大学病院部長が日本を斬る・・・・・・の?

医療問題を中心に様々な問題について考えてみたいと思います。

診断書から見る日馬富士問題

貴ノ岩が九州場所を休場するために協会に提出した診断書は、最初の診断書の全治期間が過ぎた後で、暴行から約2週間後の今月9日付。入院した病院で「脳振盪(しんとう)、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中 頭蓋(ずがい)底骨折、髄液漏の疑い 」と診断された。だが複数の関係者によると、県警に提出された診断書は、けがの程度は軽く、骨折などはなかった、という。 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 日馬富士が貴ノ岩に暴行・・・ そして、巡業で相撲をとって、 被害届と診断書を提出・・・ その後 2 週間・・・ 入院して出された診断書が上記のものだとか・・・ 診断書は診断して書くわけですが・・・ 当然責すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

このブログは獣医療の間違い、嘘を暴いています・・・ 医療医学の専門家としてこのブログに書いていることは 全て正しい事を保証します・・・・ すべて国際的に評価をされている論文で証明しています・・・ ...すべて表示すべて表示

政府は24日、予防と検診の強化を柱とした第3期がん対策推進基本計画を閣議決定した。 がん検診の受診率を50%に引き上げることを目指すとした一方、受動喫煙にさらされる人の割合をゼロにするとの目標は、自民党の理解が得られず、盛り込むことを断念 ...すべて表示すべて表示

県立3病院に勤務する 医師の約3割が「過労死ライン」とされる月80時間を超える残業をしていた問題 で、浜田恵造知事は13日の定例記者会見で見解を問われた。「(正当な理由なく診察を拒めない)応招義務や主治医制度がある中、 直ちに勤務時間を劇的 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事