ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!

自転車のタイヤ交換したぞーーーー!・・・あとはブレーキか・・・・(不定期更新)

ブログ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

なんかもうすごいお久しぶりです。死亡説がながれても違和感ないくらい更新してませんでしたね。すみませんでした。
みなさん、あけましておめでとうございます。今年こそはまともに更新したいと思っていたりいなかったりですのでみなさんよろしくです。

まあ、今更ながら去年あったことを簡単に
・就職内定決まった。
・震災の時、部屋がものが落ちてきて大変だった。
・↑それ以前に帰宅難民になりかけた
・↑ちなみに年末やっと部屋をきれいにした。
・PC自作した

くらいですかね。
それにしても本当にすごい久々の更新です。なんかすいません。


とりあえず今年もよろしく。
あ、カメラ買いました。まだ届いてないですけどw

開く コメント(0)

今年はぴょんをつけなければいけません・・・・もう更新する気がなくなってきたぴょん・・・・・。
お久しぶりぴょん。「あけましておめでとうございます」を言わずに既に2月も後半に突入してたぴょん・・・。

いまさらかよと怒られそうですが、実は正月にDVDプレーヤーを買ったぴょん。しかも家からかなり離れた場所で、もし壊れていたら返品できない場所ぴょん。

イメージ 6


↑電源入ってるDVDプレーヤーが今回買ったプレーヤだぴょん。下のプレーヤーは前からあるやつぴょん(SONY・DVP-F31)

で、プレーヤーはゾックスのDS-DPC104(Digistance)だぴょん。
なんと値段が1980円(新品・5台限定)だったぴょん!!!
中古でもなかなか見ない値段・・・よっぽど売れ残ってt(ry
ちなみにこのプレーヤー、新品の癖に・・・

イメージ 5


なんかさびっぽいものが浮かんでるぴょん・・・・。どんだけ長い間倉庫で眠っt(ry

勘の良い人はわかっていると思いますが、はい。ネジがないぴょん。
ちなみにこれは俺が外しましたぴょん。もちろん分解するためぴょん

イメージ 4


・・・・・・え、基板これだけぴょん・・・・?

一昔前のDVDプレーヤーとは全然大違いぴょん・・・。
ちなみに一部の基板を拡大して撮った写真があるけど・・・容量の関係上希望があったら公開するぴょん。
ついでにこの「〜ぴょん」もやめて欲しいって意見があったらやめるぴょん!

イメージ 7

ちなみにこれが背面の端子だぴょん。コンポジットの3色しかないぴょん。
で、今回このプレーヤーを買った理由ですが・・・・製品名に「CPRM対応DVDプレーヤー」と書いてあるぴょんけど、これが目当てだぴょん!!!

で、肝心のCPRMですが・・・・・




10枚のDVDで確認して、ひとつのタイトルしか読めなかったぴょん!!!



一枚じゃありません、ひとつのタイトルだぴょん。

まあ、公式では「CD-R/RW、DVD-Rや各種メディアを再生する場合は、メディア種類や作成されるレコーダーやパソコン等の作成環境、ファイルエンコードやコーデック等、条件も多岐に渡り再生できないものもあります。地上デジタル放送を録画したVRモード・CPRM規格のディスクは、読み込みまでに時間がかかったり、読み込めない場合もあります。上記のような理由で全ての挿入メディアの再生を保証することはできません」と言ってるのでたぶんこれ理由に返品してもこの文章が返されるだけの気もするぴょんから、諦めるぴょん。めんどいし

ちなみに、DVDプレーヤーといえば、画質も結構・・・・ていうかかなり重要視されるような気がするぴょんですが、値段が値段なので求める方が間違ってるぴょん(ぇ
よく、歌番組とかテレビのスタッフロールとかで文字が流れたり、表示されたりすることがあるぴょんけど、なぜかその文字の周りにノイズが入るぴょん。
ただ、そのノイズを確認したのは、DR-M1(DVDレコーダー)で録画した映像だけなので、もしかしたら相性の問題かもしれないぴょんけどw

それと相性といえば、思い出したのですが、知り合いが「生徒会の一存」っていうアニメのDVDを持ってきてくれたのですが、
メニューが表示されないぴょん!(他のプレーヤーで表示されることは確認済み)
ちなみにDVDは公式のDVD-Videoなので、最悪それ理由に返品できないこともないのですが、めんd(ry
というわけで、このブログを見ている生徒会の一存ファンのみなさんは購入を諦めるといいと思うぴょん(いるのか?)

