ここから本文です

Tsukimino's Railing Days!!

書庫全体表示

*−12/26 360 晴れ 189 116 45 −*

 以前は嵐くん・・・と読んでいたんですが、名称変更を希望されたので。これからはLEOくんと名称を変えてこれから載せていきたいと思います。

 今回撮影に行ってきたのが、東北本線です。先日の『北斗星』の廃止のニュースが流れたとき、大変ショックを受けました。それで、今回撮影に選び行くことになりました。

 前日の25日、遅番で仕事終わってから小山市内に向かいました。ネカフェで寝泊まり予定をして、立ち寄り湯を検索。思川温泉というのが目にとまり、そこにカーナビ検索してR16→R4で向かうと・・・なぜか温泉がある所では無く、思川の向かい岸から飛び越えて行けという、摩訶不思議な案内検索。やられました。ここ最近、カーナビ不安を覚えております。ハーベストウォーク小山の中の一画にあるんですね、温泉が。到着する時間が10分以上余計に掛かったではないか。思川温泉、なかなかの歴史があるみたいですね。露天風呂もあったし、ぽかぽかして良かったです。

 その後、小山市内のネカフェで、就寝。ネカフェ入って、ジュース持って席着いたらもうあっという間に寝床に変わりましたwそうそう、コンパクトデジカメをEX-ZR300からEX-ZR700にスペックアップしました。三脚も新たなベルボンに買い直しました。約2年ぶりに購入しました。そして、この日がそれぞれデビューになりました。

 朝5:26起床。LEOくんと約束していたので、朝6:03に栃木駅で待ち合わせ。こちらは5時台で到着。6:03過ぎても現れず。6:10、さすがに不安になり、電話したら見事予想が的中。寝覚まし電話になってしまいました。LEOくんが車で、小山市内をグルグルと走行。その間に朝日が昇りました。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

 約1時間半後に来て、合流。急いで「北斗星」を撮影すべく、?〜?の踏切近く。我らがたどり着いたときは既に信号は黄色で通過した後だったと思われます。数分の間に貨物列車が2列車。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

 次に向かったのは那須塩原。某撮影ポイントなんだけど、雪が舞い散りながらの撮影になりました。とっても寒かったですね。ここの撮影地、フェンスの金網が張られているので、そのフェンスをぼやかすのが大変。ですので、一部の写真はまだそれhが残っていますね(^^;
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14

イメージ 9
イメージ 10
↑同じ色した山形新幹線ですが、ライトの感じが違うのが解りますか?上は3000番代、下は0番台。下の写真がベストショットと思います。


 次に向かったのは、お腹を満たすことでした。何にしようか?行ったのは「道頓堀」のお好み焼き屋さんでした。いらっしゃいませポンポコポ〜ン。ただ、注文してから、品が出てくるまで時間が相当掛かりましたね。注文して20分。焼いて食べるまで10分程度。おかげで1時間半もいました。

 次の撮影地へ。LEOくんにしては珍しい直線の撮影地。片岡〜矢板間。ただ、付近の踏切(岡和田村道踏切)へ行ったら、泥が凄かったですね。以前はここの付近は村があったんでしょうか?首都圏では見られなくなってきた205系が活躍していました。1枚目は山手線、埼京線仕様。2枚目は京葉線仕様。残念ながら貨物列車が来なかった・・・。浦須坂へ向かう途中にEF66の貨物先頭車を見てびっくりしたけど。
イメージ 15
イメージ 16

 最後に、浦須坂踏切。ここも直線で有名撮影地の様でした。先客がいたくらいですから。E233系、205系。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20

 最後は宇都宮駅へ。北斗星を狙ったんですが、一眼の設定は誤って暗いままに。動画でご覧下さい。それと新幹線も撮影しました。新幹線の流し撮り、バッチリ(^^
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25

 このあと、帰宅の途に着く途中で佐野へ向かい、ラーメン食べてから別れました。だけど、あまりにも眠気が来て・・・やばい状況だったので、道の駅で少し寝てから帰宅。結局、家にたどり着いたのは2時近かったです。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事