ここから本文です
ボクの縁側
奈良・大和高田のお仏壇店 辻井蓮華堂の店主が綴るミニエッセイ。「ココロのひなたぼっこ」にお付き合いくださいませ♪
なが〜い年始休みを頂戴しておりましたが(笑)
本日からやっと当店は仕事始めをいたします


朝一番でお花も活けていただきました♪
いや〜さすがLe*soleilさん!相変わらず素敵です!

イメージ 1


そして私たちも楽しみなのが、当店毎年恒例の「お正月ガラポン」です

イメージ 2


3000円以上お買い物いただいた方と
当店のニュースレターの会員さまの全員に引いていただいているのですが
本日も長期休み明けとあって、たくさんの方がガラポンしてくださいました!


普段は静かな店内に「ガラガラ〜!」とにぎやかな音が響くと
私たちも楽しい気持ちになります♪


ニュースレターの会員にお申込みいただければ
お買い物がなくてもOKですので、もしよければお気軽にお越し下さいね。



そして、もう一つ嬉しかったのが
当店の誇る素敵なパートさんHさんが今朝の出勤時に
「休みの間にこんなの作ってみました〜」と持ってきてくださったのがこれ。


イメージ 3


折り紙で作った「ゆびわ」です!


当店は意外に子連れでお越しになる方が多いのです。
当たり前ですが、小さなお子さんにとって仏壇屋さんは楽しいはずもなく(笑)


そんな子供さんたちが喜ぶようにと、
Hさんは貴重なお休みを使ってこんなに沢山作ってくれたんです
いやあ、嬉しいっ!


そんなこんなで今年もれんげ堂は
皆様の心を少しでもほっこりさせて頂けるように頑張りますので
どうぞよろしくお願い申し上げます〜〜












この記事に

早いものでもう今年もあとわずかです。
 
今回はお仏壇屋さんらしく()
「年末お仏壇お掃除講座!」をお送りいたします。https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gifhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif
 
 
お正月を迎えるにあたって、ご本尊やご先祖さまもきれいになっていただきましょう
普段よりも少し丁寧な拭き掃除(約1時間)を店長辻井自ら解説いたします!
 

☆用意するもの
 
新聞紙、毛はたき、柔らかい布(タオルよりも古い肌着とか、布巾のような生地の柔らかいもの)、バケツ、水、マスク、お線香立ての灰。
 
 
イメージ 1

 
 
新聞紙をお仏壇の前にも敷きます。

 
イメージ 2

 
 座敷机、あるいは畳の上にも新聞紙を敷いてお仏具をすべて下ろします。
 
イメージ 3

 
※元の飾りがわからなくなりそうなら、前もって携帯電話、スマートフォン
などで写真を撮っておきましょう。

ご本尊は出さないようにいたします。
遷仏のお勤めが必要なのと、破損しやすいから)
 
ヨーラク、ご輪灯なども可能なら下ろします。 
電気灯籠は配線がおかしくなる可能性がありますので、今回は下ろさないようにしてください。
 
欄間彫刻の埃を毛はたきではたきます。
けっこう埃が出ます!マスク着用を忘れずに!
 
イメージ 4
 
お仏壇内陣の埃をはたいて下の方へ落とします。
 引出しなどはなるべく出して埃を取りましょう 
イメージ 5
 
新聞紙に落ちた埃は速やかに捨てます。
 
埃落としが大体済んだら、上の方の段から順番に硬く絞った布で水拭きをしましょう。下の段の方をなるべく丁寧に
(飾り付けてしまうと上の方はよく見えないからです:笑)

金お仏壇の場合、純金箔部分には触れないよう注意下さい!!

イメージ 6

蒔絵部分はあまり強く拭かないようにいたしましょう↓

イメージ 7
 
 
お仏壇が済んだら、次はお仏具を水拭きをいたしましょう。
金属、木製ともに水拭き可能ですが、金箔のお仏具は拭かないようにしてください。
 
イメージ 8

イメージ 9
 
 
  蝋燭立てのロウもこそげとりましょう。
 

イメージ 10

 
方法としては・・熱湯をかける、割り箸で取る、ロウ取りスプレーを使う・・などです。今回は専用のスプレーを使ってみました。

イメージ 11

ロウ取りスプレーを使ってお掃除した後です↓

イメージ 12

全て拭き終わったら、お仏具を元通りおまつりします。
 
イメージ 13

 
最後に  お線香立ての灰を新しく入れ替えましょう。
これでかなり見た目すっきりするんですよ!
 
