クレジットカード選び方極め隊!

パート主婦による節約ネタ。主にクレジットカードなどのカードを使った節約ネタを調べていきます。

全体表示

[ リスト ]

東京VISAカードの種類は4種類、その中でも一番基本的なカードである「東京VISAカード」と、保険が充実していて旅行好きな方に最適なカードが「東京VISAカードA」です。

「東京VISAカード」と「東京VISAカードA」の違いについて

東京VISAカードと東京VISAカードAは、どちらも東京VISAカードのスタンダードです。
2つのスタンダードカードの違いは、年会費が少々違う事と、保険の付帯が違う事です。

・東京VISAカード…最高2000万円の海外旅行傷害保険が付帯されています。
旅行代金をカードで払う事が条件です。

・東京VISAカードA…最高2000万円の海外旅行傷害保険に加え、最高2000万円の国内旅行傷害保険も付帯されています。
海外旅行傷害保険は、最高300万円までは自動付帯されていますが、それ以上の補償ですとカード利用の条件があります。
国内保険に関しても、最高300万円までは自動付帯されています。
その他にも、傷害や疾病治療の上限額が高めに設定されています。
さらに家族会員にも適用され、同様の補償が受けられます。

この様に、東京VISAカードと東京VISAカードAを比較すると、少しの年会費の差で、保険の充実度が違うのです。
旅行に良く出かけられる方には、東京VISAカードAの方がお得です。

ネットからの入会で、初年度無料です

「東京VISAカード」の年会費は1,250円+税、「東京VISAカードA」の年会費は1,500円+税です。
しかし、どちらのカードもインターネットから申し込みをすれば、初年度は年会費無料で利用が可能です。
さらに、マイ・ペイすリボに登録してカード利用をすれば、翌年以降も年会費は無料になります。

どちらのカードも年会費無料になる条件は同じなので、旅行は滅多にしないとか、リボ払いの登録をせずに年会費を払うつもりなら、年会費の安い東京VISAカードが良いです。
マイ・ペイすリボに登録し、年会費を無料に出来るなら「東京VISAカードA」の方が保険が充実している分安心です。

ポイントプログラムは「ワールドプレゼントポイント」です

東京VISAカードでは、利用金額1,000円毎に1Pのワールドプレゼントポイントが付与されます。
基本200P以上貯まった時点で、様々な商品に交換が可能になります。
さらに他のポイントへの交換も可能で、その場合、一部では100P以上での交換も出来ます。
交換レートは、交換するポイントによっても差がありますが、大体3〜5円換算になりますので、場合によっては商品の方がお得です。
また、キャッシュバックなども出来ますので、ワールドプレゼントのカタログチェックは必須です。
年間の利用金額によってボーナスポイントが加算されたり、「VJポイントUPモール」を利用してさらにポイントを獲得する事も可能です。

マイ・ペイすリボを利用すると、さらにお得になります

「マイ・ペイすリボ」は、毎月の支払い金額を自分で決めて、マイペースで支払いが出来ます。
マイ・ペイすリボを利用すれば、通常付与されるワールドプレゼントポイントと同等のボーナスポイントが貰えますので、1,000円毎の利用で、倍の2P付与されます。
但し、リボ払いの手数料が請求される月のみなので注意が必要です。

マイ・ペイすリボには、2つの支払いコースがあり、元金定額コースと定率コースから選ぶ事が可能です。
元金定額コースは、指定した金額が最低支払い金額となり、5千円以上で1万円を超えた場合は1万円単位で指定が出来ます。
定率コースは、カード利用して購入した商品の残高の3%が最低支払い金額になります。
例えば、10万円以下の利用金額ををリボ払いする場合は、最低3,000円になり、リボ払い手数料は、締め日によって日割りで計算され上乗せされます。
マイ・ペイすリボを利用するには、カード発行後に申し込み手続きが必要です。
コースや金額の設定もネットから申し込み出来るので簡単です。

リボ払いや分割払いをすれば、ショッピング保険が適用されます

買い物をした時に心配なのが、商品が破損してしまったり盗難に遭ってしまう事です。
しかし、東京VISAカードでリボ払いや3回以上の分割払いで購入した商品なら、最高100万円まで動産総合保険が適用されます。
自己免責は3,000円で、購入の翌日から60日間有効です。

写真入りのICカードが作れます

クレジットカードの裏面に自分の写真を入れる事が可能ですので、盗難や不正利用などに対して安全性が大変高くなります。
但し、インターネットで申し込みする場合には、初めからは写真入りカードは発行出来ませんので、入会してから「写真取替申込書」で手続きが必要になります。

電子マネーの「iD」が利用可能です

Docomo携帯をお使いの方なら便利なのが、電子マネーの「iD」です。
クレジットカード連動型なので、チャージの必要がありません。
お財布を持たずに携帯だけでお買い物、という技も可能になります。
少額な買い物もクレジットカードでしやすくなるのが、一番のメリットです。

勿論国際ブランドはVISAです。
申込み可能なのは、双方のカード共に、18歳以上で安定した収入のある方(高校生を除く)ですが、未成年の場合は親権者の承諾が必要です。
総利用枠は10〜60万円ですので、ライトなユーザー向けのクレジットカードとなっています。

年会費が無料に出来るのならば、東京VISAカードAがお得ですが、ご自分のライフスタイルに合わせて申し込みましょう。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事