飛騨を離れて40年 『私の昭和史』

過ぎ去った昔のことを、思いつくままに

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

祝賀式

元日の朝

 ♪〜年の初めの試しとて〜
    終りなき世の目出度さを〜
    松竹建てて門毎に〜
    祝う今日こそ楽しけれ〜♪ 
 元日の朝、底冷えのする講堂に、紅白幕を張り巡らせ
小中学150人程の、生徒全員が整列し
君が代に続いて一月一日(いちがついちじつ)の歌を斉唱し
校長先生と、来賓の祝辞を聴き
各クラスで担任の先生と新年の挨拶を交わした。
 折角の正月の、其れも元日の寒い中での行事だったが
一年の初めに当り、祝賀の歌を皆で唱って、先生の話を聞くと
子供心にも何と無く、気が引き締まったものだった。
 昭和35年に中学を卒業したのだが、此の頃も式が有ったのか記憶に無い
小学校の時は確かに毎年行われていたのだが、何時の頃か無くなったようだ。
紅白の饅頭を貰えたのはこの時だったのだろうか
大きな饅頭が2個も自分の手の中にあるのは
なんとも嬉しかった。
   ※拙ブログ 故郷編 新年祝賀式より転載 2006/12/27(水)
http://blogs.yahoo.co.jp/koriasahi/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=%B8%B5%C6%FC%A4%CE%C4%AB

開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事