ここから本文です
TN KOOTAのお気楽ブログ
闇の地雷ポケモン開発してます

書庫全体表示

イメージ 1
   パンチマインドミミシルヴァ
こんな感じだったっけ...?

-はじめに

はじめまして、KOOTAと申します。
今回、紹介するのはシルヴァディ+ミミッキュを使用した「ミミシルヴァ」という構築で、運に助けられた場面も多々ありましたがバトルロードグロリア全国大会優勝という実績を残すことができました。
勝ち筋が多く、多彩な戦術が楽しめる構築となっているので最後まで見ていただけると嬉しいです。

-構築経緯

追い風構築が環境に出てきて素早さ勝負になりやすくなったためトリックルームを軸とした構築にしようとしたのがこの構築を作ろうとしたきっかけです。

しかしトリル始動筆頭であるポリゴン2は汎用性が高いために多くのプレイヤーが対処ルートを確立しているだろうと考えました。

そこで対処しづらくかつ多大なアドバンテージを獲得できる並びを模索していたところシルヴァディ+ミミッキュの並びにたどり着きました。

今まで「ミミシルヴァ」という並びがあるとは知っていてもほとんど見ないであろう並びゆえにノーマークのプレイヤーが多いと踏んでこの2匹から構築作成に入りました。


最初にシルヴァディが繋ぐ先のトリルアタッカーを用意する必要があるのでこれを考えたところ

・強力な範囲技
・非トリル下でも動かせる耐久力
・やっかいなきあいのタスキ潰し

をこなすことが出来るギガイアスが無難だと考え採用しました。

またバトルロードグロリアラストチャレンジ及び全国大会はBO3のため柔軟に動ける手段を用意する必要がありました。

しかし、シルヴァディとミミッキュは汎用性が低く、柔軟に動かすのは難しいと判断しました。

そこでギガイアスの汎用性の高さを利用しミミシルヴァとは全く別の勝ち筋を用意することでBO3に対応していくことにしました。

よって「まもる」の採用を控え、大量の強行突破手段で勝利をもぎ取っていく構築に纏まりました。

ただし選出画面の時点でやることがバレバレでは意味が無いので汎用性の高いポケモンを残りに選びました。

まずは「フリーフォール」と「ボルトチェンジ」によりミミッキュをサポートしつつギガイアスに繋ぐことの出来るカプ・コケコを採用。

トリックルーム無しで動ける高速ポケモンであることも重要です。

またシルヴァディは一度見せたら警戒されてしまうのでその裏をかき似たような展開を再び行えるようにするためにもこのポケモンが必要でした。


次に地面の一貫が気になったので浮いてて、さらに鋼タイプでかつ炎技でカミツルギを倒すことが出来るテッカグヤを採用しました。


最後の枠は非常に悩みました。最初はエレキシードミロカロスを採用していたのですがカミツルギに大幅に削られてしまう上、ポリゴン2+ギガイアスの並びに実は大して強くないことが判明してしまったのでこれの並びをコケコと並ぶことで対処でき、かつカミツルギに対して高確率で行動できるガブリアスを採用することにしました。


-個別解説


シルヴァディ
技:だいばくはつ いわなだれ かえんほうしゃ すてゼリフ
持ち物:こだわりスカーフ
特性:ARシステム
性格:ようき
努力値:H4 A252 S252
実数値:171-147-115-103-115-161

この構築のメインギミックである爆発要員です。
「こだわりスカーフ」を持たせることでボルトチェンジで帰ろうとするカプ・コケコを「だいばくはつ」により一撃で吹き飛ばすことができます。
ただし火力は結構ギリギリで中耐久のポケモンは微妙に耐えてしまうことが多いので要注意です。

最速フェローチェに抜かれては困るので配分は陽気最速ASぶっぱ。

「すてゼリフ」は「だいばくはつ」しても一体も倒せないと踏んだ時に火力を削ぎつつギガイアスに繋ぐことができます。注目すべきポイントはシルヴァディが残るという点でトリックルームが切れた後に削り役や火力を下げれるクッション役として役割を持つことが出来ます。

