東京朝鮮第九初級学校 アボジ会

第九の子供たちとアボジたちの情報広場です!

アボジ会2010

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

子どもの健康と
より良い学習環境を!

東京朝鮮第九初級学校エアコン設置基金事業
 
 
 
イメージ 1
平素より、私たちの民族教育の発展のために、格別なるご支援、ご高配を賜り、心より感謝申し上げます。
本校では、児童の健康面への配慮、また授業により集中できる環境を整備するため、今年各教室にエアコンを設置いたしました。
つきましては、当寄金事業にご賛同を頂き、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 
 
目標額:400万円
 
●寄付の手続き
 
・振込 振込先口座 ハナ信用組合 本店  
    口座番号 普通1128454
    口 名 東京朝鮮第九初級学校(トウキョウチョウセンダイキュウショキュウガッコウ) 
 
 
・現金書留  〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1−39−3
        東京朝鮮第九初級学校 エアコン寄金係
 
●お問い合わせ
 
 ・学校 03(3338)9525
  Koryo9@titan.ocn.ne.jp
昨年秋以降全く更新していなかったブログですが、緊急復活です。
東北、関東を襲った大震災。
日に日に被災地の様子が露わになってきています。
大地震、大津波により多くの人の命が奪われ、福島原発事故の影響も加わり1週間経った今もライフラインを絶たれた何万人の方々が苦しんでいます。
お亡くなりになられた多くの方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。
そして世界中を激震させた大震災の被害からの一刻も早い復興を祈ります。

被災した地域の同胞の皆さんの情報も少しずつですが見えてきました。そして被災地の同胞への支援の輪が広がっています。現在避難所となっているウリハッキョなどで暮らす同胞や日本の人たちに全国の在日同胞からの支援物資が届けられ始めています。被災地の皆さん、こんな時こそ在日パワーを発揮し心をしっかり持って頑張りましょう。同胞も日本の方もみなイルシムタンギョル(一心団結)です!

中杉支部からアボジ会宛に緊急速報と支援のお知らせが来ましたので、当ブログに掲載させていただきます。既に皆さんご承知と思いますが是非ともご協力くださいますようお願いします。

◆東日本大震災에 関한 緊急速報◆  

都内の被害状況を把握した結果、一部学校の窓ガラスが割れた等の被害を確認しましたが、人的な被害を含む深刻な被害は回避できたとのことです。
宮城 本部事務所は壊滅状態。東北初中の校舎は内壁が崩れ落ちガラスも割れ、入るのが危険な状態。学校全体が傾いている感じ。若干の同胞たちは学校(校舎は危ないので寄宿舎)に集まって過ごしている。給食用に備蓄していた食糧で急場をしのいでいる。近隣の避難所の八木山中学校で給水が行われており、同胞たちもたくさんいる。電力は復旧したが、水道、ガスはストップ。授業は教室では出来ず、食堂を分割して行う。連絡がつかない同胞も多数とのこと。総連本部では、引き続き同胞の安否確認と食料調達に奔走している。
福島 ウリハッキョの校舎に数箇所の亀裂が発生。教員たちは全員教室で一夜を過ごす。海岸のほうから避難してきた同胞たちも受け入れている。井戸水を利用している同校に同胞たちも水を求め来る。昨晩は同胞とその近所の友人たち8名が学校の教室に泊まった。まだ同胞の人的被害情報はないが、安否不明の同胞が複数いる模様。
茨城児童生徒たちは11日ハッキョに泊まった。学校に井戸水が出ることから日本の方も避難している。残念ながら火力発電所(東海村)で働いていた広島出身の同胞2名が亡くなられた。                 
ウリ信用組合 シャッター、エレベーター故障、停電などで営業困難。同胞パチンコ店舗も破損し営業停止。
岩手 総連同胞約100戸が被災、沿岸地域に関しては安否未確認。
全地域 食料、水、暖、衛生品、情報、ガソリンが不足している。
※ すべて3月15日の情報より 

◆中杉支部の緊急支援対策◆

 1.各種物資支援:白米、インスタント食品、缶詰、幼児用品(ミルク、おむつ、離乳食)、
 乾電池(単1〜4))、生理用品、衣類全般、トイレペーパー、毛布、ホカロン、マスク、
 ハブラシ、石鹸 など 

