子どもの未来のために ♪ 子育てQ&A〜智頭病院小児科です

子どもたちから学び得たことを糧にご質問にお答えします。byouin@town.chizu.tottori.jp ←相談可能です。

全体表示

[ リスト ]

智頭小学校保健委員会平成26年度第1回;8月4日15時〜)における依頼を受けて、メディアの及ぼす影響と望ましい大脳発達についての内容でお話をしました。
♪ 各種のメディアによる子どもの大脳発達や生活習慣に及ぼす悪影響については、多方面から論じられています。
♪ 本会においては、「どうすれば良いか」に集中してお話ししました。
♪ 当日、紙印刷配布した資料に若干の解説をします。


♪ メディアを含めて、多種多様な環境要因の中で、めざすのは「幸せな人生」です。ただし、“幸せな人生”とは、どういう状態・あり方なのか、皆それぞれ異なる考え・思いがあるでしょう。
♪ 時間があれば、ワークショップ的な作業で、“幸せとは何か?”について、仲間・参加者が意見を出し合い、整えて、発表し合うことが願いですが、時間の確保は容易ではありません。
イメージ 1
♪ 子どもたちから学び得たこと、自身の人生体験を通じて、或いは(自身が大切にしている)“Globally thinking, locally acting”(Think globally, act locally; 地球的規模で学び・考え、地域で活動する)視点から、自身で整えたピラミッドモデルを提示しました。
♪ 最低限の「衣・食・住」が満たされていることをが根源的願いであり、これに「水・空気・安全」が確保されている状態があって、さらに人と人の関係性が良いことの三層構造で、幸せな状態・人生を示しました。
♪ メディアの問題性は、関係性の熟成が損なわれることにあります。
イメージ 2
♪ 電子顕微鏡の古典的な大脳発達のモデル図です。ネットワークは就学前後の年齢で大半が(前頭葉・連合野を除いて)基本構築が整います。が、一方で、常に新たに作り・造り、また、壊すことを大脳は続けています。
♪ 私事、還暦を過ぎても、大脳が発達していることを実感できていることに感謝しています。
♪ メディアの問題性は、幼少期から青年期にかけて、もっとも大脳発達が顕著な成長期に、人と人の関係性に係る発達の機会を逸することにあります。
♪ 共感性・思いやりなどの要素、人と人の関係性における感謝の念や励まし合いなどの要素は、社会生活を営む人間であるがゆえに、人生を通じて大切で、かけがえのないことです。メディアはそれらを損なう要素が大きく、危険です。
♪ ところで、「あなたの体調はいかがですか?」言い換えると、「自律神経系の機能はいかがですか?」・・・
♪ 自律神経系の詳細(な解説)はここでは割愛しますが、心拍数、(動脈の)血圧、静脈圧、消化・吸収、体温は、あなたの大脳が指図しないで、自動的に保たれています。尿量や発汗についてもそうです。素晴らしい、超大型コンピュータに相当するのが、命を支えている自律神経系です。
♪ 自律神経系の機能を損なうのは、実は、大脳の働きです。結果として、体の健康が損なわれることになります。
イメージ 3
♪  肥満・過食や塩分過剰・喫煙などは生活習慣病を悪化させる因子であることは、広く知られていることです。一方、それらの引き金にもなるのが、心のあり方、つまり、大脳機能のあり方です。イライラ・クヨクヨや、不平・不満・悲しみ・おそれ・緊張・怒りや(図には示していませんが)ねたみ・ねたむ(妬む)感情も、自律神経系の機能を損ねる要素になります。これらが生活習慣を悪化させます。
♪ 結果として、感染免疫やがん(癌)免疫を損なうことにもなります。
♪ では、望ましいあり方は・・・
イメージ 4
♪ あなたが、今、生きていること自体、とても素晴らしいことで、感謝するに値します。あなたの命は受精卵から始まりました。細胞分裂を繰り返し、器官形成をし、やがて、胎内から出生し、成長・発達し、今に至っています。
♪ この間、心臓を形作る細胞は、その役割を果たしつつ、細胞としての役割を終え(アポトーシス:自然死)、一方、細胞分裂が維持されて新たな細胞で心臓を形作るとともに、指令に基づいて、ポンプ機能を果たし続けています。
♪ その他、生命維持のため、成長・発達のために、細胞レベルでは、天文学的な数字での生き死にが繰り返されて、あなたの今があります。
♪ 人生・幸せを考えることは、「感謝に始まる」とも言えます。
♪ 以上の復習、再確認として≪大脳と幸せ≫をとらえてみます。
イメージ 5
♪ 大脳を活性化し、幸せを促す要因として、「勇気・笑顔・安心・感動・感謝・共感・信頼」などの熟語が該当します。
♪ 今、今から、達成可能な目標を一つずつ、一歩ずつ、進めていくことが願いになります。過去に囚われないように、自身の大脳を働かせることも大切です。
