叉焼飯飯店

大好きな香港をはじめ日本や澳門・台湾の街歩記、食べ歩記です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ウチのブルーレイ
まだ買って1年半ぐらいなのですが
なんだか半年以上前から調子が今イチ
最初はたまたまディスクのほうに問題があるのかと思ったのですが
どうも本体のよう。
ディスクの半分ぐらいで書き込みがとまってしまいます。
普段は10倍画像で録画しているのですが
そうすると1枚のディスクに20時間ちょいの映像がはいるのですが
その半分ぐらいしかはいりません。
だからダビングをしていくうちにディスクがたまる一方。
ブルーレイ用のレンズクリーナーも作動せず
音楽用のDVDも途中で画像が乱れるのもしばしば
レンズに何か傷でもついてしまったのでしょうかねぇ。
そう、以前買ったビデオをDVDにダビングしようと思って買ったHDDもはいっている3in1も
比較的早くDVDがだめになった。
この系の相性が悪いのか知らん??


     REBORN 山下達郎


今から20年前
ちょうど香港返還の頃はどの書店に行っても
香港本が溢れていたのに
今では忘れられたぐらい片隅に
あるいは中国本の中にごく一地方程度の扱いで置かれているのが現状
それに対してなんといってもすごいのが台湾
これについては学芸員Kさんのブログで現状をレポートされています。

そしてそん中で久しぶりに香港本が出版されたことを
Kさんのブログで知りました。
それがこれです。

イメージ 2「香港へ行ったらこれ食べよう」
いやぁ〜ん
もう表紙からたまらないじゃないですか
もうすっかりよだれもんです。

中身も
『飲茶』から始まり
『麺もの』に『ご飯もの』
『肉もの』に『海鮮もの』
『小腹にどん』に『甘いもの』
というラインナップです。

『肉もの』も『海鮮もの』も
どちらもけっしてお高いお店ではなく
街中の普通のお店で注文できるものばかり

今すぐにこの本を持って香港の街中に飛び出していけば
満足間違いなし
な、本です。
片側もしくは見開きに1品ずつ紹介されていますのでページを開いても
あるいは最初に指さしメニュー一覧もあります。
わたくしの大好きなあの店のメニューもいくつか登場しておりました。

で、この本のシリーズ
実は以前こちらを先にゲットしておりました。

イメージ 3ははは、書店で勢力を伸ばしてる
台湾本であります。
ころた、裏切ったな!!

こちらは先日
台湾へ行かれた方からの
ご紹介で即ゲットした本です。

台湾へ行ったのも
もうひと昔以上も前
そのときに台北の駅で見た駅弁
そして小鉄なわたくし
この二つがマッチして
いつの日か台湾で鉄旅をしたいなぁ
という思いをお伝えしたら
この本をご紹介いただきました。


イメージ 4
台湾の駅弁
いや台湾の弁当は『便當』ね

味付けしたお肉や
卵やさつま揚げ的なものや野菜や
ちょっとしたお漬物だったりが
ご飯の上にのっている
のっけご飯パターン
しかも冷たいご飯はたべない中華系ですので便當も温かいらしい

もちろんいくつかの種類や
お店や
場所によってそれぞれ特徴があるようです。



イメージ 5
お米は香港などのお米と違って
日本と同じようなお米
もちろん香港の焼き物のっけご飯も
大好きですが
不思議なモンで日ごろ食べている
ご飯とほぼかわらないため
海外めしというより気持ちは
日常めしのように
なんだか構えずに身体の中に
入っていきます。







