飛騨を離れて40年 『私の昭和史』

過ぎ去った昔のことを、思いつくままに

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

炭売り

?H1>炭売り

 道路に雪のある冬は橇に、雪のない時期は荷車で
炭俵を15〜20俵積んで、母と2人街まで売りに行った
滅多に街へ連れて行って貰えないから、わくわくして出かける
街へ行ったら、飴を買って貰い、うどんを食って、そして何より大好きな汽車が見える。
荷物は重くとも行きはほとんど下り道、足取りは軽い。

 いつも買ってくれる店や、旅館などを回って売り歩くが
そんなには売れない、結局売れ残った分は
安くしか売れないけれど、いつもの仲買人の家に持って行って売り捌いた。

 いつも寄る菓子屋さんで、屑飴を買い、陣屋前のうどん屋さんで
持って行ったご飯だけの弁当のおかずに、素うどんを注文して昼飯だ
家では食ったことの無い、よくダシが効いて
上に載せた花鰹がシワシワと縮むうどんは、本当に美味かった。

 帰り道、陸橋の欄干に掴り、汽車が動くのを、何時までも見て居ても飽きない
貨車の入れ替えをするため、時々ポッと汽笛を鳴らし煙をモクモク吐き出しながら汽機関車が足の下を通り抜ける、周りが見えなくなるほどの煙と、石炭の匂い、紺色の作業服に、地下足袋を履いた人が、ひょいと貨車に飛びつき、赤と緑の旗を振って、合図をしながら貨車を引込み線へ入れている。

 何回か母にせかされ、ようやく陸橋を離れ家路を急ぐ
往復24キロばかりの砂利道を、荷車につけた紐を曳いて歩くのは、
小学生には結構きつかった。

 昭和30年頃の事だ
あの汽車も40年頃を境に、ジーゼルカーに変わってしまった。



拙ブロ:飛騨を離れて40年:私の昭和史・故郷編より転載
     http://blogs.yahoo.co.jp/koriasahi/7683095.html

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事