ここから本文です
シリベシアン(後志人)
小樽雪あかりの路21開催中!

書庫全体表示

寿都鉄道湯別駅跡

1920年(大正9)10月24日、ニシン漁で賑わう寿都から函館本線黒松内駅まで営業距離16.5kmの寿都鉄道が開通した。
 
1952(昭和27)年には、1067mm軌間地方鉄道北海道初のディーゼル機関車を投入。
 
しかし、主要輸送であったニシンは姿を消し、鉱山も閉山、1964(昭和39)年の輸送人員は4万9千人まで落ち込み、赤字の連続で最後の望みであった国鉄岩内線に買収話も頓挫して、1972(昭和47)年5月1日廃止となった。
 
2010年4月1日から北海道の支庁は総合振興局と振興局になったが、
この寿都町は1897(明治30)年に支庁が置かれていたほど繁栄した町だった。
 
現在でも寿都鉄道廃線跡は残っている。
寿都(すっつ)駅、樽岸(たるきし)駅、湯別(ゆべつ)駅、中の川駅、黒松内(くろまつない)駅(JR函館線)の中で、唯一駅跡が不明だった湯別駅跡をようやく知ることが出来た。
 
私鉄寿都鉄道湯別駅跡
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
湯別生活改善センターが建っている場所に湯別駅があったそうだ
線路が敷かれていた跡地は道路となっている。
 
この隣には駐車スペース10台ほどを設けた公園らしき場所がある。
 
たとえば、寿都鉄道湯別駅記念公園などの名称にできないものであろうか?
 
イメージ 4

この記事に

  • 顔アイコン

    標識ひとつないのは寂しいです。

    [ Owen ]

    2010/6/11(金) 午後 11:36

    返信する
  • 顔アイコン

    ぐっときますねえ
    でも私が知っているのは終点寿都駅 いまの寿都バス停とはちがう、港前の繁華街の奥の、山下商店当たりではと思うのですが。

    [ tamikazu ]

    2010/6/12(土) 午前 0:44

    返信する
  • アバター

    Owenさん☆

    近所の人に聞いて判明しました。
    この公園も何か勿体無い気がします。
    せっかく造ったのなら、もっと利用法はあるはず。

    コニー

    2010/6/12(土) 午前 6:28

    返信する
  • アバター

    tamikazuさん☆

    寿都駅は役場の所ですね。
    写真を見ると、昔はそちらの坂の方が賑やかで、駅から港が見えます。

    コニー

    2010/6/12(土) 午前 6:31

    返信する
  • 顔アイコン

    湯別駅には作開から一番近い駅でしたね。

    [ satsumaichi50 ]

    2010/6/12(土) 午前 8:50

    返信する
  • アバター

    さつまいちさん☆

    廃線跡雑誌でも不明だった湯別駅跡を見つけました。

    コニー

    2010/6/12(土) 午後 1:05

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事