大学病院部長が日本を斬る・・・・・・の?

医療問題を中心に様々な問題について考えてみたいと思います。

動物関係

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

このブログは獣医療の間違い、嘘を暴いています・・・
 
医療医学の専門家としてこのブログに書いていることは
全て正しい事を保証します・・・・
 
すべて国際的に評価をされている論文で証明されています・・・
 
獣医の嘘は本当に酷く、全て自分達が金儲けするためだけに
嘘をつき続けています・・・(-_-)
 
獣医の嘘はこちら↓
獣医の嘘:貴方がペットを傷付け殺している
 
混合ワクチンを毎年接種するなんて狂ってる・・・
避妊で乳腺腫瘍は減りませんし、死亡率はぐんぐん上がります・・・
殺されますよ・・・
それも一生苦しんでね・・・(~_~)
 
今回はフィラリアの嘘について書いていきましょう
前回のはこちら↓
フィラリア予防:そもそも必要なのか
 
 
 
 
今回は獣医共の薄汚い嘘・・・
その中でもフィラリアについてまとめて行きましょう・・・
 
まず、獣医共が考え付いた渾身の嘘・・・
 
フィラリアに感染している犬にフィラリア薬を投与したら
危険だ、死ぬかもしれないという嘘・・・
 
この嘘によってネットや薬局で買いにくくなっています・・・
 
真実は、フィラリア感染犬にフィラリア薬を投与しても
何の危険も有りません・・・
全く無害です・・・<`ヘ´>
 
世界中の添付文書に安全である旨記載されています・・・
 
従って、皆さんはネットや、薬局で買えば
断然安く手に入れることが可能です・・・
 
 
 
嘘つき獣医はこいつら↓
 
狂った動物病院診療日記
 
フィラリアに感染してミクロフィラリア血症という状態になっているときに、それを知らずにフィラリアの薬を飲むと、ミクロフィラリアが肺動脈につまり、急激な肺高血圧からベナケバシンドローム(弁閉鎖不全による急性心不全)になったり、腎不全やアレルギーの症状を起こして動物が死亡する可能性があります
 
獣技士広報版
薬の作用で死んだ虫が犬の血管に詰まり、犬が突然死することもあるからです
 
このクラスになると、この間違いが本当のことだと
思い込んでいる可能性すら有りますね・・・
全部間違いです・・・<`ヘ´>
 
そして、書いた通り、獣医からフィラリア薬を買うことは
発展途上国の人達を殺すことに直結します・・・
 
絶対に止めてくださいね・・・<`ヘ´>
フィラリア薬ネットで買って社会貢献しよう(ノーベル賞)
 
 
 
 
 
次に感染率の嘘です・・・
 
「一夏予防をしなかった場合、30〜40%、三夏予防しなかった場合、
90〜100%の感染率」
 
こんな適当な嘘を平気で書ける所が獣医らしいですね・・・
 
論文によれば九州ですら10%程度・・・
室内犬に限ればたったの3%ですね・・・
 
97%もの愛犬が無駄なことをやられている・・・
犬が話が出来れば随分と文句を言っているでしょうね・・・
 
普通の室内犬にはフィラリア予防はそもそも必要ないでしょう・・・
それが今の日本の現状ですね・・・
 
 
 
 
そして、治療に関して、最近はより安全に、簡単に
治療ができるようになりました・・・
 
それまでも愛犬問題に繰り返し取り上げられていましたが
より安全に出来ますから、安心してくださいね・・・
 
 

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

このブログは獣医療の間違い、嘘を暴いています・・・
 
医療医学の専門家としてこのブログに書いていることは
全て正しい事を保証します・・・・
 
すべて国際的に評価をされている論文で証明されています・・・
 
獣医の嘘は本当に酷く、全て自分達が金儲けするためだけに
嘘をつき続けています・・・(-_-)
 
獣医の嘘はこちら↓
獣医の嘘:貴方がペットを傷付け殺している
 
 混合ワクチンを毎年接種するなんて狂ってる・・・
避妊で乳腺腫瘍は減りませんし、死亡率はぐんぐん上がります・・・
殺されますよ・・・
それも一生苦しんでね・・・(~_~)
 
今回はフィラリアの嘘について書いていきましょう
前回のはこちら↓
フィラリア:獣医から買えば人殺しになるよ
 
僕が叩くのは日本の小動物診療をやっている連中です・・・
嘘をついてペットを殺してまで収入を得ようとするこいつ等を
心から軽蔑します・・・
 
人間のクズで、社会のゴミです・・・<`ヘ´>
断じて許しません・・・<`ヘ´>
 
 
 
