光害地で星を撮る

大阪市のお隣の町で天体写真を撮っています。

全体表示

[ リスト ]

冬の惑星状星雲は個性的なものが多く、撮影意欲を掻き立てられます。その中でもNGC1535とNGC2392は、同じ様な色形、大きさをしているのですが、各々個性的な構造を持っており、何処までディテールの比較描写ができるのか興味を惹かれ、撮影してみることにしました。NGC1535は撮影時の高度が低く光害カブリの影響が懸念されましたが、そこそこ輝度があり、背景に埋もれることはありませんでした。NGC1535は5秒露出で良像約1700フレーム、NGC2392は2秒露出で約4400フレームをスタックしました。これらを天文ガイド2019年3月号に応募したところ、なんと最優秀作品に選出いただきました。本当に信じられない気持ちです。ラッキーイメージングの手法は基本ノータッチガイドで30分毎にチェックする程度と撮影時は比較的楽なのですが、撮影フレーム数が多ければ多いほど撮影後の作業が大変になってきます。ひょっとしたら、この辺りもご評価いただいたのかもしれません。また、惑星撮影で定評のあるドールカーカム式の光学系が惑星状星雲の撮影にも少なからず貢献しているのではないかと考えています。この光学系を推奨いただきました地元大阪の天文ショップ協栄産業のスタッフの皆様には本当に感謝しています。また、ブログや雑誌等でラッキーイメージングに関する情報を惜しみなく発信しておられる諸先輩方にも大変感謝しています。これらの方々からの情報がなければ、間違いなく最優秀どころか入選もしていなかったと思います。掲載画像と元画像を以下に添付します。

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 6

冬の惑星状星雲には小さすぎて見逃されがちなものが何個かあります。その中から対照的な発光色を持つ2つの星雲を撮影対象としてみました。IC351は視直径が10"以下とこれまで撮ったものの中では最も小さい星雲ですが、高輝度の緑色発光が特徴です。一方、IC418はうさぎの目のように赤く輝く姿が印象的です。IC351は1.5秒露出で良像約4800フレーム、IC418は0.5秒露出で約12200フレームをスタックしました。これらを組み写真として星ナビ2019年3月号に応募したところ、入選しました。星雲以外の星がほとんど写っておらず、寂しい画像となっていますが・・・。掲載画像と元画像を以下に添付します。

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 7

イメージ 5

閉じる コメント(6)

顔アイコン

最優秀&W入選、おめでとうございます!
最優秀作品も、エスキモー星雲をここまで描出した入選作品はなかったと思いますが、個人的には、やはり、星ナビのIC351とIC418の方に度肝を抜かれました。
自分もMT160で、IC351やIC418は撮影はしてあるのですが、
http://oozoradigital.web.fc2.com/html/i351.html
小さな天体を見事に捉えていらっしゃって感心致しました。

2019/2/7(木) 午後 9:46 [ UTO ]

顔アイコン

> UTOさん
コメントをいただき、ありがとうございます。IC418は構造が単純なため、正直どこまで精細に描写できているのかよくわかりませんでしたので驚いております。シーイングの良い日に適正露出でフレーム数を稼いだことが良かったのかもしれません。

2019/2/8(金) 午前 0:48 [ koropo ]

顔アイコン

初めまして、五月山のふもとにおりますYamashitaと申します。koropoさんのサイトがきっとどこかにあると思っておりましたがUTOさんのブログでやっと見つけました。
koropoさんは豊中のどちらですか。

この写真はIC418もよく写っていますが、IC351はほとんど画像が見つからない中でこの星雲に注目して見事に描写したのがすごいと思います。私はノーマークでした。
NGC7662も雑誌ではふーんという感じでしたが、やはり雑誌は結構つぶれてしまいますよね。このブログ上の画像は、かなり細かい模様が写っていて、それが一部の偽像を除いてほとんど本物、というのがものすごいと思います。

ご近所ですので、機会があればぜひお会いしたいです。今後ともよろしくお願いします。

2019/2/10(日) 午前 0:27 [ Yamashita ]

顔アイコン

> Yamashitaさん
はじめまして。コメントをいただき、ありがとうございます。おっしゃる通り、雑誌の印刷には表現に限界があるようですね。惑星状星雲はどこまで詳細な構造描写ができているかが命みたいなところがありますが、強調処理をやりすぎるとご指摘の通り虚像が発生し、違和感のある仕上がりとなってしまいます。この辺り、どこまで許容できるのかいつも悩みますが、ひとつの目安として恒星像に着目しながら行っています。恒星像の中がフラットで、且つ恒星周辺にリングが発生しない範囲で処理すると、星雲もあまり違和感のない仕上がりになるようです。
こちらは吹田、箕面寄りです。こちらこそよろしくお願いします。

2019/2/10(日) 午前 10:36 [ koropo ]

顔アイコン

初めまして 宜しくお願いを致します

私も昔々は天文少年でした!天文台に勤める夢も

有りましたが思いは叶わず!此の歳に為ってしまった

貴兄の凄い写真を見て尊敬しています

此の先も頑張って綺麗な写真をお願いします。

Dr.2011om 拝。

2019/2/23(土) 午後 9:28 [ Dr.2011om ]

顔アイコン

> Dr.2011omさん
はじめまして。コメントをいただき、ありがとうございます。私も天文関係の仕事に就きたかったのですが、親に反対されたこともあり成就しませんでした。天体写真はまだまだ駆け出しです。少しずつでも進歩していけるよう日々精進して参ります。

2019/2/24(日) 午後 5:45 [ koropo ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事