ここから本文です
ペットシッター コロちゃんの自由時間
愛犬まりねとの生活ブログ

土曜日は当店主催「ペット薬膳ごはん講座」を行いました。


シニア、パピー犬を飼われている飼い主さん方。朝早くから遠く遥々お越し

いただきました。


いつもブログに書くことですが、昨今ペットも人間同様長寿化が進み、シニ

ア期が長くなった分、健康寿命をどう延ばすかが問われています。


れには若い時からの健康管理。病気になったらどうするか、では無く、ど

うしたら病気にならないか、に労力、時間、お金をかけてほしいと、常に使

命感をもってお話しています。


中でも「食事」は一番の鍵です。なので、普通大抵の講座ではしてくれない

であろう「ドライフード」の検証、食事とは一見無関係そうな普段の生活行

動の検証までお付き合いさせて戴きました。

意外にも自分の子が食べているフードの成分をあまり理解していなかった、

少食の理由が実は別のところにあった。そういうことは、プライベート講座

でも多々あります。


「薬膳講座」とはいっても、何しろその子のありとあらゆる情報をリサーチ

し、的外れの無い食生活の方針を見い出して差し上げるのがカウンセラーの

仕事だと思っています。


よく名医は「問診が長い」といいます。特に東洋医学では、問診を重要視し

ます。病気をみるのが西洋医学、病人をみるのが東洋医学などとも言われま

す。


私は獣医師ではないので診断は付けられませんが、今の状態を放置しておく

となり得る病気の可能性のお話し、予防的ケアについては得意分野です。


本来病院は、病人を無くすための場所。けれど、それが必ずしもそうではな

いというのも事実。


ともあれ、私は最低でも犬たちを、本来飼い主が気をつけていればならなく

て済んだ「生活習慣病」にだけはさせないための予防的知識を、公私問わ

ず、今後も丁寧に飼い主さんたちにお伝えしてゆこうと思います。

現実、その場に直面しないとなかなか聞いてくれないのが大多数ですが…。



イメージ 1

会場です。いつもお世話になっています。
イメージ 2


お香をたいてリラックス。


イメージ 3


13歳チワワの、リク君。


イメージ 4


講座の後は一階のカフェで遊びました。


イメージ 5

講座の看板を会場に忘れ、夕方まりねと再び寄らせて戴きました。

この記事に

まりね、1月8日で7歳になりました。


東日本大震災が起きた2011年1月に生まれました。


兄妹もお父さんお母さんも分からないまま、千葉の保健所に収容され、危機

一髪、ボランティアさんに保護されました。


うちにはお見合いの末、同年5月8日、生後四ヶ月でやってきました。8日に

来たので遡って1月8日をお誕生日としました。


当初、何もかもが怖くて仕方がなかったまりねですが、根気強く、かつ、愛

情を持って育てた結果、今や知らないところに行くのもワクワクできる子に

なりました。2015年、住み替えによる引越しもありました。


まあ、何処に行こうとも、飼い主となら安心、という信頼関係の元に成り

立っているのだと思います。


後は飼い主に似たのでしょう。ビビリだけど好奇心もあり、ケロッとしてい

るところも多々あります。元々の気質と育て方、両方かもしれません。


さてさて、今日、まりねと豊洲に遊びに行ってきました。お誕生日のお祝い

とレジャーを兼ねてです。


いやー、オリンピックを前に、色々工事も進む中、常に電車移動のまりね

母。バギーで動くからこそ直面する、都内の不便に気付かされます。


地下鉄の構造上の問題からくるエレベーター不設置や乗り換えの不便。表示

分かり辛い。


後2年後、バリアフリーの先進国となるべき日本。諸外国から様々な方が来

ると言うのに、今のような状態で胸を張って「おもてなし」と言えるので

しょうか。


で、ららぽーと豊洲に到着。バギー乗車で1階フロアーは通行可。典型的な商

業施設でした。


でも、買い物する時は別に犬はいなくていいや、そう思いました。


それより、近隣の高層マンションの最上階を見上げ、高所恐怖症の私は、た

なびく洗濯物を見ながら、自分だったら足がガクガク。まず無理。人生の価

観の差を噛み締めました。


で、施設内で唯一店内愛犬同伴可の飲食店に入店。


まりねには普段食べ慣れない、おそらく豚と牛の合い挽きのハンバーグを注

文。それくらいしか選択肢がなかった…。


戸惑いながらも、まりね、油っ気が食いつきを良くしたのか、食べました。


でも、私の感覚から、普段不摂生をさせていないからこそ冒険できたわけ

で、年に1回に留めておきたい食事でした。


海沿いをしばし探索。


もし震災が起きたら、液状化とかどうなるのでしょうか。


ウォーターフロントの、非日常の側面と、ショッピングモールの利便性が同

居。人気が出るわけです。


ただ私は高所恐怖症の上に水も駄目で、戸建てにしか住んだことが無いの

で、こういうウォーターフロントは住む場所ではなく遊びに行く場所です。


でも、何でも百聞は一見にしかず。長所短所を見れたことは勉強です。


まりねとの絆がまた深まりました。


おめでとう、まりね。


7歳。シニアの入口に入ったけど、ママはブレずに、あなたの心と体の健康を

守り続けることを誓いますよ。



イメージ 1


豊洲に着いたよ。あー疲れた。


イメージ 2


働き方改革。私も模索中。


イメージ 3


確かに、ウォーターフロント。


イメージ 4


風が気持ちいい。


イメージ 5


ふー。


イメージ 6


ぽかぽか陽気に笑顔さ。


イメージ 7


ママ、腹減った。


イメージ 8


じゃ、何か食べましょう。


イメージ 9


ヘへ。良い子にしてよう。


イメージ 15


ハンバーグを注文。

サニーレタスとパプリカは要らないかな、後ふたひねりは必要かな。


イメージ 10


ハンバーグ。


イメージ 11


小さくして給餌。


イメージ 12


私はマルゲリータ。味は普通でした。


イメージ 13


ママ、ちと、眠くなったよ。


イメージ 14

お祝いしてくれてありがとう。
こちらこそ、ありがとう。
ささやかですが、お誕生日おめでとう、まりね。
これからも、後ろを振り向かず、ピンとくる場所があったら、どんどん遊びに行ってみようね。