「かえんほうしゃ」は重めなカミツルギをピンポイントで焼きます。

「いわなだれ」はミミッキュのフェアリーZ等で微妙に残った相手を削ったり威嚇で火力を削いでくるウインディ等を削る(あと怯ませたりできる)範囲技として採用しました。

他にはガブリアスに撃つ「れいとうビーム」、安定打点の「おんがえし」、麻痺を撒ける「でんじは」等があります。

一応「すてみタックル」も覚えますが生き残る時は反動を受けたくないと感じたので「おんがえし」、「やつあたり」を推奨します。


ミミッキュ
技:じゃれつく かげうち つるぎのまい トリックルーム
持ち物:フェアリーZ
特性:ばけのかわ
性格:ようき
努力値:H4 A252 S252
実数値:131-142-100-×-125-162

この構築のメイントリル始動です。
ですが、勝ち筋をもう一つ作るために「トリックルーム」の他に「つるぎのまい」を同時に採用し、一体で2つの勝ち筋を作れる器用なポケモンになりました。
残りの技は無難に「じゃれつく」と「かげうち」を採用しました。

以上の通り剣舞から無双するルートもあるのでカプ・テテフの上を取れるように調整は何も考えず陽気最速、持ち物は高火力を叩き出せるフェアリーZにしました。


ギガイアス
技:いわなだれ ストーンエッジ じしん ヘビーボンバー
持ち物:こだわりハチマキ
特性:すなおこし
性格:ゆうかん
努力値:H252 A252 B4
実数値:192-205-151-×-100-27(素早さ個体値0)

メイントリルアタッカーです。
こだわりハチマキを持つことで相手のポケモンを一気に削ることができます。
またメインウェポンは「いわなだれ」のため怯みの追加効果付きです。
みなさんご存じの通り命中すればどちらかが怯む確率は51%、それが「こだわりハチマキ」により実数値307からタイプ一致で飛んできます。自分でもこんな不穏なポケモン相手にしたくないです。
残りの技は「ワイドガード」対策の「ストーンエッジ」、鋼タイプ等に当てる「じしん」、ほとんど撃たないけど枠が余ってるので一応「ヘビーボンバー」も入れました。


カプ・コケコ
技:10まんボルト ボルトチェンジ マジカルシャイン フリーフォール
持ち物:とつげきチョッキ
特性:エレキメイカー
性格:おくびょう
努力値:H236 B4 C100 D68 S100
実数値:175-×-106-128-104-179

とってもかっこいい真っ黒なコケコ。
Sは準速ファイアロー抜きまで落としてHBを陽気ガブリアスの「じしん」を確定耐えまで振りDはテッカグヤと並んだ時にB<Dになるように。
残りはCに振りました。
技はメインウェポンの「10まんボルト」、交代してギガイアスに繋ぐ「ボルトチェンジ」、ちょっと残った相手を削る「マジカルシャイン」、ミミッキュとガブリアスのサポートを行う「フリーフォール」を選択。
上から「フリーフォール」をしたあとにミミッキュで「トリックルーム」を貼ると次のターンは相手のポケモンを連れ去ったまま一番最後に落ちてくるので2ターン行動不能となりちょっとお得です。


テッカグヤ
技:まもる やどりぎのタネ ラスターカノン かえんほうしゃ
持ち物:ソクノのみ
特性:ビーストブースト
性格:ひかえめ
努力値:H228 B4 C68 D44 S164
実数値:201-×-124-149-127-102

ようやく「まもる」の文字が出ました。
知ってる人は知ってるかもしれませんがかなり長い間愛用しているテッカグヤです。
威嚇に誤魔化されず、安定した打点を持つために特殊型で運用していて、ソクノのみを持つことで電気タイプの前で強気に動かすことができます。
Sは大体のテッカグヤ抜けるかなって程度、Dはエレキフィールド下無補正カプ・コケコのZ10まんボルト最高乱数以外耐え(なんで確定耐えじゃないのかは調整ミスです。ごめんなさい。)残りはCです。
技は「まもる」の他にメインウェポンの「ラスターカノン」、鋼タイプに当てる「かえんほうしゃ」、カビゴン等削りが足りなくなりがちな相手を削りつつ生き残るための「やどりぎのタネ」となっています。


ガブリアス
技:まもる つるぎのまい じしん ほのおのキバ
特性:すながくれ
持ち物:ジメンZ
性格:ようき
努力値:H76 A172 B4 D4 S252
実数値:193-172-116-×-106-169

