☆ HAPPY GO LUCKY ☆

ゴブサタシテオリマスガ、ミナサンオゲンキデスカ?

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全50ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

パン教室でショコラオレンジを習ってきました。



こう見えてハードパン。



ずっしり重たくて中はモッチリ〜の
ほろ苦く甘さ控えめの大人のパン!



しばらく忙しくて酵母の世話をできなくて、酵母は作ってなかったのですが

このパンを習って『また作りたい!』と熱い思いが蘇ってきたので
本日酵母を作り始めました。



って言っても、天然酵母ってなんだ?って話なので、詳しくは追々…








長女は目が悪くてコンタクトをしています。



コンタクトをはめる長女を見て、次女がたしなめていました。










『コンタクトの汁、こぼしなや〜!』









汁って…(;゜O゜)

黒豆寒天 ケータイ投稿記事

イメージ 1

料理教室でマクロビスイーツを習ってきました。




甘さ控えめで食べやすく、いくらでも食べられそう♪















いつも学校に行く時。



『なんだか今日はいけそうな気がする〜♪』と、あれこれ吟じながら出かけるメタボン。

(さすがにエロ詩吟ではなく、朝からガミガミ怒っている私へのイヤミを吟じます。)

しかし、今日は吟じず学校に行きました。




『ちっちゃいことは気にすんな!それ、ワカチコワカチコ〜♪』

と、穴の開いた靴下を履いて出かけて行きました…。

開く トラックバック(1)

天然酵母でライ麦パン ケータイ投稿記事

イメージ 1

今日はパン教室の日でした。



パン教室まで、車で一時間弱かかります。
のどか〜な、いい場所にそこはあります。








出かける時に気付いたことがありました。



車の表示ランプ。
バッテリーのマークが点灯していました。








これって、絶対に車を乗ってはいけないみたいですね…。



『この車、いつ止まっても分からんような車でっせー!』というマークみたいです。



それを知らずに、一時間は無事に乗り切りました。
ダンナにメールしてみたら、
『パン教室が終わったら、その辺りで車屋をさがして見てもらえ!』って電話がかかってきたんです。





は〜っ???

意味が分からへん!!!





いつ止まってしまうか分からんような車に乗ってウロウロさせる気かーっ?!



とんでもないところで止まったらどないすんねんなーっ!!!



ちょうど三日前くらいからダンナとしていて口を聞いてなかったのですが、
その喧嘩、とあることで私がダンナに



『だからアンタはヌルいっちゅうねんっ!!!』


って言ったことにキレられたのですが、まじでアンタはヌルいわっ!!!



まぁ、一番ヌルいのは、そんな中でもパン教室でパンこねてる私ですけど〜♪



すぐに車屋をパン教室まで来させるようダンナに言い渡し、
車はレッカーで自宅近くの車屋へ〜。



私は、画像の『天然酵母のライ麦パン』を習い、ゆっくりランチをいただき、
タクシーに乗って自宅に帰りました〜♪





で、タクシー乗ってる途中に気付いたこと。



家の鍵、車の鍵と一緒に付けたまんま車屋に預けてしもた〜〜〜。



ダンナに電話し、家の鍵を開けに帰ってくるよう頼んだヌル〜いヌル〜い私なのでした………。

イメージ 1

天然酵母で作るパンは、ゆっくりゆっくりと発酵させていきます。



昨日焼いたこのリュスティック。

こねてから焼き上がるまで12時間かかっています。



なので、いい香りに包まれて焼き上がったパンをオーブンから出す瞬間は
時間をかけた分ワクワクします。



焼きたての香ばしく、小麦の風味豊かなパンを味わえるのは、大事に大事に焼き上げた者の特権!



幸せを感じる時。






美味しけりゃ〜の話ですが………。






久々にまずいパンを作ってしまいました〜○| ̄|_







天然酵母パンにおける最大の敵!








酸味…。








酸っぱいパンが出来上がりました。






酸っぱいパン???

想像つかない方もいらっしゃるでしょう。

とにかくパンが酸っぱいんです。

こめかみがキーンとするくらい酸っぱいんです。
食べれたもんではありません。

幸いにも我が家には、酸っぱいパンであろうが何であろうが、
喜んで食べてくれるパン好き男がいます。



@ダンナ…



ダーリンに全部あ・げ・るぅ〜(^з^)/チュッ



味わって食べてね。









酸っぱいパ〜ン(~▽~@)♪♪♪

イメージ 1

最近我が家では、動物性の食べ物を控え、玄米と野菜を中心とした食事をとる『マクロビオティック』というものを取り入れています。



肉タブー、魚タブー、白米タブー、砂糖タブー、添加物タブーのエブリデイ。



メタボンが許すはずがありません。



毎日、夕方になると
『晩ご飯なに?』と肉料理があるかしつこく聞いてきます。



メタボンから牛乳を取りあげたら、おそらく気がおかしくなるやろうしね〜。



そして、長女と次女は玄米が苦手…。



毎日、夕方になると
炊き上がるご飯のにおいをクンクン嗅ぎ、玄米か白米かを嗅ぎ分けます。


スポーツをする成長期の子供たちだし、強要するのは可愛そうなので、肉も魚も、乳製品も食べさせていますが、
私自身はこの食生活を心がけています。



画像は、そば粉のクレープサラダ。

クレープは、そば粉と全粒粉、豆乳、なたね油で作っています。

味は、マクロビ的豆乳マヨネーズ!

超マヨラーのメタボンも文句なしの一品です。

全50ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事