ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
 
”若い連中には
オレに こう言ってくるのもいる

『おやじさん「素晴らしき世界」って
どういう意味なんだい?
世界中でおこっている戦争も
素晴らしいのかい?
飢餓や汚染は
どこが素晴らしいんだい?』

だけど このおやじの言うことを
聞いてみないか?
オレには世界はそんなに
悪くないと思えるんだ。
オレが言いたいことはね、
世界は素晴らしくなる・・・
そう思って行動すればね。
愛だよ 、愛。
それが秘訣だよ。
もっともっと オレ達が愛しあえば
問題も減るし、
世界はとびきり
いい所になるんだ。
それが このおやじの
ずっと言ってることなんだ。”
 
 
この素晴らしき世界


木々は緑に輝き 赤いバラは美しく
どれも私たちの為に 咲いている
そして ふと思う なんて素晴らしい世界

どこまでも青い空と まっ白な雲
光りあふれる日と 聖なる夜
そして ふと思う なんて素晴らしい世界

七色の虹は 美しく輝き
行きかう人々の 顔も輝いている
友だちが手をとり あいあいさつをかわし
「愛してる」と 言っている

赤ん坊が泣いて やがて育っていく
きっと たくさんの事を 学びながら
そして ふと思う なんて素晴らしい世界
ふと思う なんて素晴らしい世界
OH, YES・・・・
 

  • 今この歌を聴くと、歌詞の美しさに涙が出てきます。
    人には愛があるはずなのに…忘れてしまった人が多すぎる。
    でも…希望を捨てずに行こう…。

    [ You ]

    2011/5/25(水) 午後 10:22

  • Youさん、そうですね。
    この世の中を良くするのも悪くするのも僕たち次第。
    人は嫌がおうでも生きていかなければならない。
    それなら、いっそのこと素晴らしい世界にしよう!って思えたら
    どんなに幸せなことでしょう。

    [ @sadatti ]

    2011/5/26(木) 午後 3:03

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事