ここから本文です

Tsukimino's Railing Days!!

書庫1.汽笛一撮TrainPhoto

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

JR西日本「瑞風」の「ザ・スイート」は最高125万円に。クルーズトレインの価格帯は「30万円〜100万円」で定着か

 (タビリス)
JR西日本は、新しいクルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレスみずかぜ)」の運行を2017年6月17日に始めると発表し、料金も明らかにしました。JRのクルーズトレインの運行は、JR九州の「ななつ星in九州」、JR東日本の「四季島」(2017年5月1日運行開始)に続く3列車目。1室2名利用の価格としては最高額となる1人125万円のコースを設定しました。

2泊3日の「ザ・スイート」は125万円

「トワイライトエクスプレス瑞風」は、かつて大阪〜札幌駅間を結んでいた寝台列車「トワイライトエクスプレス」から名前の一部を引き継ぎました。「トワイライトエキスプレス」は、日本の豪華寝台列車の草分けともいえる列車ですので、豪華列車の元祖の伝統を引き継ぐ名称です。
今回発表された料金は、1泊2日で2人1室の「ロイヤルツイン」が27万円(1人あたり、以下同)が最低価格。1人1室の「ロイヤルシングル」は1泊2日で33万円〜、最も価格の高い「ザ・スイート」は1泊2日で75万円〜となりました。2泊3日コースの「ザ・スイート」の最高価格は125万円です。

「四季島」「ななつ星」と比べると

JR東日本の「四季島」は、最低額が1泊2日コースの「スイート」で32万円、2人1室利用時の最高額が3泊4日コースの「四季島スイート」で95万円です。JR九州の「ななつ星in九州」では、最低額が1泊2日コースの「スイート」で30万円、2人1室利用時の最高額が3泊4日コースの「DXスイートA」で95万円です。
比較すると、1泊コースの最低額は「瑞風」が最も安いものの、全体の最高額も「瑞風」です。他社の最高レベルの客室が3泊コースで1人100万円以下の金額なのに対し、「瑞風」は2泊コースで100万円を超えました。
コース内容の異なる旅行なので、単純に金額だけを比較するのはフェアではありませんが、それでも「瑞風」の価格が際立って高いのは、「ザ・スイート」が、1車両1室の超豪華客室であることが理由とみられます。1人1室利用では、「ななつ星」の「DXスイートA」で最高155万円の価格設定がありますが、2人1室利用では「瑞風」が国内最高です。

「ザ・スイート」は4人まで使える

実際、「瑞風」の「ザ・スイート」は、列車の客室としては日本一の豪華さになり、日本の鉄道旅行のフラッグシップ的存在となる可能性があります。そのため、これだけの価格設定でも、おそらくは満室で、予約は困難になるでしょう。
ただ、「ザ・スイート」は、エキストラベッドにより最大4人まで利用可能で、その場合は2泊で1人90万円〜、1泊なら56万円〜という設定です。それでも十分高いですが、グループで豪華寝台客室を体験するには良さそうです。

割安な長距離列車の導入も検討

さて、これでJR3社でクルーズトレインが揃い踏みすることになります。日程は1泊〜3泊、価格帯は1室2名利用で1人約30万円〜約100万円というのが「相場」として形成されてきました。一般人がおいそれと乗れる価格帯ではなく、富裕層や外国人、記念日利用が主な客層になりそうです。
JR西日本では、「瑞風」の価格発表と同時に、「より気軽に長距離の旅を楽しみたいというニーズも多い」として、「瑞風」より割安な長距離列車の導入を検討する考えも示しました。詳細は明らかではありませんが、各社報道をみると、JR西日本管内で完結する列車をまずは想定しているようです。
いま、JRで鉄道旅行をしようとすると、青春18きっぷ(普通列車)、新幹線・特急、クルーズトレインという三階層からの選択となります。このうち、新幹線・特急とクルーズトレインの価格差が大きすぎますので、この間を埋める価格帯を狙ってくるのではないでしょうか。
JR3社のクルーズトレインは、たしかに魅力的ですが、「ふつうの旅行者」が気軽に利用できる価格水準ではありません。JR西日本が、「ふつうの旅行者」に向けた、「少しだけ贅沢な列車」を計画しているのだとすれば、そっちのほうが楽しみです。