恐らくVGC2017史上、1、2位を争うレベルに不穏なすながくれガブです。

当初は普通にさめはだを採用していたのですがさめはだが機能するのがカミツルギの「きあいのタスキ」を潰すくらいだったのでそれなら勝ち筋に繋がるすながくれを採用しようと考え、ラストチャレンジ前日に急遽すながくれガブリアスを用意しました。

調整はSは最速、Hを「こだわりメガネ」を持ったC170カプ・テテフのダブルダメマジカルシャインを確定耐えで最低限の耐久を確保しつつ残りはAに
回しました。

技は「まもる」「じしん」は説明不要の技としてカプ・コケコの「フリーフォール」と合わせてジメンZでポリゴン2に勝つために「つるぎのまい」、最後にワイドガードテッカグヤで詰むのを避けるためほのおのキバを採用しました。

ちなみに「いわなだれ」+すながくれが重なると相手が命中100の技をガブリアスに攻撃を当てられる確率は56%です。(「いわなだれ」を当て、一体がガブに攻撃したと仮定)
素の「さいみんじゅつ」より当たらなくなるのでトリックルーム下ではバンバン「いわなだれ」を撃ってジャンジャン「つるぎのまい」を舞っていくと勝手にアドが取れます。

-メジャーな構築に対する選出と立ち回り



このVGC2017というルールは人により構築に入るポケモンが変わりそれによりこちらの選出も変わっていくので基本選出を3つほど作ってあります。
なのでこの3パターンから相手の構築に刺さってそうな1つを選んでください。

基本選出

先発 シルヴァディ ミミッキュ
後発 ギガイアス テッカグヤ

相手の構築に高速ポケモンが多いと見たらこちらの選出です。
基本的に初手だいばくはつかすてゼリフかです。
だいばくはつを押したらトリックルーム中に倒しきるくらいの覚悟で行動していきましょう。
すてゼリフの場合は最後にシルヴァディで締めるゲームプランを組めると綺麗です。


先発 ガブリアス カプ・コケコ
後発 ギガイアス テッカグヤ

相手の構築に高耐久のポケモンが多いと見たらこちらの選出です。
初手フリーフォール+つるぎのまいで強行突破を図ります。
相手がトリックルームをしてくるようならボルトチェンジでギガイアスに繋ぎます。
先ほども書いた通りギガイアスで雪崩連打してればガブに技が当たる確率が56%になるので例えガブリアスが縛られている状況でもつるぎのまいを舞っていくことでアドバンテージを稼ぎやすいです。

先発 カプ・コケコ ミミッキュ
後発 ギガイアス テッカグヤ

一番柔軟性のある選出です。どっちを選出したらいいかわからない時はこっちを選出すると何とかなることもあります。
初手フリーフォール+つるぎのまいとボルトチェンジ+トリックルームの動きを使い分けることができます。
ただしカミツルギが尋常じゃなく重かったりするのでしっかり相手の選出を読んだ上でこの選出をしましょう。


-印象に残った試合の立ち回り
ここは見てた人も多いであろうグロリア全国大会の決勝、DJ君との対戦を解説しようと思います。
1試合目
こちら カプ・コケコ ガブリアス(ギガイアス テッカグヤ)
DJ君 カプ・レヒレ ウインディ (トゲデマル カミツルギ)

2試合目
こちら シルヴァディ ガブリアス (ギガイアス テッカグヤ)
DJ君 カプ・レヒレ ポリゴン2 (ウインディ ギガイアス)

解説

1試合目

1ターン目〜4ターン目までフリフォ剣舞とまもる落ちてくるを繰り返していたが5ターン目でカミツルギに縛られてしまったためガブリアスがまもる
その後フリフォ地震も失敗したので強引にカミツルギを処理。

6ターン目
ウインディが出てきたが既に神速圏内のためガブリアスがまもりカプ・コケコでウインディをフリフォしようとしたが読まれて神速でコケコを落とされる。

7ターン目
仕方なくギガイアスを投げすながくれゲーに持ち込んでいく。
しかし現実は甘くなくガブリアスは神速で落ちてしまったがレヒレのだくりゅうをギガイアスが避けて地震で返すことに成功。
無傷でレヒレを次の地震ラスカ圏内に入れた