イメージ 1

そして、これがリモコンだぴょん。
見た目は結構普通だぴょん。ちょっとがっかり
まあ、まずツッコミをいれたくなるボタンはと言うと


なんでテレビやアンプじゃないのに音量ボタンついてるんだぴょん!
ちなみにちゃんとこの音量ボタン機能しているぴょん、どうやらプレーヤーの音声出力レベルを落とすことができるのですが、ぶっちゃけテレビやアンプで調整すると思ったのは俺だけじゃないはずぴょん。
他にインフォボタンというボタンがありますが、それは簡単に説明すると画面表示だぴょん。
イメージ 2

↑こんな感じの画面がでるぴょん。どうでもいいけどなんで33もあるんだぴょん・・・?タイトル

イメージ 3

↑(MP3再生中)ちなみにリモコンにあるプログラムボタンはなんと昔懐かしいプログラム再生のボタンだぴょん。
この画面ではMP3ですが、DVDでも同じことができるぴょん(VRはダメみたいですが)。当然CDでもできるぴょん。
ていうかプログラム再生よりも前にランダム再生つけて欲しかったぴょん・・・。

他にもズームというボタンが有りますが、これは画面を拡大してくれるぴょん。
ちなみに拡大だけでなく、縮小までしてくれるので、ブラウン管テレビで見るとき、一部の文字が見えなくなることがあっても大丈夫だぴょん。

あと、PBCボタンがありますが、これはビデオCD用のボタンなのでよくわからないぴょん。
他にもレジュームボタンがあるぴょんけど、これも使い道分からないぴょん・・・・・。

他に聞きたいボタンがあれば、聞いてほしいぴょん。答えられれば答えるぴょん



このプレーヤーにはMP3(音楽)とJPG(画像)とMPEG(動画)を入れたCDを読む機能もついているぴょん。
MP3とJPGは特に問題なく読めてるぴょんけど、MPEGは一つ注意して欲しい点があるぴょん。
DVDの解像度を超える動画はうまく再生されない上に、解像度とか関係なくタイムカウンタはむちゃくちゃ早く進むので気を付けるぴょん。
1秒があっというまぴょんw

ちなみにMP3,JPG,MPEG共通の注意点もひとつあるぴょん。それは日本語のファイルは文字化けするぴょん。
まあ、文字化けするだけでいちお読むことはできたと思うぴょん。


ちなみにタイムカウンタといえば、本体についている表示部はDVDプレーヤーのくせにチャプターと分と秒しか表示されないぴょん。
1時間を超えるDVDを再生すると、1時間超えると00:00と表示されるぴょん。
そのうえ、MP3を再生すると、なぜかファイル番号は199まで表示できるぴょん。(200から先は調べてない)



他にもなぜか音程(キー)を変える機能があるけど・・・いったい何に使うぴょん?
できればボーカル除去も欲しかったぴょん。



というわけで、長々とDS-DPC104について語ってみたぴょん。
たぶんDS-DPC104に限って言えばここまで書いたのはこのブログは初めてのハズぴょん。

ちなみに現在は唯一DVD-RのVRが読めるプレーヤーとして、ひっそりと活躍しているぴょん。
みなさんはこのプレーヤー、欲しいと思いましたかぴょん。

開く コメント(3)

今日で2010年も最後です。12月32日さえなければ(何


さて、今年もいろいろありました。
2010年に書いた記事はこの記事を含めて21件・・・・・・21件!?

“今年は50個以上記事を作成する・・・というのを目標にしたいと思います。
もし守れなかったら来年(2011年)はこのブログのなかで「〜ぴょん」をつけたいと思います。”
(2010年1月8日の記事より引用)

ぜんぜん守れないぴょん・・・・・・(早速かよ)

というわけで来年からぴょんをつけて書くことになりました。
なんかすごく不思議なブログになりそうです。なんでこんな宣言しちゃったんだろう・・・・・

さて、今年もいろいろなことがありました。
ほうじ茶にUSBケーブル突っ込むところから始まり、ハードオフの鎌ケ谷道野辺店がオープンすると聞いて開店時間前に並んでみたり、カラオケであ・い・うを歌って全国一位をとってみたり、ブログを閉鎖すると嘘言ってみたり、地デジチューナー買ったり、腕時計買ったり、だけど買った腕時計が不良品だったり、自転車のタイヤ交換したり、ビデオデッキのヘッドを綺麗にしたり、DVDレコーダーを修理したり