 
フィラリアの嘘に関しては
血液検査をして感染の有無を確認しないと
フィラリア薬を投与できないという嘘・・・
 
感染犬にフィラリア薬を投与すると危険だという嘘です・・・
 
これによってネットなどでフィラリア薬を買えなくしている
自分たちの金儲けのためならどんな嘘も平気な連中
それが日本の小動物臨床をやっている獣医共だ・・・
 
勿論感染犬にフィラリア薬を投与しても全く
問題ありません・・・
世界中薬局で買えます・・・
何の問題も有りません・・・<`ヘ´>
 
 
 
 
さて、今回はフィラリア予防・・・
そもそも必要なのかという問題・・・
 
獣医の嘘に騙されるな:フィラリアの嘘
 
獣医がよく書いている
「予防をせずに夏を過ごした場合の感染率は、1年目で約38%、
2年目で約89%、3年目では約92%と、感染の危険性は年々高くなります。」 
 
こんな文章見たことあるでしょう・・・
いつもの様に獣医の作り話です・・・
 
それが証拠に根拠、見たことないでしょ・・・
作り話ですから、根拠など有るわけが有りません・・・
 
獣医の嘘を見破るのは簡単です・・・
根拠を聞けばいいだけです・・・
絶対に答えられません・・・
 
 
 
 
では、論文ではどうなっているのでしょうか・・・
 

INFLUENCES OF THE PREVENTIVE USE OF ANTIFILARIAL DRUGSONTHE

TRANSMISSION OF DIROFILARIA IMMITIS IN HOUSE-DOGSINNAGASAKI CITY, JAPAN. Jpn. J. Trop. Med. Hyg ., Vol. 24, No. 3, 1996, pp.181183

 
暑い暑い長崎でさえたったの10%しか感染していません・・・
 
そしてこれが岩手になると・・・
 
北盛岡地区における犬糸状虫感染率の現状

岩獣会報(IwateVet.),Vol. 35 ( 1), 1416 (2009). 

 
2009年のデータで室内飼育ではたったの3%・・・
 
 
 
皆さんの愛犬が室内犬なら97%もの
大部分の犬達が不要なフィラリア薬を
飲まされていることになる・・・<`ヘ´>
 
本当に日本でフィラリア予防がどこまで必要なのか・・・
 
獣医がこんなに嘘つきでなければ簡単に分かるものです・・・
 
データを取ればいいだけですからね・・・
 
ところが正確なデータが全く出てこない・・・
という事は不都合な真実がそこにあるという事です・・・
 
獣医の今までの行動から推測するに・・・
フィラリア感染率は予想以上に低く、おそらく
殆どゼロなのではないか・・・
 
従って正確なデータを絶対に出さない・・・
 
この推測は間違っていないと思います・・・
 
皆さんには、フィラリア予防、今の日本では
必要ないと・・・
断言して良いでしょう・・・<`ヘ´>
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

このブログは獣医療の間違い、嘘を暴いています・・・
 
医療医学の専門家としてこのブログに書いていることは
全て正しい事を保証します・・・・
 
すべて国際的に評価をされている論文で証明されています・・・
 
獣医の嘘は本当に酷く、全て自分達が金儲けするためだけに
嘘をつき続けています・・・(-_-)
 
獣医の嘘はこちら↓
獣医の嘘:貴方がペットを傷付け殺している
 
混合ワクチンを毎年接種するなんて狂ってる・・・
避妊で乳腺腫瘍は減りませんし、死亡率はぐんぐん上がります・・・
殺されますよ・・・
それも一生苦しんでね・・・(~_~)
 
今回はフィラリアの嘘について書いていきましょう
前回のはこちら↓
フィラリア:血液検査は全く必要ないよ
 
僕が叩くのは日本の小動物診療をやっている連中です・・・
嘘をついてペットを殺してまで収入を得ようとするこいつ等を
心から軽蔑します・・・
 
人間のクズで、社会のゴミです・・・<`ヘ´>
断じて許しません・・・<`ヘ´>
 
 
 
 
フィラリア薬の嘘に関して酷いのは血液検査が必要だという
嘘です・・・
 
これによって飼い主は獣医に行って血液検査をしてから
フィラリア薬を投与しないと死ぬかもしれないと
思い込まされている・・・
 
勿論フィラリア感染犬にフィラリア薬を投与しても
全く問題ないばかりか
フィラリア感染犬に対してフィラリア薬を治療薬として
投与することすら有るのですから
 
理論的に、医学的にも感染犬に投与しても全く問題
有りません・・・
 
勿論世界中の添付文書にも何の問題もない旨記載されています・・・
 
 
 
