしてあの料金と乗り方でよかったのか、未だに謎のままです。

そんなわけで、言葉の壁の大きさに戸惑うビクターの姿に、思わず自分の姿を重ねてしまいました。

外国旅行でトラブルに巻き込まれ、身に覚えのない罪で拘束されたり、場合によっては逮捕される場合があることを耳にします。
通訳もつけてもらえず、身の潔白を証明したくても出来ない辛さ。

片言しか理解できない状態で、難しい法律用語など出てきたら、絶対お手あげです。

ビクターは、字幕つきのテレビや、本から英語を学び、空港内での隣国の男が起こしたトラブルの調停役に通訳としてディクソンから借り出されることになります。

ディクソンが、彼らの言葉を理解していないことを利用して、その男を助けをするのですが、そこに、もし二人が反対の立場になったらという皮肉も、感じました。
この出来事を通し、彼の「規則ではなく人間を大切にする思いやりの気持ち」は、多くの空港スタッフの心を動かすことになります。

しかし、ディクソンだけは…。

空港で「待つ」ことは、つきもの。
ビクターは、いつ鳴るかわからないポケベルの呼び出し音を待ち続けて、いつまで待たされるか見当もつかない「宙ぶらりん」の状況。

偶然にも、やはり同じくポケベルの呼び出し音を待ち続ける一人の女性・アメリアと出会い、魅かれるようになります。

彼女は不倫相手の男性からの七年間もポケベルの音を待ち続けているのです。
「待っていれば、いつかはかかるから、別れられない」と…。

アメリアとの関係はなんとなく「宙ぶらりん」で終わってしまった印象を受けたのは私だけでしょうか?
まあ、「僕はいる」と断言する、待つのが苦ではないビクターのことだから、これから先、何十年も彼女を待ち続けることになるのかな…?

ビクターの父は、四十年間も、あるものを待ち続けていたとか。
そのため、「待つ」ことに対してビクターには耐性があったのか?

私は期限が明確に提示されている場合は我慢できますが、「宙ぶらりん」の状態で待つのは非常に苦手です。
「僕のためなら、父もやる」からと、父との約束を守る為、理不尽な状態にも、ただ耐えるビクターには感心させられます。

の問題、法律や規則といったものは、個人の力ではどうしようもない難しい問題を抱えています。
ビクターの追い込まれた理不尽な状況は、いつ、自分にもその火の粉が降りかかってくるかもしれないと、感じさせる恐怖がありました。

そうしたら、なんと、本作には、モデルになった男性がいること知り唖然
ビクターの空港生活は一年弱でしたが、彼の場合は十六年にも及び現在進行形とのこと…。

「事実は小説より奇也」ならぬ「事実は映画より奇也」です!!

       「あなたが待っているものは何ですか?」

『若い世代はポケベルってわかるのかな…?』と、ちょっと心配に…。

閉じる コメント(22)

顔アイコン

モデルがいたのですか?
良く出来たフィクションだと思っていました。
考えたらすごく悲惨な状況なのに、トム・ハンクス独特の少しとぼけたイメージで、笑いのある映画になっているのはさすがだと思います。

2008/9/8(月) 午前 0:12 YUKO 返信する

顔アイコン

見逃してしまいました〜><;
内容を知ってれば何が何でも見たかったです!更にモデルがいたなんて!
海外に良く行くので、言葉の壁や、もし、ここで何か有ったら?とよく想像する事が有るので、この書評を読ませて頂いたら興味大!です
DVD探してみます!

2008/9/8(月) 午前 8:13 kinako 返信する

顔アイコン

溺愛さん。さすが長男君(≧ω≦。)プププ
長女は入管の時、未成年者で一人旅だったため、何度か相手が何を言っているかわからず、怖い目に合ったよう。幸い、向こうが諦めてくれたようですが…。

2008/9/8(月) 午前 8:45 金平糖 返信する

ひまわりさん。英語のテストの時、テキストを読まず訳本だけ暗記していけば結構点数取れるんですよね。字幕映画で語学勉強っていいかもしれませんね。

2008/9/8(月) 午前 8:47 金平糖 返信する

YUKOさん。ええ、いるみたいです。アルフレッド・マーハンという方で1988年からフランスのシャルル・ド・ゴール空港で生活されているとか…。そのことを知ったら、映画より衝撃的でした(^_^;)

2008/9/8(月) 午前 8:49 金平糖 返信する

kinakoさん。主人は同じ時間帯に放映されていた「七人の侍」を先に録画予約していたんですが家族内の、多数決で本作が勝ちました(*・∀-)☆
国政が安定していない国に行くのは絶対やめようって思いました。

2008/9/8(月) 午前 8:52 金平糖 返信する

顔アイコン

当時息子がDVDを観て、面白い面白いと言っていたのを思い出しました。その時は適当に内容を聞いていただけでしたので、今回金平糖さんのあらすじを読んでこういうお話だったのかと納得。

現代人には「待つ」って難しいかな?
「わたし待ーつわ いつまでも待ーつわ」っていう歌ありましたね♪

2008/9/8(月) 午前 8:53 ばんび 返信する

顔アイコン

つい『ヤスコとケケンジ』を見てしまい見逃しましたぁ。でも金平糖さんの微に入り細に入りの解説が完成度が高く、すっかり観た気分に。トム・ハンクスだからこその深い映画ですね〜。しかし実在の方がいたとは!現在進行中とはまた‥どうにかならんものかいな。

2008/9/8(月) 午前 10:20 pho**samu 返信する

アバター

そう!、実話だそうですね!普通に考えればありえない!!
ホント、大勢の中の孤独って押しつぶされそうな恐怖でしょうね〜。
ポケベル…懐かしいですね!(*≧m≦*)プププw
それにしてもトム・ハンクスの映画ってなんでいつも、ながぁ〜〜いのかしら???