 2.救援募金: 口座名/中杉募金(ナカスギボキン)       
       口座番号/ハナ信用組合 本店営業部
        (普)1131269 

 各支援とも、総聯中央緊急対策委員会、総聯東京都緊急対策本部との連携のもと迅速に行ってまいります。物資は中杉支部にて随時受付ます。
(郵送可:杉並区高円寺南2-54-2 朝鮮会館) 
募金は、現金支援と物的支援に活用させていただきます。 

2011.3.17 
総聯中杉支部/女性同盟中杉支部/中杉商工会/中杉青商会/朝青中杉支部 

以上です。よろしくお願いします。




1016日の日曜日に開かれた毎年恒例の朝鮮学校の芸術競演大会の模様をお伝えします。
東日本地区の初中級学校の芸術クラブの生徒たちが一同に集い、会場はさながら大フェスティバルのような賑いでした。何よりも子どもたちの歌や踊りを応援するアボジ、オモニたちの多いこと!やはり昔とは違いますね。それから昔は初級学校でも地域での予選があり、そこで選ばれた子どもたちが全国大会に参加していましたが、今は中高級学校のみ全国大会が開かれるようです。
東関東地域の多くの学校が集まりましたが、どの学校も才能溢れる子どもたちばかりで、第9の子どもたちもとてもいい刺激になったのではと思います。
9の子どもたちは独唱、重唱、合唱、そして舞踊のプログラムでの参加です。

大会の結果は次の通り。
◎独唱(ハン・チュンヒョン君)〜銅賞
     (カン・チェオクさん) 〜銅賞
◎重唱 〜 金賞(すごい!!)
◎合唱 〜 銀賞
◎舞踊(創作/群舞)〜銅賞

生徒数が少なく日々あれやこれやと忙しい学校生活の中で、練習も十分に出来なかったと思いますが、それでもみんなの演技とても良かったです。心からブラボー!!です。来年は全種目金賞目指して頑張りましょう!!

 
イメージ 8
                                                                   男らしい野太い声で朗々と歌い上げる     
                                                                   ハン・チュンヒョン君〜かっこええぞ!       
                                                                   サッカー部の名ディフェンスは歌も上手!  

イメージ 9
                                                                    しっかりもののカン・チェオクさん。
                                                                    余裕たっぷり、表情豊かに歌いました。
                                                                    ヒューヒュー!! 
 
イメージ 7
  4年生から6年生までのお子たちの重唱。普段のやんちゃなみんなが自信たっぷり歌っていてとても微笑ましかったです。
 子どもたちの一生懸命な姿っていつまで見てても飽きないですね。昔懐かしい少年団の歌で見事金賞!

  イメージ 2イメージ 1
    舞踊部のお子たちの演技です。女の子を持つ親にはたまりましぇん。キャワイイ。男家族には羨ましいかぎり・・・
         イメージ 3イメージ 4
     子どもと蝶々と花の妖精ちゃん。うーんシュールだ!         メイクもばっちりざます!

イメージ 5
ささ、みんなでポーズっちゃ!(管理人が大好きなアラレちゃんの世界みたい?)

イメージ 6
        ついでに親たちも一緒に踊りましょって、んなわけないか。
        オモニたちも衣装づくりにスパンコール付けなど、この日のために頑張りました。
        スゴハショスムニダ!

イメージ 10
指揮の先生から合唱の写真いただいました。これで全員の写真載せられます。よかった!
 
イメージ 11
みんな、よく頑張りました!

さあ、次は1年の中の大イベント。第9コリアンまつり(バザー)です。
みなさん、頑張って働きましょう!!!(老体にむち打って・・・)






2010年も残り少なくなってきました。
このところ、東京も朝晩の涼しさが心地よい季節になりました。苦おしいほどに暑く長かった今年の夏がやっとどこかに消えてくれたという感じです。
 
 一昨日、久しぶりに我が第9のサッカー少年たちの眩しく晴れやかな姿を見ました。毎年第9が主催し杉並区の小学校の強豪チームが集う「ナルゲカップ」で、第9のサッカーチームが見事優勝しました。2週間前に大雨と雷雨により桃五との準決勝戦を1−1の引き分けのまま、PK戦をせずに終了し途中延期となった今大会。一昨日はいきなりそのPK合戦からの開始でしたが、双方落ち着いたシュート合戦の末我が校が勝利しました。そして迎えた決勝戦。相手はいわずと知れたシーダーズです。準決勝戦の桃五の少年たち(去年に比べて格段に強くなりました!)もそうですが、シーダーズの面々も第9の子の背丈をはるかに上回る大きな子ばかりです。しかし第9は序盤から終始攻撃力を崩さず走って蹴り続け、素晴らしいシュートで1点を入れそのまま優勝を勝ち取りました。第9の試合展開は見事でした。おめでとうみんな!!
 