・・・・・なんかろくでもないことばかりしてる気がします。特に前半とかw

でも本当に今年一年色々ありました。
そしてこんなほとんど更新しないブログに今年一年コメントしていただき、本当にありがとうございました。
来年は「ぴょん」をつけたり、さらに変なブログとなるでしょうけど、どうかこれからもよろしくお願いします。

それではみなさん、良いお年を

開く コメント(2)

今回の記事は感電の恐れがある危険な修理です。この記事を見て実際修理を行い、感電とかされても一切責任をとりません。

っと書いておかないと後でこのブログに「責任とれ!」と文句行ってくる人が現れるかもしれないのでいちお書いておきますw


このブログに書いていたと思ったら全然書かれていなかったのですが、今年の5月頃(だったかな?)にDVDレコーダー(アナログチューナー・HDDなしのVictor DR-M1)を購入していたのですが、7月だったか8月の日にブログに書くこともなく壊れてしまいました。
症状としては電源ボタンを押してもスイッチ入らない・また電源ボタンを押した後しばらくするとディスプレイに「LOADING」の文字が点滅して、しばらくすると電源が切られた状態になるが、もちろんその後電源ははいらなくボタンを押してしばらくすると「LOADING」の繰り返し
電源コードを1日以上抜いてから電源をさすと20分くらいは普通に電源がはいって動作するが、20分くらいするとフリーズでまたもや「LOADING」
1日電源抜いて20分しか動作しないのでは使い物になりません。電源コードを抜いてずっと放置していました。
放置していた間(というか買う前もだが)はずっとビデオデッキを使いテレビ番組を録画していました。しかしビデオテープはどんどん増えて行き、さらに知り合いに「東京スカイツリーじゃなくて松戸ビデオツリーだな(笑)」とか言われ、高さは70cmにw
親には「これ以上ビデオ買うな」と怒られるもひっそりと百均で120分ビデオテープを買う生活を送っていました。
ちなみに百均のビデオテープは電気屋の大手メーカーのテープと比べて、ノイズが多いです。特にテープが傷つきやすいのか、サーチを繰り返すと本当にノイズが増えます。

とはいえ、新品DVDレコーダーに手を出す金はなく、また中古品を買ったらすぐに壊れてしまうのではないかという恐怖心から何もせず、ただただビデオを買う毎日。それどころかこころの中ではもっといいビデオデッキ買おうかなと企みはじめ、でもやっぱり金はありません。
そして、たまに暇になると、自分と同じ症状の人を見つけたりもしていました。同じ機種でもいるのですが、同じメーカーでも何人も見つけ、色々な人が「もう二度とVictor製品は買うか!」「ビデオの時を比べて堕ちたな」など言い出し、さらに調べてみればこのLOADING地獄のせいでVictorはDVD・HDDレコーダーの事業から抜け出したのではないかと言う専門家がいることも知ってしまう。
自力での修理も考えてのネット徘徊でしたが、なかなかヒントとなる情報は見つからず、「捨てました。」「他社機買い換えました」とあきらめる人が多いのですから当然です。
せめて中のドライブはPCのドライブと共通だから抜き取って後は処分しようかなとか考えては見るものの、そもそもノートPCなのでドライブがあうわけもなく、デスクトップは親しか持ってません。
親にあげようと思ったりもしたけど「いらない」と言われ、ビデオツリーは順調に建設されていく日々・・・。

そして、最近じゃビデオテープも百均で売られてない店があらわれはじめ、このままじゃ駄目だと思い、ビデオツリーをこれ以上大きくしないために本格的に調べ始めました。同機種だけじゃなく、同じメーカで調べ始めたら、ある日あるサイトを見つけました。そのサイトには「コンデンサがダメになっているかもしれない。」と書かれていました。
過去に分解した時には気づかなかったものの改めて確認してみると気になる部分が
イメージ 1

画像を見てもよくわからないかもしれませんが、コンデンサが噴いたのかどうだかわかりませんが、斜めになってます。
ずっと前に見たときはただ斜めにハンダ付けしてしまっただけだと思っていましたが、思えば機械でハンダ付けしているはずですから、なかなかありえない話ですね。いや、機械だからありえるのだろうか・・・。

