大学病院部長が日本を斬る・・・・・・の?

医療問題を中心に様々な問題について考えてみたいと思います。

動物関係

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
このブログは獣医療の間違い、嘘を暴いています・・・
 
医療医学の専門家としてこのブログに書いていることは
全て正しい事を保証します・・・・
 
すべて国際的に評価をされている論文で証明しています・・・
 
獣医の嘘は本当に酷く、全て自分達が金儲けするためだけに
嘘をつき続けています・・・(-_-)
 
獣医の嘘はこちら↓
獣医の嘘:貴方がペットを傷付け殺している
 
混合ワクチンを毎年接種するなんて狂ってる・・・
避妊で乳腺腫瘍は減りませんし、死亡率はぐんぐん上がります・・・
殺されますよ・・・
それも一生苦しんでね・・・(~_~)
 
さて、今回は避妊で乳腺腫瘍が減っちゃうという獣医の
笑えない嘘を暴いていきましょう・・・
 
前回のはこちら↓
避妊で乳腺腫瘍は減らない上に早死にだよ
 
何故笑えないか・・・
 
避妊をすれば寿命は確実に短くなるうえに
いろんな病気になって一生苦しんで死んでいきます・・・
 
獣医共の嘘を笑って許せない理由です・・・<`ヘ´>
断じて許せません・・・
 
避妊で乳腺腫瘍が減る・・・
寿命が延びる・・・
獣医共がついている最も残酷な嘘の1つです・・・
 
 
 
まず、避妊で乳腺腫瘍が減らないことを示す前に
避妊手術について書いておきましょう・・・
 
そして、初めに獣医共がどういう嘘や悪質さを発揮しているのか
知恵袋などを示して、見て行きましょう・・・
 
 
 
 
こちら↓
ペット()の避妊手術中の死亡責任について
 
避妊手術で殺された人が相談し、それに獣医が答えていますね・・・
 
全身麻酔でお腹を開く手術なわけですから、行う側も受ける側も命がけです。
 
オカシイですね・・・
獣医は避妊手術は安全で簡単な手術だと説明しているはずですね・・・
結果について責任は問わないという文書を渡したということは
危険性についてちゃんと説明していないという事です・・・
それに寿命が延びるだとか病気の予防だとかいう嘘も
当然ついていたはずです・・・
だから手術を受けた・・・
 
ちょっと血が出ただけでも死んでしまいます。
 
いや、ちょっと血が出ただけでは死にませんよ・・・<`ヘ´>
 
死因が失血死による物で、あなたがその獣医師を訴え、損害賠償を請求し、司法が認めてしまったら、全ての獣医師は、訴訟を恐れて、チワワをはじめとする超小型犬の手術をする事を拒否します。
 
脅しですよ・・・
そうなったら貴方のせいだと・・・
悪質ですね・・・
 
こんな単純ミスで殺しておいて、負けたら手術しないという・・・
手術してくれなくて結構ですけどね・・・
儲けが無くなって泣くのは獣医だけですよ・・・
 
避妊手術などそもそも必要ありませんがね・・・
デメリットしかないのによく受けさせますね・・・
ま獣医の嘘に騙される・・・
これは騙す獣医が圧倒的に悪いですよ・・・
専門家と思っているわけですから・・・
それが組織的に嘘をついている、間違っているなんて
一般人は思いませんからね・・・・
 
もしくは、承諾書には、訴訟は一切起こさないというような文言が加えられるでしょう。
 
どこまでも獣医ってのはアホですな・・・
この文言が加えられてもその文章は無効なんです・・・
 
誰でも訴訟を起こす権利を有しています・・・
それを制限するのか公序良俗に反しますので
そもそも無効になります・・・・
 
どころか、ちゃんとした説明がなされていないとして
それだけで説明義務違反になりますよ・・・
 
そんなことすら分からんアホ獣医ってことです・・・<`ヘ´>
 
誰かを責めても、気持ちが晴れる事はありません。
 
散々獣医を擁護しておいて最後に責めるなとダメ押しする・・・
 
ミスが有ったのだから獣医に責任を取らせて賠償させれば
多少なりとも気が晴れますよ・・・
 
獣医に責任が及ばない様にと必死に擁護する姿は
ミスした獣医本人じゃないかとすら思わせますね・・・<`ヘ´>
 
次の回答もまた非常に悪質なものです・・・
次週解説していきましょう・・・<`ヘ´>
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