 今日は実は一昨日の大会のことではなく、子どもたちも親たちも忘れられない思い出となった、あの夏の全国コマチュック大会(全国の朝鮮学校の小学生サッカー大会)のことを書こうと思います。86日から3日間にわたり大阪で行われた今年の大会は、子どもたちは勿論ですが親たちにとっても熱い熱い大会となりました。今回は初の8人制による大会で、第96年生を中心としたチームと4.5年生を中心とした育成チームの2チームでの参加でした。第9は当初から東京、関東では特に高学年のチームは優勝候補としてあげられていました。それだけの実力は確かにあったと思います。そうなると親たちのこの大会にかける熱意も半端ではなく、早くからアボジたちもオモニたちも第9サッカー部の大会サポートのために一丸となって動いたのです。勿論子どもたちの大会に向けた数ヶ月にわたる練習の成果は言うまでもありません。まだ幼い彼らがどんどん逞しく成長していくのを親たちは実感していました。そのおかげでアボジ、オモニたちの連帯感も子どもたちに劣らず強まり、大きな期待と希望を抱きながらに大阪に入りました。
 
 そして迎えた大会初日。高学年チームは4組での予選出場で関西の強豪2チームとの試合を順当に勝ち進み1位通過です。育成班も負けじと3試合を大差で勝ち、こちらも1位通過。(すごい!)全国制覇という夢が果たせるかもと、子どもも親も誰もが心の中で思いました。
そして2日目。まさかのアクシデントが第9サッカー部に起きたのです。炎天下のすさまじい暑さの中、チームの攻撃の要となる一人の選手が倒れました。初日の夜から高熱に見舞われ一睡も出来ずに朝を迎え、熱は下がらぬまま嘔吐を繰り返した彼は、この日みなと一緒に走ることが出来ませんでした。彼にとって、みなと一緒に試合に出れないことがどれだけ悔しく辛かったか。勿論それは彼にしか解らないことです。しかし第9の幼い勇姿たちは違いました。まるで彼の辛さ、悔しさを自分のこととして感じていたかのようでした。明らかに前日と皆の表情が違います。それは不安感から来る緊張感ではなく、絶対に勝つんだという信念から来るすさまじい緊張感です。筆者は今もあの時の彼らの姿、あのするどい眼差しを忘れることは出来ません。どこか自分が忘れていた本能的な闘争心、何かに向けてがむしゃらに突っ走っていた時の記憶が蘇ったようでした。そして迎えた試合。彼は親たちが見守る陣地に座り言葉なく仲間の姿をじっと見つめていました。
試合開始の合図。その時一人の選手が広大な会場に響き渡る声で叫びました。「サンギ!お前のために絶対勝つぞ!見てろよ!」その叫びとともに一点前をするどい目で見据える選手たち。そしてそれに呼応するかのように彼はしっかりと腕を上に挙げ、小さな声で「おう!」と応えます。一瞬、周囲の応援の叫びと慌ただしい動きがぴたっと止みました。そしてみなが感じました。「大丈夫だ。行ける。」そして周囲を囲んだ親たちから「よっしゃー!そのいきだ!」という大声援が飛びました。そして親たちの顔は涙でくしゃくしゃです。誰一人涙を流さなかった親はいませんでした。ここで繰り広げられた試合は、実際に恐らくこれまでの彼らのサッカーの集大成だったのではと感じます。去年の優勝校で今年も当然優勝を狙っている生野初級との熱戦で、両者とも小学生のサッカーとは思えぬ迫力と気迫、互いの技術がぶつかり合ったそれはそれは素晴らしい試合でした。しかし結果は引き分けでした。試合終了後、選手たちは遠くを見つめる彼の前で泣きじゃくりました。「勝てなくてごめん。」その言葉に彼も涙を隠しませんでした。筆者にとって開始早々から終わるまでのこの一連の出来事は、歓声も何も耳に入って来ず、それは淡々と心地よい緊張感の中で一遍の映像を観ているようでした。
 
