飛騨を離れて40年 『私の昭和史』

過ぎ去った昔のことを、思いつくままに

全体表示

[ リスト ]

爆撃予告ビラ

  ?H1>爆撃予告ビラ
イメージ 1

イメージ 2

 法事が終わり、兄弟全員揃って昔話の最中、兄が「こんなものが残っていた」と焼け焦げた紙の束を持ってきた。
昭和48年の春先、失火によって自宅が全焼した折、一人家にいた親父が燃え盛る炎の中から必死で持ち出したのであろう、仏壇の引き出しに仕舞いこんであった我々子供達の通信簿の一部だった。
 其の中に写真の紙切れが2枚紛れ込んでいた。
縦横10cm×15cmほどの紙に表には縦書きの爆撃予告文、裏にはB−29の爆撃の様子の写真が印刷してある。
 紙質は和紙の様に少し柔らかく上質紙で、60数年経つとボロボロになってしまう新聞紙とは違い全く劣化していない。
おそらく終戦直前の昭和20年に撒かれたのであろう、予告地に高山が入っている、こんな飛騨の山の中にも予告のビラを撒いたらしい。爆撃は有ったものの、ほとんど被害はなかったと聴いたことがある。
 92歳で11年前亡くなった親父も、先月96歳で亡くなった母からも、このビラのことは兄弟の誰も聞いていなかったし、初めて見るものだった。
年齢の所為だったのか、徴兵に掛からず兵役の経験のない親父は、戦争の話はあまりしなかった、近所では軍隊の経験がある人や、出征して戦死した家もあったから、軍隊経験のないことに多少引け目があったのかもしれないが、此れを拾った親父は、誰に見せることもなく自分だけ見て仏壇の奥に仕舞い込み、以後口外することはなかったのだろうか・・・。 
 今年も12月8日が来る、70年前始めた戦争により、親達は勿論日本人全てが、言い尽くせぬ苦しみと多くの悲劇を味わった事を思い浮かべ、60歳を過ぎた兄弟4人と30代の甥や姪達と、上下焼け焦げた、皺くちゃのビラをつくづく眺めていた。

画像では少々読みづらいので、予告文を書き写します。
     
日本國民に告ぐ
 あなたは自分や親兄弟友達の
命を助けようとは思ひませんか
助けたければこのビラをよく讀
んで下さい
 数日のうちに裏面の都市の内全
部若しくは若干の都市にある軍
事施設を米空軍は爆撃します
 この都市には軍事施設や軍需
品を製造する工場があります軍
部がこの勝ち目のない戦争を長引
かせる為に使う兵器を米空軍は
全部破壊しますけれども爆弾に
は眼が有りませんからどこに落
ちるか分かりませんご承知のように
人道主義のアメリカは罪のない
人たちを傷つけたくありません
ですから裏に書いてある都市か
ら避難して下さい
 アメリカの敵はあなた方では
ありませんあなた方を戦争に引
っ張り込んでゐる軍部こそ敵で
すアメリカの考えてゐる平和と
いふのはたヾ軍部の厭迫からあ
なた方を解放することですさうす
ればもっとよい新日本が出来上
がるんです
 戦争をやめるような新指導者を
樹てて平和を恢復したらどうで
すか
 この裏に書いてある都市でな
くても爆撃されるかもしれませ
んが少なくともこの裏に書いてあ
る都市の内必ず全部若しくは若干
は爆撃します
 豫め注意しておきますから裏
に書いてある都市から非難して
下さい

閉じる コメント(10)

顔アイコン

いや・・・・凄いものが出てきましたね。私は、安全な植民地にいたので、ほとんど戦争の恐怖を知りません・・・私の戦争の恐怖は、囚われ人になってからの脱走・・・exodus・・・でした。
この爆撃の指揮官は「ルメイ」だったのですかね。NHKのdocumentaryでは、見事な、systematicな都市爆撃・・・結果的には余り効果はなかったと、戦後の反省だった様ですね。
戦略的都市爆撃・・・・日本軍の重慶爆撃が、その先導になったのだと言いますね。其処から「原爆」までの、時間的距離の短さ・・・AAmericaのManhattan計画の素晴らしさ・・・ここから、学んだのが、戦後の日本・・・・昭和30年入社の頃(高卒)の私の廻りで学卒社員が懸命に学んでいた各種の「管理技法」の殆どが、このprojectに発したものだと聞きますね。しかし、この文章・・・仲々立派なものだと思います。英語を禁じた当時の日本の愚かさをおもいます・・・。