このブログは獣医療の間違い、嘘を暴いています・・・
 
医療医学の専門家としてこのブログに書いていることは
全て正しい事を保証します・・・・
 
すべて国際的に評価をされている論文で証明しています・・・
 
獣医の嘘は本当に酷く、全て自分達が金儲けするためだけに
嘘をつき続けています・・・(-_-)
 
獣医の嘘はこちら↓
獣医の嘘:貴方がペットを傷付け殺している
 
 混合ワクチンを毎年接種するなんて狂ってる・・・
避妊で乳腺腫瘍は減りませんし、死亡率はぐんぐん上がります・・・
殺されますよ・・・
それも一生苦しんでね・・・(~_~)
 
さて、今回は避妊で乳腺腫瘍が減っちゃうという獣医の
笑えない嘘を暴いていきましょう・・・
 
前回のはこちら↓
避妊で乳腺腫瘍は減らず寿命は縮むからね
 
何故笑えないか・・・
 
避妊をすれば寿命は確実に短くなるうえに
いろんな病気になって一生苦しんで死んでいきます・・・
 
獣医共の嘘を笑って許せない理由です・・・<`ヘ´>
断じて許せません・・・
 
避妊で乳腺腫瘍が減る・・・
寿命が延びる・・・
獣医共がついている最も残酷な嘘の1つです・・・
 
 
 
 
避妊と乳腺腫瘍に関する記載はHPに腐るほどあります・・・
例えば・・・
 
愛犬が乳腺腫瘍と言われたら [腫瘍]
犬の乳腺腫瘍は早期避妊手術がとても重要です。予防になるといってもよいくらいです。その発生率は最初の発情がくる前に避妊手術をした場合0.5%、3回以上発情を迎えてしまった場合は26%と大きな差があります。
 
しかし、犬の乳腺腫瘍の場合、とくに女性ホルモンとの関連性がきわめて高いと考えられている。事実、アメリカでの研究報告によれば、初発情前に避妊手術を受けたメス犬が乳腺腫瘍になる確率は、避妊手術を受けていないメス犬の約○・五%。また、初発情と二回目の発情のあいだに避妊手術を受けた場合は約八%。発情二回目と三回目のあいだに避妊手術を受けた場合は約二十六%となっている。
 
多分腫瘍だけを取る手術だと思うので、他の乳腺に新たな腫瘍ができる可能性を低くするために避妊手術をしてもらった方がいい気がします。(もちろん、100%防げるのではありません)自分の犬だったら手術してもらいます。
今以上高齢になってから子宮の病気になって緊急手術になったら、それこそ命取り。
(子宮蓄膿症だと命を落とすこともになることも…)
少しでも余裕がある今がお勧めだと思います。
 
次は悪質ブログ、動物病院診療日記・・・
「動物病院の獣医師は、避妊の是非について語る時、ほとんどの人が、「避妊・去勢はしておいた方がいいですよ。」というスタンスで話をします。
 
するのとしないのとを比べた時、手術をしておいた方が、圧倒的に得られる利益が大きいから、というのがその理由なのですが、動物病院や獣医師に不信感を持っている人の中には、もしかしたら、「利益目的で手術を勧めやがって。」と思う人も、中にはいるかもしれません。」
 
自分に不利な状況も書いて、それに対して反論して見せる
素人はコロッと騙されるでしょうね・・・
こいつは先天的な詐欺師と思われるくらい悪質です・・・<`ヘ´>
 
 
 