この記事に

イメージ 1
イメージ 2
 
<<蒸気機関車 C58 1>>
 
撮影日は2005年9月14日。京都にある梅小路蒸気機関車館。この年は愛・地球博で
名古屋に行き、次の日には京都観光に行ってきてその蒸気機関車の「C58」を見て感動した1枚です。お召し用になっていて、しかもトップ「1」ナンバーなんでよ!!427輛製造された第1号。正面はD51にも見えなくもないですけどね。
製造は1938年(昭和13年)。正面には菊のご紋、側面には鳳凰の飾りが施されてあるんです。威風堂々とされていますよね・・・。今年最初の汽笛一撮はSL・お召しからでした。

この記事に

開くトラックバック(0)

『汽笛一撮 スペシャル〜EL・SL両毛号(試運転)その2』
 
*−  11/1 266 晴れ 163+114+29 −*
 
 月初に休み。今月は誕生月でもあるんです。がが〜ん。また年齢を重ねてしまう〜(−−;;
 
 さて、題名にも書いた通りのいよいよ2日後に迫った「EL・SL両毛号」最終試運転を撮影してきました。前回同様に岩宿駅下りで入ってくる方はそんなに混雑もなくて良かったんだけど、上りを撮影しようと思ったら人だかりが!!!それと、前回撮影した時、SLのヘッドマークは「さくら風」でしたが、今回は「ゆうづる風」になっていたのには大変驚きました。
 
 今回も撮影してきたので、ご披露致します。すみません、圧縮率の影響で変に見えていますが、写真をクリックすれば綺麗に見られます。。。今日も前回お話しさせて頂いた方と仲良くさせて頂きました、お礼も言えずすみません(^^;
 
 それと5枚目のSLを見上げた写真撮影が有ると思うんですが、失敗しました。この後、6枚目のようにSLをズーム撮影しようと試みたのが失敗でした。最後の車輌EF65まで入っていないし。我ながら、がっかりしました。何の為に三脚まで立てて撮影したのに・・・。この教訓を次回撮影することあったら生かしたいと思います。
 
 最後から2枚目の写真は・・・中井精也先生みたいに“あえて”手前にピントを合わせてSL暈かし撮影しました。
 
 
イメージ 1
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 8

この記事に

開くトラックバック(0)

『汽笛一撮 スペシャル〜EL・SL両毛号(試運転)その1』
 
*− 10/30 264 晴れ時々曇り 162+113+29 −*
 超遅番。それを利用しまして、11時過ぎに店近くの岩宿駅へ。いよいよ今週末に迫ってきた『EL・SL両毛号』の試運転が行われたので、久々にマイ一眼のEOS50D君を利用し撮影に行きました。その模様の写真を公開しておきますw
 
 ただ、残念だったのが午前中までの写真しか撮れなかった午後からの上り・高崎方面に向かうSLが撮影できなかったことであります。それでも、デジカメ動画及び一眼持って行って撮影できたのでよしとしなくてはいけないと思います。11:15頃に駅の券売機で入場券を購入し、駅ホーム入り口の改札で話をさせて頂いてから撮影させて頂きました♪そんなに人もいなくて、ラッキーでした。多かったらどうしようかと思っていたのでとても空いていて良かった。あと、EL側に取り付けてある《あさかぜ》風ヘッドマーク。そして、今回SL側にも往年の《さくら》風ヘッドマークがつきました。前回の9/20には見られなかったヘッドマークです。
 
 明日も走行するEL・SLの試運転。機会がある方は是非とも迫力あるシーンをご覧下さい。11/3は沿線共々、相当混むことが予想されます。自分みたいに仕事だったり、マジマジとSLを見るなら、明日見た方が良いですよ。
 
 下記の写真達はその写真達です。一部の写真の圧縮率がおかしく見えていますが、クリックすれば1024×768で見られます。しがない写真ばかりですが、どうぞご覧下さい。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 4
イメージ 3
 
<<583系 急行きたぐに号>>
 
撮影日は2010年10月19日。新津から運ばれてきて、静かに新潟駅に入線してきました。急行きたぐに号。まだこの時は、現役バリバリでした。約半世紀活躍した急行。運行区間は新潟−大阪間。撮影場所は新潟駅。世界初の寝台電車。この583系になったのは昭和60年から。今は臨時列車化されてしまった。自分の好きな国鉄形特急電車。この月光形電車が好き。
3枚目と4枚目の写真は今では見ることのできないA寝台車、自由席車。今年の1月にA寝台に実際乗車しましたけど、格別な思いが残りました。また乗車できる機会があれば、是非とも味わいたいそんな列車です。

この記事に

開くトラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事