さて、原因と思えるものがわかったらさっそく部品を買いに行きます。最初はネットで買おうかと思いましたが、送料に手数料を考えると秋葉原に行く運賃を軽く超えてしまうので電車に乗って秋葉原へ。
秋月電子さんで問題のコンデンサを購入、ついでに秋葉原で見つかる限りのDVDレコーダーのコンデンサを購入して電車に乗って帰宅。
本当はもっと見物してみたかったのですが、できればその日のうちに修理したかったので直る前提でRWを購入して帰宅。今思えばせっかく近所より安く売っていたからもっとRW買っておけばよかったと後悔してます。
そして帰宅しようと思ったら総武線がその日、原因は覚えていませんが、遅延が発生
途中定期の部分があるので、がんばって定期の部分まで別の路線で行き、そこからさらに遅延証明をもらっての帰宅でずいぶん時間がかかってしまいました。その代わりずっと電車内では座ることができましたがw
無事帰宅したらさっそく修理。はんだ吸い取り線やハンダごてを使いコンデンサを交換して、元通り組み立てて電源を繋ぎました。
ちなみに電源つないで煙がモクモクあがったり、爆発したりしないか不安でした。それはさすがになかったのでよかったのですがw
最初は「LOADING」の文字が表示されていましたが、これは長引かない限りコードさしたばかりはこの表示が出るのは正常なのですが、無事終わるまでずっと不安でした。
そして、無事LOADINGの表示が消え、画面には「--:--」の文字。そこから電源ボタンを押したら「HELLO」と表示、どうやら何事もなく無事起動しました。
試しにDVDを30分くらい見てみましたが、フリーズは一切なし。さらに再生前に5分くらいリモコン探していましたから実質35分間電源を繋いだままでしたが、フリーズしなかったので無事完治確定です。ビデオツリーもこれ以上高くならないでしょうw
ここまで、色々と心配ばかりしていましたが、今回はうまくいきました。ですが、もう既に勘のいいかたはわかってると思いますが、今回いじった基板は電源の変圧とか交流を直流に変換したりする基板です。
また、コンデンサという部品は電気を貯めることが出来る部品です。つまり電気が中に溜まっている可能性がある部品なので感電の恐れがある部品です。
まあ、1ヶ月以上コンセントから外していたからさすがに自然放電してるとは思いますが、絶対にショートさせないよう慎重にならなければなりません。
真似するというチャレンジャーなかた。絶対に私に責任をなすりつけないでください。本当頼みます。

さて、DR-M1という機種についても簡単に書いておきたいと思います。
03年製、中古での購入価格はジャンクで「録画再生しました。取説なしリモコン付き」の4000(税別)円でした。
他社製のレコーダーを使ったことがないので、自分で比較したわけではないのですが、画質は当時の他社のレコーダーと比べると綺麗だと言われています。あくまで噂とかで聞いただけですので、気になる人は実際調べてみてください。そして調べた結果を俺に教えてください(笑)
また、当時にしては珍しく、DVD-R,RW,RAMの三つに対応しています。今でもRAMは使えない機種やRWが使えない機種もあるみたいですが・・・
RAMだけ追っかけ再生や同時録画再生に対応しています。ですが、この機能を使うと使った瞬間の録画映像が少し乱れるので使ってません。もっともRAMは高いし、あまり売ってないので使ってませんが
また、RAM,RWのみVR記録が可能(RAMはVRのみ)おかげで地デジチューナーの映像が録画できます。
ちなみにVR記録ができないレコーダーでは地デジチューナーの映像を録画することができません。CPRMというコピーガードをかけられないので。といってもだいたいの大手メーカーのレコーダーは対応しています。確かドンキホーテで発売されてる安物レコーダーは対応していなかった気がしましたがw
RAMは高いしあまりディスク売ってないし、Rじゃ地デジ撮れないので、残されるのはRWしかありません。
ちなみに画質がいいとさっき言いましたが、まずアナログチューナー部分にはゴーストを取り除くデジタルワイドGRT機能がありますが、これ買った時には既に地デジチューナーがあったので正直生かせてません。開発者のかたごめんなさい。ていうかケーブルテレビだからゴーストでないや(笑)
さらにモーションアクティブNRがついてます。この昨日は元々D-VHSについていた機能をDVD用に開発したものらしく、3次元NRをベースにフレーム間の動き検出能力を高めてノイズを処理する技術と書いてあります。
入力TBCとフレームシンクロナイザーによるジッターの抑制とかもあるみたいですが、これは詳しく分かりません。気になる人は調べてみてください。
本当はもっと高画質化については色々あるはずなのですが、当時のカタログを持っていないので、詳しくはわかりません。