イメージ 14

全部変える必要はありません。
三分の一くらいでいいと思います。
 
イメージ 15
 
最後にいいお香を焚きこめてお仏壇を清めてお手を合わせて終了ですhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif
この時点で約1時間ほど経過していると思うのですが・・()
 
 
美しくなったお仏壇でどうかいい新年をお迎えください!
 
 
・・こんなときはお仏壇店さんにご相談を!
 
  電気がつかない。ソケットがぼろぼろになっている。
 
  障子のアミ(紗)が破れている。
 
③ 金箔が剥がれている。

お問い合わせ:辻井蓮華堂 0745-52-2089
       e-mail info@rengedo.jp
「ブログ見ました!」とお伝えください♪
 
 
※辻井蓮華堂は12/311/7までスタッフ充電期間として少し長い冬期休暇を頂戴いたします!
 
 

この記事に

スワッグ教室!

イメージ 1

先日、秋のイベントとして「スワッグ教室」を行いました!


・・スワッグとは何ぞや?


そう思われた方も少なくないと思います。
もちろん私(辻井)も今まで知りませんでした(笑)


スワッグとはドイツ語で壁飾り、の意で
ドライフラワーで作ったようなブーケ(花束)を
壁や玄関にかけて楽しむ一種の手作りインテリアです


今回これを作るワークショッップを、
昨年に引き続き、当店がお世話になっている大和高田市内の人気フローリスト
「Le✳soreil(ル・ソレイユ)」さんを招いて行いました♪



例によって前日の閉店後に
当店の展示場の一部に会場を設営します


イメージ 2

いつも設営時に手を貸してくれる
店長の後輩Oくん、どうもありがとう!



・・そして当日、いよいよお客様をお迎えです!

イメージ 3


・・お店に入っていただき、細長い当店の奥座敷へご案内です。


イメージ 4


受付を済ませていただき・・


イメージ 5


そしていよいよスタートです!!


イメージ 6


みなさんもさすがにこのスワッグを作ったことがある方は少ないようで
先生の丁寧な指導にもかかわらず、少し苦戦されている様子


イメージ 7


実はこのスワッグ、ドライフラワーではなく
生の木の枝なども使うのでかなり重たいんです。

みなさん「手が疲れる〜」とおっしゃっておられました
でも、少しずつ少しずつ素敵なスワッグができていきます。

イメージ 8



そして、先生のリードと苦心の甲斐あって
皆さん素晴らしい作品ができました〜!


イメージ 9


美人のご参加さんお二人の作品です
顔をお見せできないのが残念!(笑)


こちらも参加者さんの作品です。
いや〜これからの季節にぴったりのおしゃれな壁飾りが完成!


イメージ 10



そして最後に記念写真です♪
私も無理やり入れてもらいました〜

イメージ 11

・・なんか体が異常な角度で曲がってますね、私(笑)


そんな楽しい午後にお付き合いただいたご参加の皆さんに大感謝です〜!!


以上、秋のイベント報告でした!!








この記事に

れんげ堂通信!

1年ぶりに当店のニュースレター「れんげ堂通信」を発行いたしました!

イメージ 1



イメージ 2



これは、当店にご縁いただいた方々へ1年に4回程度送らせて頂く
私たちの近況報告レターです

おかげさまで現在約700通程度発行させて頂いております。


なかなかお仏壇屋さんへしょっちゅう来ていただくこともありませんので(笑)
こういったお手紙で少しでも身近に感じて頂けたら・・と


もしご希望の方がおられましたら喜んで送らせて頂きますので(笑)
お気軽にご連絡くださいませ〜〜♪


辻井れんげ堂  TEL 0745-52-2089  FAX0745-22-5331
        e-mail info@rengedo.jp




この記事に

改装しました!

イメージ 1

先日、約40年ぶりにお店を改装いたしました!
・・とはいっても表の外装だけなんですけど。


以前の外壁は全面タイル張りだったのですが
あまりにひび割れがひどく、これは万が一落盤などしたらいかん!ということで
ミニリフォームをしてもらったのです


これがビフォー ↓
イメージ 2

で、アフター↓
イメージ 3


・・個人的には、
昭和のレトロな感じを
うまく残してくださって
とても満足です♪


リフォームをしてくださったのは
奈良県葛城市にある楽木さん


明日香村や奈良で、数々の人気店を
手がけてこられたプロフェッショナルです。

両サイドのポップなタイル張りも
楽木さんのご提案です。
これには脱帽!



北側から見るとこんな感じ。


イメージ 4























同じような写真をいっぱい乗せて
どんだけ喜んでんねん!という感じですが(笑)


ま、一度きれいになったレンゲ堂を覗きに来てくださいませ〜〜


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事