イメージ 6
いつかは
便當をかって
新幹線やローカル線に乗って
旅したいなぁ
という、妄想をこの本で掻き立てています。

こちらは台北のほか弁屋さんのメニュー

どうやら東京錦糸町に
この台湾式の便當を食べさせてくれる
お店があるそうです。
今度探検せねばと思っております。




イメージ 7
ここからは日本のお弁当
二題


ちなみにこちらは
日本の駅弁
高崎名物の鶏のお弁当
いろいろな鶏が
ごはんの上にのってます。
もちろんうまうま。

高崎は行ったことないのですが
東京駅で買えちゃいます。






イメージ 8
こちらは崎陽軒のシウマイ弁当
あれ、ちょっと普通のシウマイ弁当と
違いますねぇ〜














イメージ 9

こちらは限定の
プレミアムシウマイ弁当でした。

そうそう
昨日と今日(だっけな?)
から揚げが多いバージョンと
煮たけのこが多いバージョンの
スペシャルシウマイ弁当が
販売される(ている)そうです。








これまた学芸員Kさんのブログで知ったのですが
またまた香港ミニチュア展がひらかれるそうです。
今度の会場はKITTEです。

イメージ 10
KITTEは
東京駅前にあった
中央郵便局を改築
後ろに高層ビルを足し前したビル

9/29〜10/9が開催期間

HPは こちら

以前の開催の様子は こちら







イメージ 11イメージ 12イメージ 13イメージ 14
























こちらは前回(2014年の風景)です。

先日は渋谷ヒカリエでPMQのお店が期間限定でしたが出展
香港で学校の先生をやっていた方が開かれたお粥屋さんや
広州の有名なお店のスタイル(らしい)腸粉屋さんやらが開店との情報も
台湾の便當を出しているお店といい、食欲の秋 街探検にも心と胃袋が踊ります。



     HERO 安室 奈美恵

いやぁ、これもびっくり。
その潔さはすごいもんです。
息子ちゃんも20歳になるのねぇ。
おじさんも年取るわけよ。

そしてSMAPだった3人が活動
新しい地図 というサイト ふむふむなんて見ていたら
東西南北をあらわすアルファベットのうちNEWは文字がひっくり返っているのにSだけそのまんま
そんなところから NEW SMAP の意味が隠されているとか
あたらしいNAKAMA が Nakai And Kimura And Mori And・・・
の意味が隠されているとか、
その謎解きに関心するばかりであります。
新しい彼らの動きにも大変楽しみです。
SmaSTATIONが終わっちゃったのはさびしいけどね。






まぁ、それとは別に世の中の動きは関心しないことばかりですが。。。
他国がどんどんと勝手な振る舞いをしている間の
国会が閉会中もどうでもいいことに時間をさき
解散しそうになるとこんな緊急な場合に何事かのような。
首相憎しなら、最も法に適した方法が選挙なのだから
喜べばいいのに、大儀がどうの、こうの。

解散権に制限を加えるという党首もいらっしゃいますが
ひっくり返せば、国民に問う、国民が投票するという国政に関る権利を制限するということにもなりかねない。
大儀を大事にするなら方向性がことなる政党、できたばかりで党の方向もわからない政党と
統一候補を立てるという方針も選挙を馬鹿にしているとしか思えないのですが。
というものの、選挙のための無理な公約を作ろうとしている与党も心配。

いずれにせよ、選挙が決まったなら
しっかりと投票をすることが大切。
そして結果はどうなるかわかりませんが国民が選択したわけだから
国民もそれに責任を持たなくちゃね。

マスコミはやるべきことはネガティブキャンペーンではなく
しっかりと投票に行くことだと思うのですが、
きっと先日の都議会選のような報道になるんでしょうね。
例の2つの学園問題や与党の政治家に対しての政治力とは関係のないネガティブな話題を報道し
(まぁ、最近は野党の人も加わりましたのでその人も含め)
それに対してのコメントを長時間流していくのかと思うとうんざりだなぁ。

単に権力憎しのかつての視点ではなく
未来志向での選挙
もちろんその未来は人それぞれではありますが

正しい国民目線で選択された選挙となることを願うばかりです。
争点はいろいろあると思いますが
憲法改正をきちんと争点にすべきだとわたくしは思います。
国民がどう考えているのかをきちんとそしてはっきりさせる時期じゃないかな。
ただ改正というだけでなくその中身を含めて。
それにより各政党のスタンスもはっきりすると思うのだけれど。
そこがうやむやの野党連合はどうよって、わたくしは思いますが。。。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事