 
 
世界中安全な薬として薬局で買えるのに
日本では獣医の嘘によって、獣医の工作によって
処方薬に指定されてしまっています・・・
 
一方、この薬は発展途上国で未だに脅威となっている
オンコセルカの治療薬として人に用いられているという事実です
 
これによって日本人がノーベル賞を受賞しましたね・・・
 
 
 
 
これは北里から特許を取得したメルク社が無償で数千万人分の
薬を配布しているのです・・・
 
メルク社の収入はフィラリア薬の収入も勿論含まれます・・・
 
日本では獣医共が異常な高値で売り続けるものだから
数が出ない・・・
 
メルク社の収入を圧迫しています・・・
 
 
 
 
フィラリア薬をネットで買えばメルク社の売り上げも上がり
発展途上国の人を助けることになります・・・
 
獣医からフィラリア薬を買うことは発展途上国の
人達を殺すことになります・・・
 
獣医が自分たちで選択した路ですので遠慮なく
ネットで購入しましょう・・・
世界中で安全に売られている薬ですから
安心して使ってくださいね・・・
 
まだまだ続けます・・・<`ヘ´> 


フィラリア薬:狂った異常高値は人を殺すよ
フィラリア薬:獣医から購入は人殺しと同じ
フィラリア薬ネットで買って社会貢献しよう(ノーベル賞)
フィラリア:愛犬問題>>>>>>獣医共
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

このブログは獣医療の間違い、嘘を暴いています・・・
 
医療医学の専門家としてこのブログに書いていることは
全て正しい事を保証します・・・・
 
すべて国際的に評価をされている論文で証明されています・・・
 
獣医の嘘は本当に酷く、全て自分達が金儲けするためだけに
嘘をつき続けています・・・(-_-)
 
獣医の嘘はこちら↓
獣医の嘘:貴方がペットを傷付け殺している
 
混合ワクチンを毎年接種するなんて狂ってる・・・
避妊で乳腺腫瘍は減りませんし、死亡率はぐんぐん上がります・・・
殺されますよ・・・
それも一生苦しんでね・・・(~_~)
 
 
 
 
今回はフィラリアの嘘について書いていきましょう
前回のはこちら↓
フィラリア予防:もう必要ないよ
 
 
獣医がいつもの様に金儲けのために嘘をついています・・・
 
それは血液検査が必要であるというやつです・・・
よくもこんなこと考え付いたものですね・・・(-_-)
 
本来、世界中でフィラリアの薬は薬局、コンビニ、ネットで
買うことが可能です・・・
 
ところがこれでは獣医は食えんようになる・・・
 
フィラリア、食えんようになる、で検索を
 
そこで獣医が一致団結、フィラリアは危険なものだとの
一大キャンペーン・・・・
 
それでフィラリア薬を処方薬にすることに成功・・・
 
 
 
 
そうすると一転・・・
今度はフィラリア薬は安全だからどんどん買えと・・・
 
そうなると今後は一転・・・
ネットで買う人が続出・・・
 
そこで困った獣医が考え出した嘘・・・
 
それが、
血液検査をしてフィラリアの検査をしないと
陽性犬に投与すると危ないという嘘だ・・・
 
 
 
こんな嘘を必死で考え付いて犬を傷付けて・・・
もっと言えば発展途上国の人達を殺してまで
金儲けを考える日本の獣医は見下げはてた
人間のクズだ・・・(-_-)
 
 
暫くは獣医共が必死に考え付いたフィラリアの嘘について
書いていきましょう・・・(-_-)
 
 
フィラリア薬:ネットで買えば安全で安い
フィラリア薬:必要ならネットで十分!
フィラリア薬血液検査不要:ネットで買おう
フィラリア薬:ネット、薬局どっちが得?
フィラリア薬:狂った異常高値は人を殺すよ
フィラリア薬:獣医から購入は人殺しと同じ
フィラリア薬ネットで買って社会貢献しよう(ノーベル賞)
フィラリア:愛犬問題>>>>>>獣医共
フィラリア:愛犬問題vs 獣医共2
フィラリア:愛犬問題vs獣医共
獣医の嘘に騙されるな:フィラリアの嘘
獣医の嘘に殺されるぞ:フィラリア編
獣医の嘘、フィラリアの血液検査は必要ないよ
獣医の嘘・間違い:フィラリアに関するデタラメ
嘘・間違いだらけの獣医:フィラリア編
間違いだらけの動物病院診療日記:フィラリア検査は必要ないよ
間違いだらけの動物病院診療日記:狂った獣医
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

