全体表示

[ リスト ]

KRELL pam-1

イメージ 1

80年代初頭、デビューと共にKRELLはブランドメーカーになりました。創立者のダゴスティーノ氏の夢と希望と狂気が詰まった初期の手作りアンプは、ファッションで言えばココシャネルが自ら手がけたビンテージスーツ。永遠に魅力を失うことはありません。

私自身がクレル沼に足を踏み入れたのは20年前にDW会長から譲っていただいたKSA100からでした。
一番濃いものを最初に浴びてしまいました(^^)

その後プリも増えて行き、PAM3,KRS2,KSA100,KMA100となりました。

KMA100/KSA100が第1世代の狂気を感じるアンプなのに対してPAM3,KRS2は狂気よりもどこかまとまりの良さを感じさせるプリアンプであります。1.5世代ですね。

10年来ここにハマるプリを探してまいりましたが遂に見つけました!
イメージ 2


pam-1。KSA100と同時に発表されクレルを一躍ブランドメーカーに押し上げた最初の製品です!

イメージ 3


筐体がつながっているだけで、電源も含めさゆう独立。ボリュームもモノラル*2です。

イメージ 4


フォノ系の充実さに時代を感じますね。


日本に正式輸入されたのはpam-2からです。というわけで並行輸入であります。
80年代初頭の輸入環境を考えると、どんなマニアが輸入し使われていたのか。これも興味深いですね(^^)

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

凄いのめっけましたねー。俺もPAM1は未経験です。PAM2にはパネルがシルバーが初期で、後期はブルーです。電源も初期は放熱のフィンがあり、後期はフィンはありません。中身は初期と後期で別物です。このPAM1の中身を見せてください。楽しみです。

2018/4/29(日) 午前 11:23 [ nazo_otoko ] 返信する

> nazo_otokoさん
会長からKSA100を譲っていただいて以来初めて見かけまして、これを逃したら一生出会えないかと何も考えずにポチってました(^^)

もちろんお持ちします!こいつは会長でないと測れませんね〜(^^)

2018/4/29(日) 午後 8:33 [ kos*toh*rs2*0 ] 返信する

顔アイコン

こさとうくん、まず天板開けて写真送ってください。

2018/4/29(日) 午後 10:30 [ nazo_otoko ] 返信する

> nazo_otokoさん
了解です。GW中には!

2018/4/30(月) 午前 9:36 [ kos*toh*rs2*0 ] 返信する

とりあえず電源ユニットはpam2の正面から見て正方形のものではなく長方形と違いがありますね。
実はこちらのpam1とシリアルが数番違いで電源一緒なので多分中身も同じかと思います。
会長のpam2ともまた違う構成ですね
http://clipx.co.jp/shop/Krell/PAM1/150110/PAM1.html
何にしても開けて見ます

2018/4/30(月) 午後 1:42 [ kos*toh*rs2*0 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事