2010/12/3(金) 午後 2:39 [ 伏魔人 ] 返信する

顔アイコン

なんかショッキングなものですね・・・凄いです。。

2010/12/3(金) 午後 3:47 [ sugi⇒トントン ] 返信する

顔アイコン

FUKUMAさん、おはようございます。
珍しいものが家に在ったのですね
不織布のような感じの紙で、化学繊維が混じっているのではと思われ、少々水にぬれても解けないようになっているのではと思われます。
この様な上質の紙で造ったビラを日本国中に撒いたのでしょうから、それだけ見ても当時の国力の差は歴然としていますね
事前通知の効果よりも、予告したとおり実践したことによる効果のほうが大きかったのではと思われます。

2010/12/4(土) 午前 9:11 KUNI 返信する

顔アイコン

[ Sugi⇔トントン ] さん、おはようございます。
此れまで我が家の誰も見たことも聞いたこともないものでした。
親父が2枚持っていたということは、他にも沢山の人が拾ったに違いありませんが、此れまで持っている話や、資料館等で実物を目にした事が一度もないのも不思議です。

2010/12/4(土) 午前 9:16 KUNI 返信する

顔アイコン

すごいものがでてきましたねぇ。
いいんだか、わるいんだかわからない内容ですが、
爆弾を落とされるのは間違いないんですよね。
人類は、今でもまったく進化していないように思えます。
ただの、動物だからしょうがないんでしょうかね。

2010/12/4(土) 午後 0:46 とんとん 返信する

顔アイコン

とんとんさん、こんにちは
戦争は古代から繰り返し行われています
人類は戦って物事を解決する習性を、常に持っているのかもしれません。
領土・経済・資源・生命・面子等血を流さないだけで、相手の事などお構いなしですから、結局は戦争になるのでしょうね。

2010/12/4(土) 午後 2:45 KUNI 返信する

顔アイコン

貴重な歴史資料です。制空権が握られていたころなんでしょう。
戦争末期の無益な原爆と空襲、戦争に事実さえ風化している中でこの「ビラ」の重み感じます。

2010/12/5(日) 午前 10:45 umi*om*kou8*24 返信する

顔アイコン

海さん、おはようございます。
珍しい物が出てきました
話には聞いた事は在りましたが、まさか我が家にあったとは・・・・
それにしても各地の資料館等で、今迄全くみ掛けなかったのが不思議です。おそらく膨大な量をバラ撒いたのでしょうから、沢山残っていると思われるのですが・・・。

2010/12/5(日) 午前 11:44 KUNI 返信する

顔アイコン

よく残ってましたね。貴重な、資料ですよ。史に関心ある方に相談しては?そして貴方たちの通信簿と。懐かしい言葉ですね。今は、「成績表」ですかね?
私も、引き揚げて着のみ着のままのなかに、何故か私の、通信簿がありました。当時は甲乙丙・・・?

他国の空で読み「日本は神の国」と信じひたすら、奥山から出てこなかった兵士。生きて変えることを恥と教えた上官は先に帰国しておりましたし、世の中の不条理を嘆きます。
勝ってもまけても犠牲は誰ですかね?
そうしない為の、「和」も段々、又脅かされそうです。
「平和ボケ」に目をさましいい手段を念じます。根本は「欲」からの戦いですね?
お父様の口惜しい気持ちを思います。(ーー;)
帰国して、父の日記を少しばかり持ってますが、見るたびに胸ふさぎます。私も自分なりの人生を整理したくは思ってますがなかなかできませんねぇ・・一日経つのが早い・・・です。(>_<)

2010/12/6(月) 午後 11:09 ボツボツ 返信する

顔アイコン

ボツボツさん、おはようございます。
戦地でも同じようなビラをバラ撒いたのでしょうね
異国の地で一方的に攻撃され、悲惨な戦いをしてた時、この様なビラを見た兵隊たちの心情が思いやられますね・・・。
内地でもこの様なビラを見て、自宅から非難出来た人は、ほんの一部の人だけだったのではないでしょうかね・・・。
アメリカにしてみれば、人命を救う事より、事前通告する事に意味があったのでしょうけれど・・・。

2010/12/7(火) 午前 9:05 KUNI 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事