ここから本文です
西表島、コピエの庭から
西表島の小さなカフェから見える自然と暮らしをお伝えします。

書庫全体表示

イメージ 1なり
朝早く学校へ向かう少年

木の枝はお昼の食事を作るときの薪ですって!
田舎の生徒はみんな木の棒を持って登校してるけど、そういう事だったのですね。

今年もあとわずか、いつの間にやら師走です。
去年の今頃は海外旅行の検討に入っていよいよ大詰めってところでした。




ツアーを検討する

まず最初にしたことはネットで「サファリツアー」を検索
エイビーロードやクラブツーリズムなど出てきた物を片っ端から見て
日にちと旅費で絞込み。
もちろんお任せのパック旅行。フリーでなんか無理です!
場所は決めていなかったけど、一番行きやすかったのがケニア。
予防注射もいらないし、アフリカの玄関口のようで飛行機もかなり飛んでる。
色々なツアーを参考にしながらどんな日程が良いか考えた。
有名なマサイマラがメインでじっくり回りたい。

旅費は、安いほうがいいよねえ。だって
次男君と行くから2人分の旅費がかかるんだから!
大手旅行会社は添乗員がいて安心できるけどやっぱり高い。
秘境専門の会社もいいけどやっぱり高めで無理。
2・3社あんまり聞かない所だけどかなりのプランを出してる会社と昔からある
お手頃な値段のパック旅行を企画している会社に絞り込んだ。



次、問い合わせ。

今どき安くて充実の旅行を企画してる旅行会社はパンフなんかないんですって。
サイトのプランや日程をみてネットで申し込み。ちょっと不安です。
メールで問い合わせして返事が遅い所は外す。
同じようなプランの旅行の内容を詳しく聞きたいけど、みんながみんな心配いらない安心できるとおっしゃる。
で、トリップアドバイザー
ここで宿泊予定になってるロッジやホテルをとことん調べた。
そしてブログ
アフリカ旅行の記事を読みまくった。

段々絞り込み、日程が似ているけどもう少し余裕をもって旅行がしたいとか
テントもいいけどトイレやシャワーが屋外っていうのは不安とか
ガイドはやっぱり日本語OKの方がいいよねえとか
旅行会社に問い合わせると変更可能な所もある。意外と融通が利いたのはoffシーズンだったからかな?
サファリカーも貸し切りになるし。



決定と申込み

決定したのは西表にもパック旅行で来ているTックス。
基本のツアーは5泊6日、19万9千円で燃油サーチャージ込み
サファリの日程を少し変更しマサイマラで1日延泊したい
ロッジは指定した所が宿泊可能となり、少しグレードが高い施設にに変更
ここまでのやり取りがスピーディーで信頼感がもてました。
何よりも機転を利かした対応がよく、時間の無駄を省いて最初の宿泊先を変えてくれたり、サファリの内容も希望通りに変更してくれたり。
基本のツアーからかなりアレンジしてもらえました。

似たような別会社のツアーもありましたが燃油サーチャージが別だとか
必要ないナイロビ泊がついていたりとかで
うまい具合にピッタリというツアーではない。
6泊7日でナクル湖1日ツアーもありナイバジャ湖のボートツアーも省くこと無く
マサイマラはランチをもって1日サファリになったしロッジも替えられたし。
という事で決定です!

海外旅行のアレンジなんて初めてだったけど良いプランになりました。
1月に入ってビザの申請もお願いして支払い。

今回の旅行代金は2名で53・7万円

いろいろ希望どうりになった割にかなり安く済んだと思います。

海外旅行のアレンジはお勧めだね!





飛行機について

飛行機はエティハド航空でした。添乗員は無しなのでちょっと不安でした
一人旅は無理で次男君も同行でしたが、かれも英語は☓!
のりかえがサウジのアブダビ空港だったのですが思ったよりわかり易い空港で安心しました。ただねトランジットの時間が長かった。
帰りには機内で言葉の壁でちょっと不愉快なこともありましたが、ま、それはね。
イメージ 3




宿泊先

移動時間を短くし無駄な時間を無くしてということでナイバジャ泊からエレメンタイタへ変更した。offで静かな石造りのロッジで湖が一望出来て良かった。
でも、食事は…ちょっとでした。

マサイマラのマラレジャーキャンプは大満足!事前にトリップアドバイザーで口コミや写真を見ていましたけど、実物はもっと良かったですね。
イメージ 2




最も大事なガイド

私たちのツアーは他の人がいない個人ツアーになってました。
ナイロビに到着から帰りの空港までドライバー兼ガイドです。
旅行中は次男君と3人での行動になります。
キクユ族出身のジョンさんは日本語が堪能。
埼玉の春日部に4年いたそうです。どうりでね^^。

今回は初めてのアフリカなのでまったく現地の状況がつかめなかった。
なので日本語が通じるガイドさんというのがどの程度なのか不安でもありました。
その点、ジョンさんは申し分なく良い通訳です。
でも、ですね…サファリガイドとして見てみると、
残念ながら私的には△でした;
サバンナでの動物を見つける技はあんまり…
もっぱらスマホと無線を頼りです。
私たちがあそこ!こっち!と言葉をかけることが度々でした。
そして客のニーズとかまったく気にしない。
サファリの時に、他の車でいち早く観察ポイントを見極めてそろそろと車を移動させるガイドさんがいます。
例えばチーターの親子の場合などチャイニーズの若い女の子をひとり乗せて回っていたガイドさんはチーターが親子そろって同じ方向を向いて座り込むと
ゆっくり移動して斜め前に出たのです。彼女は親子のチーターのベストショットが取れたはず。
けれど我々は後姿でした。ジョンさんは動く気が無かった。
ライオンの時も手前の一頭を見過ごしていたのでギリギリの所まで車が近づいてしまった。もうちょっと近くまで行ったらライオンたちは逃げたと思います。

野生動物以外にも木々や地形、土地の人々の暮らしにも興味があったので色々話しをしたのにあんまり関心を示さない。
うるさい客だと思ったかもしてないけど、何日も一緒に行動してるんだから
わたしが興味を示すものに同調して車を止めるとかゆっくり近づくとかやってほしかったね。

おおむね無難にガイドをこなしていましたけど、少し残念でした。
その時々の通訳としての仕事は良かったです。
イメージ 4

最後にチップをまとめて渡しました。
ガイドの仕事は毎回泊まり込みか出張みたいなもの。
家族とはゆっくりできないね。


  • 顔アイコン

    頑張りましたね
    私は今は怖いし 面倒で海外は無理
    ましてサファリとか個人ツァーとか恐ろしくて無理

    でもいい旅ができてよかったですね
    今度は一人でも行けるかもしれないですよ

    私はおひとり様ツァーに一度行ってみようかと
    思ってます
    それも国内で・・・

    おばにゃん

    2016/12/16(金) 午前 2:52

  • 顔アイコン

    > おばにゃんさん
    計画建てるの結構好きみたい^^
    でもやっぱり言葉が心配で一人旅は無理。

    今はおひとり様のツアーがあるみたいですね。
    気楽でいいかも。

    コピエ

    2016/12/16(金) 午後 7:09

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事