ここから本文です

書庫全体表示

本日から5月に入りました。

と言うことで、今日の1曲はビー・ジーズの「First Of May」。
直訳すると「5月の最初」、つまり今日のことになります。
邦題「若葉のころ」は、恐らく歌詞の内容からのものだと推測されます。

無垢で純粋、やさしさ。
そんな言葉がぴったりの曲です。
 

 
若葉のころ

僕が小さく クリスマスツリーが高く思えた頃
みんなが遊んでる間も 僕らは二人でいたね
どうしてなんて聞かないで 時は過ぎてしまったけど
どこか遠くのなにかがきて 僕らを隔ててしまったね

今では僕らのほうが高く クリスマスツリーが小さく見える
君は時間のことなんて訊ねたりしない
僕らの愛の時は 消えはしないけど
巡り来る若葉のころに 僕らは決まって涙するだろう

僕らのために育ったりんごの木
りんごが落ちて行くのを 僕はじっと見つめてた
どの瞬間も全部覚えてるよ
あの日 君の頬にキスしたら 君は行ってしまったね


僕が小さく クリスマスツリーがずっと高く思えた頃
どうしてなんて聞かないで 時は過ぎてしまったけど
どこか遠くのなにかがきて 僕らを隔ててしまったね

  • 『小さな恋のメロディー』懐かしい映画です。
    今でも昔の純粋な心を思い出して感動します。

    メロディ・フェアが有名ですが、この曲も映画で流れていたのですね。

    マーク・レスターもトレイシー・ハイドも可愛かった…。

    [ You ]

    2011/5/1(日) 午前 1:43

  • Youさん、
    この映画は人間の純粋な部分を呼び起こしてくれますね。
    この曲も流れていました。映画をビー・ジーズの曲が守り立ててくれています。確かに2人とも初々しいですね。

    [ @sadatti ]

    2011/5/2(月) 午後 0:10

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事