イメージ 6
 ♪ 問題を意識した際には、過去に囚われたり、責任論・感情論に陥り、望ましいあり方、つまり、達成可能な方法論を具体的に展開することが停滞していることが多いのです。
♪ とにかく、今・今からを大切にし、方法論が見出しがたい場合は、仲間・信頼している人や、支援機関に相談することになります。
♪ 子どもたちの場合は、親・先輩や教師などに相談し、達成可能な方法論について、共に話し合うことになります。
♪ 関係性・共感性を育み、自立・自主を促す言葉は・・・と書くと難しそうになりますが、あなたはどのようにお考えになりますか?
♪ 「ありがとう」・「うれしい」・「ステキだ」といった言葉や気持ちは、相手を勇気づけ、お互いの関係性を育むことになります。
イメージ 7
♪ 日本は儒教文化、つまり、男尊女卑、目上・目下の関係性が数百年続きました。戦後、この価値観が崩れていますが、言葉は今でも残っており、何気なく使われています。お分かりになりますか?
♪ 「うちの主人が・・・」や「自分の家内が・・・」、つまり、“主人”や“家内”は、今の男女共同参画時代にはなじみませんよネ!
♪ 儒教文化においては、指示・命令・強要が基本でした。男性が女性に対して、目上が目下の人に対して・・・
♪ 自身も経験がありますが、とくに思春期・青年期においては、指示・命令・強要の言葉や態度には反発しますよネ!
♪ 「困ったなぁ・・・」・「そうかなぁ・・・」と言った言葉や、「自分はこう考えるけど」などの示唆・気持ちを伝える言葉は、相手を傷つけません。練習が必要です。つまり、自身の大脳の構造改革が必要です。(自身も練習を重ね、大脳を改造しました。)
♪ メディアが子どもの大脳には“麻薬”的であり、家族の関係性に悪影響をもたらすことは明白です。
♪ 四半世紀も前になりましたが、鳥取県教育委員会(当時)社会教育課で、「生き生き鳥取っ子」のイメージづくりに参画したことがあります。委員には、鳥取大学などの心理学、幼児教育の教授や高名な退職校長、そして、医師は(県立中央病院小児科の責任を有していた立場や県教委の社会教育事業に参加していこたおもあり)小生が加わり、論議を重ねました。
イメージ 8
♪ 「命」・「夢」については、小生が提言し、熱く語り合った経緯があります。「創造」・「挑戦」・「表現」・「感動」を含めた六つの要素が、循環し続けていくことが願いで、実は、生き生き鳥取っ子は、大人である私たちが“生き生き鳥取人”であることと、表裏一体であり、かつ、輪廻のごとくに循環しているイメージなのです。
♪ 個としての人が、「地球」・「歴史」・「文化」の土台に立ち、子どもたちは「地域」・「学校」で育まれ、直接的に支える・支え合う「家族」・「友人」があり、関係性が育まれていることが願いになります。
♪ 自身、メディアの問題性や幸せ、或いは、健康と病気・障害などについて考え、啓発的にお話しする機会を通じて、「命」・「夢」・「創造」・「挑戦」・「表現」・「感動」について、考え、学び続けてきました。四半世紀を越えます。そして、今、自身の齢が(間もなく)64歳になる今なお、実感として、褪せることのないイメージとして認識し、学び続けています。
♪ 是非、あなたも、あなたのご家族も、「今・今から」より一層、幸せな人生となるように、具体的に方法論を展開してください。
♪ テレビ、ビデオ、スマートフォンなどに囚われない人生を、家族、お互いが歩めるように・・・。メディアは否定しません。が、メディアに囚われないこと、人と人の関係性を損ねることを承知の上で、使いこなすこと・能力(=メディア・リテラシー)を育んでください。

※ メディア・リテラシー(media literacy):情報メディアを主体的に読み解いて必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力[ウィキペディア]

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ちょっと気になったのでコメします♪
沢山のブログの中でコメントしたくなる感じでした(*^_^*)
これから自分のブログ更新の時の参考にします♪
私のブログの「ここはイイね!」とか「これはダメ!」とか聞かせて下さい♪ 削除

2015/4/26(日) 午前 4:28 [ ゆうこ ] 返信する

顔アイコン

ちょっと気になったのでコメします♪
早速、幾つかのブログを参考にさせて頂いちゃいました♪
真似っ子ではないですが、参考にさせて頂きますね♪
まだまだダメなブログだとは思いますが「ダメだし」を是非お願いします♪ 削除

2015/10/5(月) 午後 2:12 [ ゆうこ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事