 試合内容の話しはここまでです。何故なら結果優勝は出来なかったから。
それどころかこの後負けこそしないながらも失点数が反映され、結局上位の成績は納められなかったのです。それでもこの大会に参加した親たちは、第9の子どもたちを世界で一番誇りに思ったことは間違いありません。何故なら彼らのこれまでの努力と情熱がこんなにも豊かで強く暖かい心を育み、我が子たちが大きく成長したことを身をもって実感したから。そしてこれほどの感動をくれた子どもたちに心から感謝した日でした。そして彼らの美しいプライドを育て導いてくれた指導陣たちへ心から感謝の思いを伝えました。その夜は子どもたちへの尽きない愛と親としてこの大会に参加出来たことの感想をみなで語り合いました。勝てはしなかったけど子どもも大人もこんなにもみんなが一つになれたことの素晴らしさは格別です。
 
 こうして、熱い熱い夏が終わりました。
後日談ですが優勝候補だった他校のアボジたちがこの試合を見て、第9のサッカーはまるでレベルが違うと言っていたそうです。因みに忘れてはならない育成班のコマたち。彼らは大好きな兄ちゃんたちの悔しさをバネに見事全国3位の座を勝ち取りました。(えらい!!)
まだまだ書きたいことは山ほどありますが、この大会のことはこのくらいにしておきます。
 
 あの大会から2ヶ月が経ちました。そして一昨日のナルゲカップでの優勝はこれからの第9のサッカーが大いに期待出来ると感じさせてくれました。
その夜のハッキョでの焼肉パーティ。もうすぐ卒業してしまう6年の子どもたちが先生の周りに輪になって、小さな子のようにとても無邪気に楽しそうにはしゃいでいる姿がとても印象的でした。夏のあの勇姿とは全く違う、みなの愛情の中ですくすく育つ愛くるしい子どもの姿を、爽やかな秋の夜長と共に楽しみました。
 
長い長い文章ごめんなさい。
次は今週末の芸術競演大会レポート、出来たらしてみます。
 
 
イメージ 19

               イメージ 20

               イメージ 21

               イメージ 22

            

               イメージ 1

               イメージ 2

               イメージ 3

               


    イメージ 4イメージ 5イメージ 6 
  
 イメージ 7イメージ 8イメージ 9                 
    イメージ 10イメージ 11イメージ 12                 
    イメージ 13イメージ 14イメージ 15                
    イメージ 16イメージ 17イメージ 18





大変大変ご無沙汰してしまいました。
いつもご無沙汰のご挨拶からでごめんなさい!
今日はもうすぐ開催される第9バザーのお知らせです。
来る10月24日の日曜、第9にて毎年恒例のバザー「第9コリアンまつり」が開催されます。
第9のバザーも今年で10年目を迎えますが、毎年同胞たちは勿論のこと地域の大変多くの日本の方々にも大好評です。
今年のバザーは、この日に収穫した取れたて新鮮野菜の朝一、お楽しみ商品満載の昼一、そして伊豆下田から直送の海鮮市場のタイムサービスをはじめ、各学年のアボジ、オモニたちによる美味しさ百倍の食べ物市場が沢山登場します。
他にも子どもから大人まで楽しめるいろいろなイベントが目白押しです!
ご家族やご友人など、皆さんお誘い合わせの上是非ともご来場ください。

◎開催名:朝鮮第9チャリティマーケット「第9コリアンまつり」
◎日時 :2010年10月24日 午前11時〜午後3時 ※雨天決行
◎場所 :東京朝鮮第九初級学校
     東京都杉並区阿佐谷北1−39−3(JR阿佐ヶ谷駅下車 徒歩10分)
◎お問い合わせ先:03-3338-9525・0097

イメージ 1

※第9アボジの皆さんは今年も前日(23日)の準備及び当日のバザー運営にご参加いただきますようよ ろしくお願いします。詳しくはこのブログのお知らせとともに連絡網にてご連絡させていただきます。
 

開く トラックバック(1)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事