 
「早めに避妊手術をすることで乳癌の発生率は、ほぼゼロに近い数字になることの情報は飼い主さんに伝えるべきであると考えます。
 
獣医師広報版という所ですが、嘘ばっかり書いています・・・
嘘を広報する・・・
 
獣医は嘘をつき続けている・・・
獣医師広報版だから嘘をつき続けていいという事には
なりませんね・・・
 
 
 
 
では、獣医共がどうしても勝てない相手・・・
愛犬問題はどう書いているのでしょうか・・・
勝てないので嫌がらせをして憂さ晴らしという・・・
獣医ってこんなに情けないのかね・・・<`ヘ´>
 
このように全体的に判断すると、雌犬が乳腺腫瘍になる実際のリスクはほんの0.2%に過ぎない。
いずれにしろ、若いうちに避妊手術をしないと乳腺腫瘍になるリスクが増えるという説は、避妊手術をした場合、他のいろんな癌になるリスクが200〜400%も増加することと比較して考えなければならない。
 
 卵巣や睾丸の生殖腺は単に生殖に重要なだけでなく、発育、成長、および、生涯にわたる長期の健康にとって極めて重要な役割を果たしていることは明白である。
 
何が言いたいのか明白ですね・・・
 
リスクは上がる上に発育、成長において極めて重要な役割を
果たしている子宮、卵巣を若いうちに摘出することで
一生苦しみぬいて早死にさせられてしまうペット達の
なんとも残酷なことよ・・・
 
 
 
この問題はまだまだ続きます・・・<`ヘ´>
 
 
 
 
 
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

このブログは獣医療の間違い、嘘を暴いています・・・
 
医療医学の専門家としてこのブログに書いていることは
全て正しい事を保証します・・・・
 
すべて国際的に評価をされている論文で証明されています・・・
 
獣医の嘘は本当に酷く、全て自分達が金儲けするためだけに
嘘をつき続けています・・・(-_-)
 
獣医の嘘はこちら↓
獣医の嘘:貴方がペットを傷付け殺している
 
 混合ワクチンを毎年接種するなんて狂ってる・・・
避妊で乳腺腫瘍は減りませんし、死亡率はぐんぐん上がります・・・
殺されますよ・・・
それも一生苦しんでね・・・(~_~)
 
さて、今回は避妊で乳腺腫瘍が減っちゃうという獣医の
笑えない嘘を暴いていきましょう・・・
 
 
 
 
なぜ笑えないか・・・
 
それはペットは避妊により一生苦しんで苦しんで
殺されていくからです・・・
 
それは笑い話では済みません・・・<`ヘ´>
 
 
避妊は虐待:乳腺腫瘍は減らず寿命は縮むぞ
獣医広報版のデタラメ:避妊は虐待だ
獣医広報版の嘘、間違い:避妊に関するデタラメ
間違いだらけの動物病院日記―利益の為の避妊だよ
ペット避妊で一生苦しみ寿命は縮むぞ<`ヘ´>まとめ
避妊で寿命は延びないよ:論文分析の結果から
避妊で寿命は延びないよ:論文分析、データ解析から解説
 犬避妊で寿命が延びる?まさか信じてるの?
犬避妊で寿命が延びる?:愛犬問題 vs 獣医共
犬避妊手術で寿命が延びる?気が狂ったのか!
犬避妊手術で予防だと:貴方もどうぞ
犬避妊手術死亡率:獣医の悪質ぶり
犬猫、獣医の手術死亡は510%\(o)/!
犬猫、獣医の手術死亡は510%\(o)/!2
結論:避妊で乳腺腫瘍は減りません.
避妊で乳腺腫瘍は減りません:獣医共は狂ってる
 
まずは一通り読んで、獣医共がネット上に書いていることが
全部デタラメなのを理解してくださいね・・・
 
獣医師広報版や、動物病院診療日記など、無茶苦茶
書きたいことを書いているだけで事実とはまるで関係ない事を
書きなぐっているというのがよくお分かりいただけると
思います・・・
 