2008/9/8(月) 午後 1:27 く〜みん 返信する

顔アイコン

元になる実話があったんですか!
英語圏の人は本当に他の国の言語を覚えようとしないそうですね。通訳さえ付けずに説明するやり方は、本当に怖くなりました。

2008/9/8(月) 午後 11:53 智 返信する

数年前の元日に映画館で見ました。エリート・ホワイトカラー層と、移民労働者という、アメリカの二重社会の様子がくっきり現れていましたね。二重社会だからこそ、狭間に落ちるということができるのかもしれません。これは、成田では無理だと思いますもん。

2008/9/9(火) 午前 7:11 りぼん 返信する

ばんびさんのアイコン変わりましたねヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪
悲惨な状況がトム・ハンクスの演技と、脚本でコミカルに描かれていて、随所に笑いが散りばめられています。
知っていますよ。あみんでしょ(。-∀-)ニヒ ハモルのが大流行しましたもん。音痴の私は蚊帳の外で『私だったら絶対待たない!』って思っていましたが… (-m-*)プッ

2008/9/9(火) 午前 8:41 金平糖 返信する

TOMOROさん。映画の放送時間って、面白いドラマのそれと重なりますものね。私は、録画して、翌朝鑑賞しました(*・∀-)☆
トム・ハンクスだからこそのストーリーだなぁって、つくづく思いました。

2008/9/9(火) 午前 8:44 金平糖 返信する

く〜みんさん(≧ω≦。)プププ
ほんと、どうして長いんでしょう?
『フォレスト・ガンプ/一期一会』を見ていて陣痛が始まり、間隔を計りながら鑑賞していましたが、映画より私の陣痛の方が勝ってしまいラストを見ることなく入院してしまいました(>_<;)未だに、ラストを知りません…。

2008/9/9(火) 午前 8:47 金平糖 返信する

智さん。ロシアでも怖かったですよ(>_<;)
警察官が力を持つ国政が安定しない国で、金銭目的に見に覚えのない罪で逮捕される人の話を聞きます。英語にしろ、どんな言語でも自分の意思を伝えられないことって怖いなあと思いました。

2008/9/9(火) 午前 8:52 金平糖 返信する

りぼんさん、確かに。インド人、南米等の移民労働者対、ホワイト(襟だけではなく、肌の色も)という構図が明確でしたものね。
国籍の「宙ぶらりん」が日本でも存在することを金城作品で知ったばかりなので、そちらにも考えが飛びました…。

2008/9/9(火) 午前 8:56 金平糖 返信する

本作は公開当初見ました。モデルがいて現在進行形なんですか!って事はまだ空港にいてはるのですか?知らなかったです。本当よく出来た映画だな。と私も思っていました。そして言葉の壁はつらいですよね。そう思って英語だけでも思い少しづつですが勉強してますが、やりたい事が沢山あり全然はかどらないです・・・

2008/9/12(金) 午後 10:55 aya 返信する

夏みかんさん。私も、モデルがいたと知り驚きました。成田だと絶対ありえないと昨日読了した「あぽやん」にも書かれていましたが…。
国の内乱で国籍が宙ぶらりんになる怖さ。戦争により国籍が宙ぶらりんになった犠牲者も日本には多く存在するということを連想しコミカルな仕上がりな映画なのに随分考えさせられてしまいました。

2008/9/13(土) 午前 9:34 金平糖 返信する

顔アイコン

こんばんわ。しかし確かに金平糖さんの言う通りでしたなぁ〜。「英語圏使えない・話せない=米国人」。この映画は私も持っていますが、アメリカ人に反発を覚える映画の一本です。金平糖さんは「ドイツ」や「ロシア」など行った事がるのですか??なかなか国際的ですね。私は「ハワイ」位です。しかも子供の頃。確かに行く前、父の祖父から「英語(簡単な日常会話的な英会話)」を教えられましたが、「なんで?」の一言でした。今ではほとんど覚えていないので使い物になりません。つーか、喋れません。「言葉の壁」。何処に行こうがそうですよね。差別してはいけません。日本に来る外人を今の日本人は対応に覆われている・・・しかも諸外国は日本のように「努力」をしようとしない・・・。

2015/8/10(月) 午後 10:25 [ dai*24*om ] 返信する

顔アイコン

孤独は辛いですよね〜。でも、トムハンクスの映画はどれも大体面白いですよね。特にこの映画。金平糖さんの言う通り「孤独」と「言葉の壁」がテーマですよね。主人公の語学勉強のやり方・手法・能力がまずズバ抜けてスゴイと思いました。

2015/8/10(月) 午後 10:28 [ dai*24*om ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事