8ターン目
最後はお互いにトゲデマルとテッカグヤを投げ、びりびりちくちくとだくりゅうの追加効果に負けず地震ラスカを通して勝利。

2試合目

1ターン目
まずシルヴァディはすてゼリフをカプ・レヒレに撃ち、ガブリアスがムーンフォースを耐えるようにしようとし、ガブリアスはジメンZでポリゴン2を削りにいく。
相手はレヒレをウインディに退いてきたがガブリアスは無傷のままシルヴァディ方向にギガイアスを出せ、さらにポリゴン2にトリルを貼ってもらうことに成功した。

2ターン目
ガブリアスを下げテッカグヤを投げてギガイアスは相手のギガイアスバックを考慮して地震を選択。
しかし実際に出てきたのはカプ・レヒレでポリゴン2にじこさいせいされてしまう。

3ターン目
カプ・レヒレが退きウインディが出てくるが地震+ラスカ+砂ダメでウインディを処理。
ポリ2の冷凍ビームがギガイアスに入り1/4ちょっとのダメージ。

4ターン目
ギガイアスが出てくる
イワZ+れいとうビームでカグヤを処理されるのが怖かったがここまでDJ君は安定行動を読んできてたため少し強気にテッカグヤはラスターカノンをギガイアスに、ギガイアスは退く理由もないので地震を押した。
相手のギガイアスはのろいを選択していたためカグヤが動き、地震+ラスカでギガイアスに大ダメージ。
ポリゴン2にはじこさいせいされてしまう。

5ターン目
次のターントリルが切れるのでテッカグヤは安全にまもり、ギガイアスはそのまま地震でギガイアスを倒す。
ギガイアスのイワZがテッカグヤに飛んできて1/3くらいのダメージ、ポリゴン2はじこさいせい。

6ターン目
カプ・レヒレが出てくる。
ギガイアスにはポリ2を詰めてもらうためシルヴァディに一旦退き、テッカグヤは切るつもりでやどりぎのタネをポリゴン2に撃ち込む。
狙い通りだくりゅう+めざパでテッカグヤはやどりぎをポリゴン2にかけた状態で退場。

7ターン目
ギガイアスを出す。
シルヴァディはカプ・レヒレを倒すためだいばくはつ、ギガイアスはまもれないがシルヴァディのだいばくはつ+ポリゴン2のれいとうビームや10まんボルトではまず落ちないのでいわなだれを押す。
しかしシルヴァディのだいばくはつが自分のギガイアスの急所に当たりまさかのれいとうビーム圏内でギガイアスを倒され一気に負け濃厚に。

8ターン目
ガブリアスを出す。
すながくれを信じじこさいせい等で時間を稼がれてもすながくれゲーを仕掛けられるようにつるぎのまいを押す。
相手のポリゴン2のれいとうビーム▼
ガブリアスには当たらなかった▼
全力で喜びました。

ここで降参をいただきました。

-総括

前回のバトルロードグロリア全国大会は2-3予選落ちという悲しい結果に終わってしまったので今回かなり運に助けられたこともありましたが優勝という実績を残すことができ、非常にうれしかったです。
シルヴァディというポケモンは特性の扱いが難しく、また種族値もどこをとっても並程度なので注目が薄かったですが今回のグロリアで充分環境と戦えるという可能性を見せることができたなら幸いです。
ここまで見てくださったみなさん、ありがとうございました!
最後にジャパンカップの前に運要素が強すぎる不穏な構築投下してしまってごめんなさい!




-その後
と、ここまでが今までAMALGAMEに掲載していた文章そのままになります。
今回はVGC2017も終わってしまったことですし、ここからはこの構築、自分のその後を話してついでに自分のVGC2017というルールの締めも行なっていこうと思います。

・グロリア終了後
みなさんまず知ってると思いますがこの構築は日本で自分以外に愛用しているプレイヤーはほぼいません。というか見たことありません。
まあ構築記事をAMALGAMEに書いた時には「この構築が流行ることはないだろう」とは思っていました。というのも日本人が得意とするプレイスタイルに合っていないと感じていたからです。DJ君の構築の方が流行ると思ってました。
ちなみに海外では一部使ってくれていたプレイヤーもいたようです。たださすがにWCSまでミミシルヴァは生き残っていなかったようです。
ですが、構築として全く新しいタイプのため使うと警戒されます。衝撃が強すぎたかもしれませんね、れいとうビーム避け始めるガブリアスとか。