次回からは避妊で乳腺腫瘍は減らず、寿命が縮みまくるという
苦しんで苦しんで殺されても良いのなら避妊手術を
受けると良いでしょうと・・・
 
獣医共の嘘八百をとことん暴いていきましょう・・・・
 
獣医共が嘘をつく理由は避妊による収入を貪るため
ただその理由のためだけに皆さんのペットが
苦しんで殺されていきます・・・・
 
皆さんが殺しているのと同じですよ・・・<`ヘ´>
 
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

このブログは獣医療の間違い、嘘を暴いています・・・
 
医療医学の専門家としてこのブログに書いていることは
全て正しい事を保証します・・・・
 
すべて国際的に評価をされている論文で証明されています・・・
 
獣医の嘘は本当に酷く、全て自分達が金儲けするためだけに
嘘をつき続けています・・・(-_-)
 
獣医の嘘はこちら↓
獣医の嘘:貴方がペットを傷付け殺している
 
混合ワクチンを毎年接種するなんて狂ってる・・・
避妊で乳腺腫瘍は減りませんし、死亡率はぐんぐん上がります・・・
殺されますよ・・・
それも一生苦しんでね・・・(~_~)
 
今回はフィラリアの嘘について書いていきましょう
前回のはこちら↓
フィラリア予防:そもそも必要なのか
 
 
 
 
今回は獣医共の薄汚い嘘・・・
その中でもフィラリアについてまとめて行きましょう・・・
 
まず、獣医共が考え付いた渾身の嘘・・・
 
フィラリアに感染している犬にフィラリア薬を投与したら
危険だ、死ぬかもしれないという嘘・・・
 
この嘘によってネットや薬局で買いにくくなっています・・・
 
真実は、フィラリア感染犬にフィラリア薬を投与しても
何の危険も有りません・・・
全く無害です・・・<`ヘ´>
 
世界中の添付文書に安全である旨記載されています・・・
 
従って、皆さんはネットや、薬局で買えば
断然安く手に入れることが可能です・・・
 
 
 
嘘つき獣医はこいつら↓
 
狂った動物病院診療日記
 
フィラリアに感染してミクロフィラリア血症という状態になっているときに、それを知らずにフィラリアの薬を飲むと、ミクロフィラリアが肺動脈につまり、急激な肺高血圧からベナケバシンドローム(弁閉鎖不全による急性心不全)になったり、腎不全やアレルギーの症状を起こして動物が死亡する可能性があります
 
獣技士広報版
薬の作用で死んだ虫が犬の血管に詰まり、犬が突然死することもあるからです
 
このクラスになると、この間違いが本当のことだと
思い込んでいる可能性すら有りますね・・・
全部間違いです・・・<`ヘ´>
 
そして、書いた通り、獣医からフィラリア薬を買うことは
発展途上国の人達を殺すことに直結します・・・
 
絶対に止めてくださいね・・・<`ヘ´>
フィラリア薬ネットで買って社会貢献しよう(ノーベル賞)
 
 
 
 
 
次に感染率の嘘です・・・
 
「一夏予防をしなかった場合、30〜40%、三夏予防しなかった場合、
90〜100%の感染率」
 
こんな適当な嘘を平気で書ける所が獣医らしいですね・・・
 
論文によれば九州ですら10%程度・・・
室内犬に限ればたったの3%ですね・・・
 
97%もの愛犬が無駄なことをやられている・・・
犬が話が出来れば随分と文句を言っているでしょうね・・・
 
普通の室内犬にはフィラリア予防はそもそも必要ないでしょう・・・
それが今の日本の現状ですね・・・
 
 
 
 
そして、治療に関して、最近はより安全に、簡単に
治療ができるようになりました・・・
 
それまでも愛犬問題に繰り返し取り上げられていましたが
より安全に出来ますから、安心してくださいね・・・
 
 

