ここから本文です
ペットシッター コロちゃんの自由時間
愛犬まりねとの生活ブログ
もう限界でーす。

と思いながらも、引きこもるわけにもいかず、老骨にムチを打って日々過ごしていま

す。

本当に今年の夏の暑さは異常です。

4月の頭からじわじわ暑くて、いったん寒くなって、そのまま梅雨だか夏だか分から

ない陽気がずーっと続いています。

梅雨の結露対策に家中の窓前面にプチプチ断熱材をしているのですが、何と今年は結

露さえしませんでした。それだけ夜間も気温が高く下がらなかったからと考えられま

す。

愛犬のまりねも、おやつの量もフードの量も変えていないのに体重が200g減りま

した。

犬の100gは結構大きいです。

とにかく人間同様、水分だけでなく、休息や睡眠をしっかりとらせることを意識して

います。

また、こういう時こそ、マッサージや薬膳ごはんがパワーアップを応援します。

前にも書いたことですがこの10年以内、世の中が大きく動いた気がします。

世界的な異常気象もそうですが、空から怖いものが飛んでで来そうな空気もあるし、

とても生き辛い、世の中になってきた気がします。

自分の仕事や私生活も含め、本当に見直しが必要な気がします。

そう思いながらも一方で、毎日をどうにかやり過ごしていかねば・・・・。

ともあれもう、1年の半分が過ぎました。

暑い寒いばかり言ってる気がする・・・。

イメージ 2

           みんなでがぶがぶ、お水を飲む。

イメージ 1

             暑くて、伸びちゃうよーーーー。

この記事に

開くトラックバック(0)

昨日、仕事の後、母方のお墓参りに行ってきました。

東中野のお仕事を終えた後、お墓は早稲田なので、仕事先からはそこそこの時間で行

けるのですが、炎天下の中、先代わん子たちのお参りもついでに行ってあげようと思

い、お参りの後、さらに哲学堂まで自転車を飛ばしました。

それが無謀だったのでしょう。途中、気持ち悪くなり、コンビニでスポーツドリンク

を一気飲みしたら落ち着きました。

熱中症の手前、いや熱中症になったのだと思います。

イヤー、対策はしながら出かけてきたのですが、対応出来ていなかったようです。

それでも故人と犬たちに会えて、ひとつ心が落ち着きました。これからますます暑く

なります。言い訳をしていると全然会いに行ってあげられない・・・。

気持ちも大事だけど形も大事だと思っています。

でも、これからの時代、温暖化もそうですし、いつ怖いものが飛んで来るか分からな

い。過去の常識や慣習に捉われて身を壊しては元も子もありません。

ま、性格的なもののあり、気になったことはやらないと気が済まない性質。一度にお

墓参りを済ませよう・・・というのがやはり無謀でした。

この夏、無茶はしない・・心に決めました。

イメージ 1
 
         まだお盆の始まりでお参りはこれからなのかな。

イメージ 2

先代、先々代ワンコのお骨、四年を境に皆、順次日高の牧草地へ移動となります。
   でも心で繋がっています。

イメージ 3

ママちゃん特製のお芋のおやつ。

イメージ 4

今年も活躍、シャツシャワー!

イメージ 5

仲良しロッティーと、はいチーズ!

この記事に

開くトラックバック(0)

まりねの迷子札が迷子になってしまったので、新調しました。

普通に歩いているだけなら、そうそう吹っ飛ぶことも無いのですが、お友達と毎日の

ように走ったりするので、気付いた時には行方不明。付属のリングも既成のもので柔

いので仕方ないです。今回で5個目です。

迷子札の話のついでに・・・。

迷子札の装着もそうですが、同じく鑑札と狂犬病予防接種の鑑札(またはシール)の

装着も大事です。意外とつけていない方も多いですが、災害時や脱走時など、いざと

いう時困ります。できれば鑑札と迷子札、そしてマイクロチップの三点セットは、何

でもない平時から身につけさせておく習慣を、セミナーなどでもお話させていただい

ております。

後、意外に怠りがちなのが、首輪やリードのチェックです。首輪も時々絞め直さない

と緩んできます。何かの弾みに犬が驚いたりして、スポット抜けてしまうことがあり

ます。そこでうちのようにwリードで歩いていれば、いざというとき、片方がカバー

しますが、通常だと抜けたら大事です。事実脱走・すっぽ抜けの話はよく耳にしま

す。

後、意外に見かけるのがハーネスリード1本でお散歩に出かけ首輪はしていない子が

います。

これも鑑札どころか首輪をしていないわけで、迷子札やチップ以前の問題です。

マナーもそうですが、犬が驚いて後ずさりすると簡単にハーネスは抜けます。

愛犬の命を危険にさらさせないためにも、面倒でも厳重な管理をお願いしたいもので

す。

ここ数日、言葉が無くなるくらいの蒸し暑さ。周囲も調子悪い方が多いです。

こういう時こそ、しっかり寝る・・・。

今、見直しが必要と危惧されている「睡眠負債」。

働き方も含め、生活全般の過ごし方について、私自身も見直し中です。

イメージ 1
 
             なかなかパンチのある迷子札。

イメージ 2

              札幌のお店みたいです。

イメージ 3
 
     犬も免疫力アップによく寝させています。足裏刈ったばかりできれいです。

イメージ 4

         久々にインドカレー作りました。鶏とナスです。

       奥のお鍋はまりねの夕飯用のお野菜とカツヲと鶏のスープです。

                      後はご飯を足して薬膳粥です。

イメージ 5

 夜がカレーなのに、昼もカレーうどん。ま、夏だし・・・。

この記事に

開くトラックバック(0)

いやー、週末、そう7月。

33度とか34度とか、真夏並みの気温が連日予想されています。恐ろしいーーー!