・JCS付近
自分一人で構築を改良するにはかなり大変なのでこれ以上開発が進むことはありませんでした。なのでJCSまでに新しい構築を作ると決めて、実際に1つ作成しJCSに臨みましたがプレイングが追い付かずに惨敗という結果に。
二日目以降はプレイングが慣れているこの構築を使っていましたが基本的にカミツルギの処理をシルヴァディのスカーフかえんほうしゃで焼き殺す方法に頼っている節がありました。情報を知っててそれが通じない相手が増え、負けることが非常に多かったのを覚えています。世界への夢はここで途絶えてしまいます。

・JCSライブ大会終了後
実はこのあとにスキルスワップカプ・テテフ+ドーブル+ジュナイパーといった構築を作っていました。完全に遊ぶ用です。突発大会とかにはこの構築で出ていたこともあるので知っている人は知っているかもしれません。
しかしこの構築それなりに勝てはするのですがあんまり好きじゃないと。S操作も絡めたテテフライドバージョンも作りましたがなんか違う。自分のプレイングも馴れてないし。そこでこの構築を解散。ただそうなると数々の強者と戦える突発大会に出る構築がなくなるわけですが新しい構築を作るより思入れの深いミミシルヴァを使いたくなったためミミシルヴァを再び使うことに。
以降今までとはまた違った選出パターンも多く生まれました。
例えば

先発ガブリアス+シルヴァディ 控えにギガイカグヤ

これは今まで噛み合いがあまり良くなくカミツルギがどうしても重い時以外は避けてきた選出です。
しかし気づいている人もいるかもしれませんが初手スカーフすてゼリフでギガイアスを投げることで真っ先にすながくれを起動出来るわけです。火力も削がれるのでガブを倒すのに時間がかかる、その間にこっちは再びシルヴァディを投げてスカーフ雪崩の要素も追加できると完全に運に任せる動きが可能になります。参加してた大会がBO3という1本は落としても大丈夫な形式だったからこそ取れる運ゲー選出なわけです。
ただ、ガブとシルヴァディは基本的に噛み合わないため独立して動かすことを意識しなければなりません。運ゲーですが何も考えずに運ゲーかましているとあっさり負けます。考えて運ゲーしましょう。

こんな感じで若干ですが新しい発見もあり、大会やWCS参加者の調整のフレ戦等はほとんどミミシルヴァで行ってきました。参考になることはほとんどなさそうでしたけどね、ミミシルヴァだし。でも、自分個人の感想としてはとにかく楽しかった。

・現在
ちょっと全国ダブルで遊んでいたくらいであんまりポケモンの対戦はやっていません。たまにやりたくなったときにやったりはしますが多分自分と同じような人もいるのではないでしょうか。

振り返ってみるとこのルール、楽しかったなと。大舞台で結果を出すことができた、それによって自分という存在を認知してくれた人が増えてくれたこと、本当に嬉しかったです。日本に限らず海外の方からもSNSで話しかけてくれるようになったのは今までからは考えられないですね。英語ができないので言語の壁には少し困りましたが。しかし、やっぱりWCSに参加することができなかったのは悔しいという気持ちも大きいです。アナハイムの会場で戦いたかったし、応援もしたかった。心から祝福してるのに直接言えずに「ウォルフォンさんにDay2おめでとう!って伝えてもらえますか?」って頼み込むの今思うと本当むなしいなって。
そんな嬉しさも悔しさも全部詰まった思い出の深いルールとなりました。
思い出深くなかったらそもそもこんな記事書くこともなかったでしょう。

・これから
とりあえず次のVGCが始まるまではほぼ休止状態、軽く遊ぶ程度になると思います。(2か月程度の間ですが)
ただ、グロリアで少し名が売れたとはいえそれはその日運が良かったから勝てたわけでまだまだ強者というには程遠い実力だと思っています。
なので少しずつでも実力を磨いていき、VGC2018が発表されたら今度こそWCS目指して頑張りたいと思います。
それではみなさん長いのにここまで見てくださってありがとうございました!

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事