全体表示

[ リスト ]

かゆ〜い季節 ケータイ投稿記事

梅雨入り間近になるこの時期に流れる、


「男の股間は痒い〜」って

男性3人が足上げて回転する水虫のCMがありますね


あれを見ると青春の1ページを思い出すの。


15、6の頃かなぁ

バレー部に所属してたかぼさんは

初めて「いんきんたむし」に襲われた。

最初はちょつと痒いなぁ〜で別に気にもしなかったが

ある日見て見ると酷い状態になってるではないか!

急いで家にあった「タムシチンキ」なる液状の薬を塗ることに。

塗ると患部(ご想像ください)が痛いヒリヒリ熱い ギャーと声がでる。


急いで扇風機で風を送り冷やすと痛さが紛れるのだ。


それを夜な夜な繰り返すのだけど、一向に善くならない。

効能にはたしか水虫 タムシと書いてた記憶が。



そこで、意を決して、薬局へ。

花の高1の男の子が水虫薬を買うことが

どんなに恥ずかしいことかご想像していただきたい。


チョイスしたのは軟膏タイプ。

沁みるのかと思いながら塗ってみると

全然痛くもヒリヒリもしない。無刺激なのだ。


この薬はよく効いた。2〜3日で全快。

心も晴れ晴れです。扇風機も普通の使い方に戻りました。




しかし、あの「タムシチンキ」の刺激味は30数年経っても焼き付いてます。

癖になりそうな刺激でしたね。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

かぼさんこんにちは。

青い果実の高校生がい〇き〇の治療薬をを購入する勇気あるかぼさんに拍手を贈りたい気持ちです。

チンキ製剤はエタノールが入っているのでデリケートな患部塗るのはNGです。
クリームや軟膏は前途の部分に対してはほとんど刺激性がないので〇ん〇んのみならず足白癬(水虫の原因のカビ)の箇所がじゅじゅして液剤を塗ると痛いという方に対しての第一選択のひとつです。

白癬と勝手に思い込んでお薬のセレクトを間違うと重症になることもありますのでできるならば皮膚科、女性でしたらレディースクリニックを受診され白癬菌がいないか確認してただいたほうが無難です。

いまは飲み薬で早く根治させる治療法が普及しています。 削除

2009/6/4(木) 午後 4:58 [ くりぃむぱふぇ ] 返信する

くりぃむさん
それで飛び上がるくらい痛かったんだ。
エタノールがなんだか知らないもんね。その前に成分なんか読まないし。
それ以来発症してません。もちろん水虫も。

でもい〇き〇で皮膚科は当時じゃ行けないなぁ。
今ならどうぞどうぞだけど。

2009/6/6(土) 午前 0:45 kabokabo 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事