全く必要のない狂犬病ワクチン・・・
日本の様な清浄国では何の意味もない狂犬病ワクチン・・・
WHOも当然清浄国では必要ないと明記しています・・・
 
その狂犬病ワクチンで毎年毎年5500頭もの犬達が
殺され続けています・・・
 
明日は貴方の犬かもしれませんね・・・
自分の犬は大丈夫とか思っていませんか・・・
 
死んでも良いなら狂犬病ワクチン、打てばいいでしょう・・・
何の意味も有りませんがね・・・
 
 
前回のはこちら↓ 
狂犬病ワクチンで殺されている犬の数は
 
 
このブログでは獣医療の間違いを指摘続けてきました・・・
全て根拠を書いて真実を暴露してきました・・・
 
獣医療がこれ程無茶苦茶だとは想像以上の悪質さでした・・・
 
獣医の嘘はこちら↓
獣医の嘘:貴方がペットを傷付け殺している
 
避妊で乳腺腫瘍が減ったり寿命が延びたりしませんよ・・・
病気の予防どころが病気のデパートになって一生苦しみますよ・・・
残酷ですね・・・<`ヘ´>
 
塩分制限やらフィラリアの血液検査やら混合ワクチン毎年接種やら・・・
もうね、アホかと・・・<`ヘ´>
 
日本人ってこんなにアホばっかりなの・・・<`ヘ´>
 
 
これからは春の風物詩・・・
世界の笑いもの・・・
獣医の収入のためだけに行われている
日本の狂犬病ワクチン接種・・・
 
この何の意味のないワクチンで殺されないために
どうすればいいのか・・・
 
狂犬病ワクチンで殺されないために
 
 
 
 
まずは世界の常識を知ることです・・・
 
世界の常識とは狂犬病の清浄国では狂犬病ワクチンが
必要ないという事です・・・
 
清浄国とは日本の様な狂犬病が存在しない国です・・・
先進国で有ればいったん清浄国になればたとえ
侵入したとしても流行することなど有り得ません・・・
 
だからWHOも清浄国での狂犬病ワクチンなど
不要と書いているんです・・・
 
侵入したときに接種率が70%ないと流行すると獣医が
書いていますが、嘘です・・・
作り話です・・・
 
間違いだらけの動物病院診療日記―狂犬病ワクチン3
狂犬病ワクチン不要:70%の嘘で殺される
 
世界の常識を知りましょうよ・・・
日本の獣医がどこまでも腐っていることがはっきり分かりますよ・・・
 
 
 
 
次にどうしても法律違反が出来ないというまじめな
貴方に送ります・・・
 
狂犬病ワクチンは義務だから義務は守ろうという方・・・
では、全頭に接種して死んでも良いのでしょうか・・・
 
その場合猶予証明書などというものが必要だという獣医が
居ますが・・・
狂犬病予防法ではそのような制度は有りません・・・
 
さて、狂犬病ワクチンは医薬品ですから添付文書というものが
存在します・・・
 
添付文書に従って使用しなければならないというのが最高裁の
判例です・・・
最高裁の判例には法治国家として従う義務が有ります・・・
 
狂犬病ワクチンを接種してはいけない場合を列挙しています・・・
狂犬病ワクチンで殺されないために
 
こういう犬達に接種してはいけなのです・・・
現在薬を服用してる犬、高齢の犬など・・・
ご自身で判断すべきなんです・・・
本来なら獣医が判断すべきですが、狂犬病予防法には
その様な制度が有りませんから、飼い主であるあなたが
判断して接種を見送ってください・・・<`ヘ´>
 
そうすることで愛犬が無残に殺されずに済みます・・・
愛犬を守るのは飼い主の貴方なんです・・・
 
 
 
 
もう、この全く無意味な狂犬病ワクチン・・・
何の意味もない狂犬病ワクチン・・・
世界中の清浄国で接種されていない狂犬病ワクチン・・・
世界中の清浄国で必要ないことが知られている狂犬病ワクチン・・・
 
こんなもので毎年毎年5500頭もの犬達が殺され続けている・・・
明日は貴方の愛犬ですよ・・・
 
もう、いい加減に止めましょうよ・・・
止めたところで何も起きませんよ・・・
全く何も起きません・・・
 
何の意味もない、害しかない狂犬病ワクチンで
殺され続けるのは止めにしましょう・・・
それが人としてのあるべき姿です・・・<`ヘ´>
 
 
 
  
 

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事