本当、先日も書きましたが、巷では変な咳をしている人が多々見られ、まず見つけた

ら逃げるようにしています。

夏風邪をひいたら、まず長引くし、ともかく私は仕事で代わりがいないので、風邪は

ひけません。

で、暑くなる前に、明日午後にでも免疫力アップのリンパマッサージの施術を受けて

来ようと思います。

後、最近は意識的に早く寝るようにし、ストレスをため込まないようにすること、

大豆製品やナッツ類・発酵食品・葉酸・鉄分・カルシウムの積極的な摂取をしていま

す。

普段犬にも薬膳を取り入れていますが、薬やサプリ・漢方に比べれば、食事による補

助食の摂取は、急に劇的に効果が現れるわけではなく、継続によりゆっくり効果が出

てくるものなので、焦らず、少量を長期的に、根気よく食べるということでしょう

か。飽食の時代だからこそ、あえて選ぶということです。見た目美味しそうなものは

巷に溢れているけれど、たまににしないと、無差別に食べていたらどう考えても生活

習慣病になりそうです。

先日の健康診査とがん検診。一部を除いて早々に結果が送られてきました。後日医師

による対面での結果報告もあるのですが、先に送ってくれるのはあり難いです。

一応各項目Aでした。太っている割に数値はいつも正常値。ただ見た目的にもう少し

痩せなさいということでした。

言われたことは真摯に受けます。でもとりあえず、漠然とした体への心配のもやもや

からは解放されました。

今年も半年が過ぎました。犬でいうと半年で2歳年を取ったことになります。という

ことは、去年と今年は体が違うということ・・・。なので毎年の健康診断はわんこに

とっても必要です。10月だと涼しくなるので古巣の病院で今年も受けさせます。

犬が可愛いからです。

イメージ 1
               
          日曜日、早々に不在者投票に行ってきました。

イメージ 2

             毎日通る競技場にも笹飾りが・・・。

イメージ 3

        「まーりちゃん、まーりちゃん、お鼻が長いのね」
        「そーよ、まりちゃんは長いのよー」

        ※それでもキッズたちに「柴」と間違えられる、まりね。

イメージ 4
          
        夕べは週に1度のお楽しみ。ささみとカツヲの薬膳リゾット。

イメージ 5

            満足した日は、お手てがシャキーン!

イメージ 6

             ママちゃん愛用のカルダモンのお香。

         夜は副交感神経を優位にさせてから、寝床に入ります。








この記事に

開くトラックバック(0)

4月上旬、季節外れの猛暑があり、その後いったん寒くなり、そして少し前までそこ

そこの気温で落ち着いていましたが、ここ最近また夏並みの暑さがぶり返し、そこに

湿気も入っていることから、人間も気圧と気候の変動とで、不定愁訴を訴える人も多

いようです。

巷には、耳を疑いたくなるような酷い咳をしている人を時々見かけます。うつさない

でーーーーー!!!!

一方、犬。

午前の仕事帰りの昼前くらいの一番暑い時間帯に、暑さと疲れでもうろうとしながら

自転車を走らせていると、こんな時間に犬・・・・・・・・。

特に地面に近い小型犬を、なんのためらいもなく、犬が辛そうにしているのに歩かせ

ている方が結構います。

思わず自転車を止め、飼い主さんに見入ってしまいます。

猛暑はまだ先とはいえ、暑さにまだ慣れていない犬たち。この時期の暑さからくる疲

労の蓄積が、本当の夏になり、クーラーガンガンのお部屋と外気との温度差で、体温

調節機能がおかしくなり、不調を起こしたりする可能性があります。

良くセミナーでもお話させていただくことですが、「夏場1度、手のひらやほっぺた

を地面につけてみてください」。

大事なわんちゃん、フライパンの上にいると同じです。

熱中症もそうですし、肉球が焼けることで、パットが薄い子など歩けなる子もいま

す。暑さで免疫力が落ちると、普段ならならない病気を引きこんでしまうということ

もあります。特にシニアの子、黒い子は注意が必要です。

そのためにも飼い主が、早く寝て早く起き、涼しいうちのお散歩に出てあげる。これ

も愛情です。

余談ですが先日のテレビでやっていた「睡眠負債」。7時間は寝ないとがんや認知症

のリスクが上がるということ。

でも・・・私は夏場は4時起きなので逆算すると9時には寝ないといけない計算で

す。

んんーーーー、かなり厳しいです。

ただ真夏は、炎天下の中帰ってくるので小一時間昼寝はするようにしています。

本当、今は昔と違うので、どうやって自己防衛するか・・・。工夫と知恵が必要で

す。

イメージ 1

 スーパーの笹飾り。キッズに交じって書きました。

イメージ 2

コート暑いので着せたくないのですが、雨の日と、
雨上がり原っぱに入る間は着てもらっています。

イメージ 3

まりねの後輩が公園デビューしました。こむぎちゃん4か月です。凄いいい子です!

イメージ 4

同じミックスを飼っているお姉ちゃんが結婚し、その子はご両親に預け、この子は最近保護

団体さんから譲り受けた子です。神奈川からここ杉並の実家に遊びがてら来てくれました。

1頭でも多く助かればと、ご両親と旦那さんとで決めたそうです。

ちなみに、今日は写真はありませんが、実家のわんこもまりねに似ています。代々茶色い犬

が好きなご家庭で、先代の子の写真を見せてもらうと、まりねそっくりでした。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事