光害地で星を撮る

大阪市のお隣の町で天体写真を撮っています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

おおぐま座M82銀河

3か月振りのブログ更新になります。これまで惑星と惑星状星雲を中心に光害地の自宅庭で撮影してきましたが、次は銀河に挑戦してみたいという思いがありました。もちろん光害地で銀河の淡い拡がりを撮ることは無謀な挑戦であることはわかっていましたが、逆にラッキーイメージングでどこまで迫れるのか限界を見極めたいという気持ちが強くなり、トライしてみることにしました。そこでまず、銀河の撮影に適したCMOSカメラ:ZWO ASI183MM Proを入手しました。このカメラの写野角はミューロン180C+レデューサの焦点距離1760mmでは25.8’×17.2’となり、中小型銀河を撮るのに丁度良い写野角が得られます。対象としては光害地でも比較的撮りやすい高輝度のエッジオンタイプの銀河を選びました。その中でもM82はスターバースト域から噴き出すスーパーウィンドが印象的な銀河で、これがどこまで描写できるのか見極めるため撮影対象としました。LRGB画像については、光害カブリの背景から淡い星雲を浮かび上がらすため、透明度が良く月明りの影響が小さい日を選び、露光時間10秒で撮影フレーム数を稼ぎました。Hα画像に関しては露光時間を30秒としました。これは平均輝度をR画像と合わせるためだったのですが、これ以上増やすと光害カブリの中に画像が埋もれてしまい、且つガイドが流れ始めるという物理的な限界でもありました。スーパーウィンドを炙り出すため、Hαで14時間弱の露光を試みた結果、光害カブリには勝てませんでしたが、スターバースト域の詳細描写はある程度できたかと思います。この写真を星ナビ2019年7月号に応募したところ、入選しました。銀河での初入選です。以下に掲載画像と元画像を添付します。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事