この記事に

開くトラックバック(0)

2018年が始まりました。


三ヶ日は晴れていますが、相変わらずお湿りがないため、酷く乾燥してま

す。あれこれ気を遣いながら何とか風邪も引かずに過ごしています。


初詣はまだ。慌てることもないので、ほとぼりが冷めたら、まりね同伴で行

きます。


年末のレッドホワイト歌合戦も、あまり興味がないのでどちらが勝ったとか

全然知りません。年明けの新春番組も特に気になるものもなく、何気に再放

送ばかりで、時代のニーズがもうテレビには無くなっている気がします。今

多様化してますからね。


私の少女時代は、アイドル全盛期。歌番組、バラエティが凄く、まさにテレ

ビっ子。かくし芸大会が楽しみでした。今やもう、むやみやたらに予算がか

かる番組制作はやらないのでしょうね。


私はこの期間も仕事なので、いつもと変わらず早寝早起き。別に関係ありま

せん。


話は変わり、8日でまりね、7歳になります。年齢的だけでいえばシニアの入

口。でもかなり見た目若いです。とはいえ、体の変わり目であることは間違

いないので、色々気をつけたいです。


今年は犬たちの年。


ワンダフルな一年になります様に(おやじギャグ)。

イメージ 1


明けましておめでとうございます。

今年もまりねを宜しくお願いします。

イメージ 2

今年は戌年なので、優しくしてね。

イメージ 3


元旦、お雑煮を作ってあげました。


イメージ 4


うまい!


イメージ 5


昨日お友達と初顔合わせ。


イメージ 6


みんなビビリの保護犬仲間。


イメージ 7


お客様から手作りマーマレードを戴きました。


イメージ 8


いつもの仲間にもようやく会えました。


イメージ 9


ナデナデされて、嬉しいです。


イメージ 10


毎年恒例のお友達からのお年賀です。
しばらく玄関に飾ります。


イメージ 11

ままちゃんとまりね共用で毎日食べている、食塩無添加、真水で炊き上げた超塩っぱくない、サックサク食感の煮干し。普段煮干しはジトっとしていて嫌いなのですが、土佐屋の煮干しは安くて美味しいので続きます。

この記事に

開くトラックバック(0)

今年も残るところあと3日。


毎日、空気が冷たく、とにかく体を冷やさない努力、あらいぐま並の手洗い

うがいを頻回にしています。


うがいは、ペットボトルのお茶を利用しています。うがい薬も使い過ぎは喉

の粘膜に悪そうだからです。


後は、やたら用事を詰め込まないことと、眠れなくても早めに就寝し、不摂

生しないことです。


まー、若いときから、わりかしヤンチャしてきた方なのでその反動も大き

く、年齢的に、人以上に自分を労って、ようやく人並み…だと思います。


ともあれ、今年の夏場の異常な暑さ、秋は一番いい時期のはずなのに長雨、

冬は年内から極寒。


こういう環境の傾向は、今後毎年当たり前になってゆくのではないかと思い

ます。


体を確実に蝕む陽気。働き方生き方まで変更を求められそうです。


愛犬に対しての健康管理も昔の感覚では通用しないと考えます。


私は本業のシッターのほか、「病気の予防」に力を入れるペットのカウンセ

ラーとしても活動していますが、飼い主さんにも大きく差があり、色々気を

遣って貰っている子は大変元気ですが、あまり構われていない子は、若年の

段階から先天的病気の悪化、生活習慣病や内蔵機能の不具合に直面している

のを結構見ます。


食事、運動、ストレス、美容、ケア・・・、体はトータル。


動物は物を言えないからこそ、人間が先回りしてあげないと…、と思いま

す。いつも繰り返し書くことですが、飼育に「楽は無い」ということです。


まりね、今年も元気でいてくれて良かったです。愛犬への様々なケアは裏切

らなかった、ということです。


来年も先手先手のケアで愛犬の健康を維持してあげたいです。


皆様、良いお年を…。


イメージ 1


仲良しのふーちゃん


イメージ 2


寒いので会うお友達も少な目。


イメージ 3


男女関係なく好きな子にはお口をペロペロ。


イメージ 4


今年もお世話になりました!来年もまりねをよろしくお願いします!


イメージ 5

元気アップにマグロのごはん。今日はお昼にお灸もしました。まりねのケア、全て終了。後は自分のケアします!

この記事に

開くトラックバック(0)

今日はクリスマス。

先程まりねに、ささやかながら手間をかけ、お昼に作っておいたディナーを

提供しました。

今、満足して寝床に上がってゆきました。

今年もあと1週間。

自分のメンテをして、年末年始お仕事頑張ります。

イメージ 1

サンタさんのチーフ。

イメージ 2

昨日洗いカットしたので小ぎれいなまりね。

イメージ 3

わーい。ごはんだ!スープ付きだ!

イメージ 4

サーモン、ささみ、あさり、ブロッコリー、ポテト、ニンジン、くこの実、大根、しいたけ、パセリなど、具だくさん。

イメージ 5

愛情込めて作りました。

イメージ 6

完食…。作り甲斐があります。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事