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

このブログは獣医療の間違い、嘘を暴いています・・・
 
医療医学の専門家としてこのブログに書いていることは
全て正しい事を保証します・・・・
 
すべて国際的に評価をされている論文で証明されています・・・
 
獣医の嘘は本当に酷く、全て自分達が金儲けするためだけに
嘘をつき続けています・・・(-_-)
 
獣医の嘘はこちら↓
獣医の嘘:貴方がペットを傷付け殺している
 
 混合ワクチンを毎年接種するなんて狂ってる・・・
避妊で乳腺腫瘍は減りませんし、死亡率はぐんぐん上がります・・・
殺されますよ・・・
それも一生苦しんでね・・・(~_~)
 
今回はフィラリアの嘘について書いていきましょう
前回のはこちら↓
フィラリア:獣医から買えば人殺しになるよ
 
僕が叩くのは日本の小動物診療をやっている連中です・・・
嘘をついてペットを殺してまで収入を得ようとするこいつ等を
心から軽蔑します・・・
 
人間のクズで、社会のゴミです・・・<`ヘ´>
断じて許しません・・・<`ヘ´>
 
 
 
 
フィラリアの嘘に関しては
血液検査をして感染の有無を確認しないと
フィラリア薬を投与できないという嘘・・・
 
感染犬にフィラリア薬を投与すると危険だという嘘です・・・
 
これによってネットなどでフィラリア薬を買えなくしている
自分たちの金儲けのためならどんな嘘も平気な連中
それが日本の小動物臨床をやっている獣医共だ・・・
 
勿論感染犬にフィラリア薬を投与しても全く
問題ありません・・・
世界中薬局で買えます・・・
何の問題も有りません・・・<`ヘ´>
 
 
 
 
さて、今回はフィラリア予防・・・
そもそも必要なのかという問題・・・
 
獣医の嘘に騙されるな:フィラリアの嘘
 
獣医がよく書いている
「予防をせずに夏を過ごした場合の感染率は、1年目で約38%、
2年目で約89%、3年目では約92%と、感染の危険性は年々高くなります。」 
 
こんな文章見たことあるでしょう・・・
いつもの様に獣医の作り話です・・・
 
それが証拠に根拠、見たことないでしょ・・・
作り話ですから、根拠など有るわけが有りません・・・
 
獣医の嘘を見破るのは簡単です・・・
根拠を聞けばいいだけです・・・
絶対に答えられません・・・
 
 
 
 
では、論文ではどうなっているのでしょうか・・・
 

INFLUENCES OF THE PREVENTIVE USE OF ANTIFILARIAL DRUGSONTHE

TRANSMISSION OF DIROFILARIA IMMITIS IN HOUSE-DOGSINNAGASAKI CITY, JAPAN. Jpn. J. Trop. Med. Hyg ., Vol. 24, No. 3, 1996, pp.181183

 
暑い暑い長崎でさえたったの10%しか感染していません・・・
 
そしてこれが岩手になると・・・
 
北盛岡地区における犬糸状虫感染率の現状

岩獣会報(IwateVet.),Vol. 35 ( 1), 1416 (2009). 

 
2009年のデータで室内飼育ではたったの3%・・・
 
 
 
皆さんの愛犬が室内犬なら97%もの
大部分の犬達が不要なフィラリア薬を
飲まされていることになる・・・<`ヘ´>
 
本当に日本でフィラリア予防がどこまで必要なのか・・・
 
獣医がこんなに嘘つきでなければ簡単に分かるものです・・・
 
データを取ればいいだけですからね・・・
 
ところが正確なデータが全く出てこない・・・
という事は不都合な真実がそこにあるという事です・・・
 
獣医の今までの行動から推測するに・・・
フィラリア感染率は予想以上に低く、おそらく
殆どゼロなのではないか・・・
 
従って正確なデータを絶対に出さない・・・
 
この推測は間違っていないと思います・・・
 
皆さんには、フィラリア予防、今の日本では
必要ないと・・・
断言して良いでしょう・・・<`ヘ´>
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事