1枚のディスクの記録時間は1,2,4,6時間の中から選べ、普段は4時間モードを使っています。
6時間にもなると画質がすごく悪く、本当にメモ程度に録画する程度です。
また、このレコーダーにはFR(フリーレート)機能がついていて、この機能は録画時間を5分単位で自由に設定できます。1枚に映画とか特番をまるごと記録するときにはすごい便利です。ディスクをフルで活用できますから。
他にはライブラリナビがついていて、この機能はディスクに番号を割り当て、本体にタイトルを登録して、どのディスクにどの番組がはいっているか確認できる機能ですが、同時に4番組しか表示できないのでちょっと不便です。並び替えが「ディスク」「タイトル名」「日時」の中から変更することはできるのですが・・・。(個人的には検索機能は欲しかった。もしかして今はある?)
あとはビデオでもおなじみGコード予約があったり、あとディスク予約機能というのがあるみたいなのですが、これは使ってないのでわかりません。これからも使わないでしょう(ぇ

ちなみに音楽・ビデオCDや、MP3にJpeg、そして言うまでもないですがDVD-Videoの再生にも対応してます。
ですが、リジューム再生機能がいちおついているけど、電源を切ったり取り出したりすると消えてしまうので、個人的にはDVDプレーヤーは手放せません。ていうかそのくらいつけてくれよ。マジで。

さて、そろそろ書くのが疲れてきたので、このへんで。
しかし、腕時計、ビデオデッキの記事に続いてDVDレコーダーの話となってくると正直つまらないとか思っている人もいるでしょう。久々の記事がこんな記事でごめんなさい。
ていうか最近サボリ気味でした。本当にごめんなさい。
最後に修理したDVDレコーダーの写真を載せておきます。

イメージ 2

↑ビデオダビング中の写真です。この通り元気に動いてます。あと数年は戦えると信じてます。

開く コメント(6)

まあ、そこまですごいことはしてないんですけどね。

2001年製で2008年6月に(過去の記事参照)中古で買ったビデオデッキが昨日から薄い砂あらしみたいなノイズがはいるようになりました。
普通のヘッドクリーナーを使ってもぜんぜん直らず、どうせ壊れたらその時だと覚悟して、テレビやチューナーを取り外し、ビデオデッキを分解してみました。

01年製となると、デフレでどんどん低機能かしていく時代のデッキです。
もっとも完全に分解したわけではなく、上板(でいいのかな?)を剥がしただけで、その中のヘッドを親が持っていたカセット用の綿棒などにつけて使うタイプのカセットクリーナーで磨いてあげただけの簡単作業ですが、この前DVDレコーダー分解したばかりの自分にとっては、DVDレコーダーの中身のスカスカっぷりに驚いた自分にとってはビデオデッキの分解した感想としては、小型化した関係なんだろうけど、意外と中身詰まってました。

てっきり感動するくらいスカスカでこのくらい(下のほうに分解写真があります。このサイトと私は関係ないですが、リンクフリーなのでリンク貼らさせてもらいました。)スカスカかなと勝手に予想していただけにちょっと驚きました。

せっかく磨いたので、試しに再生した時についでに一通り巻き戻しとか早送りをやってみましたが、さすが500倍サーチ怖いです。
500倍ってだけあって恐ろしい勢いでテープを巻きます。見てみるとテープもけっこう震えていて、「・・・これテープ大丈夫かな・・・・」とついつい心配になってしまいます。
知り合いがビデオデッキのサーチが遅いと文句を言っていましたが、速すぎるのはそれはそれで怖いです。

もし、次にビデオデッキを新しく手にいれるときはもっとサーチが平和な機種が欲しいです。かといって遅すぎるのも困りものですが。
ちなみにその知り合いのデッキ・・・・テープ残量すら表示してくれない古いデッキです。
その割には、BSがついていたりと、当時はそこそこの機種だったのか・・・・それともBSあるだけのショボイ機種だったのか・・・。

ちなみに今回の記事・・・写真は一切ありません。ごめんなさい。
ビデオデッキを分解・修理しているサイトにたまに遊びに行ったりするのですが(他にもバブカセなど。見ているだけで面白いです。時には勉強になる時もあったり・・・)、そういったサイトで写真を見るのも楽しみなのですが、今回はそんなたいしたこともやってなく、メモで写真を撮る必要もなかったので、省略しました。
希望さえあれば、分解写真はありませんが、綺麗になった後の映像だけなら写真に撮ることもできますが、もとの画質がたいしたことないので(ぇがっかりするだけだと思います。

まあ、無事に修理できて本当によかったです。
地デジチューナーも買ってるし、ビデオテープが壊滅するまで使えるといいな。

・・・・・でもできればもっと良いデッキ欲しいなw

開く コメント(3)

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事