大学病院部長が日本を斬る・・・・・・の?

医療問題を中心に様々な問題について考えてみたいと思います。

膵臓がん尾道方式:ルール無視は許せん

沖縄県知事だった翁長雄志(おながたけし)さん、元プロ野球選手・監督の星野仙一さんらの死因となった 膵臓(すいぞう)がんは、がんの中で最も5年生存率が低い 。見つかりにくく、発見された時には病状が進行し、切除できないケースが多いためだ。膵がんを早期に発見する取り組みが、広島県尾道市を起点に全国に広がりつつあるという。九州で「尾道方式」に取り組む鹿児島市の南風病院(338床)を取材した。    一方、日本膵臓学会のデータによると、ステージ1で見つかれば5年生存率は52・5%。大きさが1センチ以下だと約80%という報告もあるなど、早く見つかるほど生存率は上がる。   このため、南風病院は14年、広島県尾道市をモデルにプロジェクトをスタート。 膵がんの家族がいる▽糖尿病の発症から3年以内▽喫煙▽黄疸(おうだん) ―などの危険すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

オセロ世界王者:やるな〜ANA

2018/10/21(日) 午後 4:54

「本日、世界チャンピオンをこの飛行機にご利用頂いております。今回のチャンピオン、最年少優勝記録、 11 歳という快挙 でございます。この話をぜひお客様ともシェアしたく、少々お時間を頂きました。実を申しますと、 以前の記録は私自身が 1982 ...すべて表示すべて表示

旭川市議会は10日、赤字が続く市立旭川病院の経営再建をするため、11月から2年間限定で 医師や看護師らの給与を削減 するための条例改正案を可決した。市は年約1億3000万円の経費削減を見込む。   市によると、2017年4月以降 ...すべて表示すべて表示

厚生労働省での議論が佳境に入ってきた「医師の働き方改革」。勤務医の負担を軽減するための対策の一つが、 必ずしも医師でなくても可能な業務を他の医療職に移管する「タスク・シフティング」だ。 その中でも、医師の包括的な指示のもと、一部の医行為を行 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事