大学病院部長が日本を斬る・・・・・・の?

医療問題を中心に様々な問題について考えてみたいと思います。

割りばし事件後も医師の不当起訴続く

◆“割りばし事件”後も医師の不当起訴はなくならず 第 16 回日本臨床医学リスクマネジメント学会・学術集会シンポ https://www.m3.com/news/iryoishin/605160  結局、杏林大学割りばし事件とは、何であったのか。  関わった人は、誰一人満足していない。皆、傷ついている。  これからも、こんなことを続けていくのでしょうか?   5 月 26 日に都内で開催された第 16 回日本臨床医学リスクマネジメント学会・学術集会のシンポジウム「杏林大学病院割りばし事件裁判に学ぶ」で、ビデオ出演した埼玉医科大学総合医療センター病院長の堤晴彦氏は、こう訴えかけた。堤氏は“割りばし事件”の刑事裁判で、一審、二審を通して鑑定書や意見書の作成を担当、法廷で証言に立った立場からすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

このブログは獣医療の間違い、嘘を暴いています・・・ 医療医学の専門家としてこのブログに書いていることは 全て正しい事を保証します・・・・ すべて国際的に評価をされている論文で証明しています・・ ...すべて表示すべて表示

日大の選手が関学の選手にタックルをした・・・ 悪質だと・・・ 日大悪質タックル:関学こそ加害者だ https://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/41263792.html ...すべて表示すべて表示

全身の筋肉が徐々に動かなくなる 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因タンパク質を細胞内から除去する「抗体」を開発した と、滋賀医科大の漆谷真(うるしたに・まこと)教授(神経内科)のチームが31日、発表した。京都大、慶応大との共同研究で、成果は ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事