ここから本文です
お散歩の記録
今日は何処へ行こうか!
今日は前々から行きたかった白川郷に向かいました。
4年前に自転車で行った事がありましたが、さらにその先の
           御母衣ダムまで足を延ばししてきました。

イメージ 1
山岳地帯は往復になります。周回はチョット無理かと

出発地点は富山県の上平村道の駅 
         そこまで車で1時間半程度でひとっ跳び


イメージ 2
五箇山の山岳区間は車で通過  途中の展望台から散居村を眺める



イメージ 3
五箇山を超えた所から世界遺産の町の雰囲気になってきます。




イメージ 4
道の駅上平に到着

イメージ 5
車から自転車をおろしセット

この時1台のバイクが南下していきました。
この通りは白山周回コースとしてバイク乗りには人気のコースなんです。トンネルの多くカーブが連続するので危険です。



イメージ 6
富山県と岐阜県の表示が交互に出現します。


先ほど見かけと思うバイクが単独事故みたいです。バイクのミラーが曲がりカウルにかなりこすった跡が付いていました。ライダーは救急車で運ばれたみたいでした。
このコースでバイクに事故を目撃したのは2回目でした。

因みに僕も昔、別の所でバイクの単独事故で救急車で運ばれたことがありました。
その時は福井県と滋賀県の県境でギリ滋賀県に入っていたらしく、滋賀県の遠くの病院に運ばれました。



イメージ 7
上平道の駅から11キロで白川郷道の駅に到着。
早すぎたのでスルーします。



イメージ 8
自転車なんで世界遺産の集落の中を通過します。まだ10時過ぎなんで昼ごはんにはちょっと早い。
このまま御母衣ダムまで向かおう。




イメージ 9
庄川の上流は海辺の砂浜のようになっていました。



イメージ 10
およそ10キロ程度でしょうか?また道の駅が出現
割と新しい感じで 温泉施設が併設されていました。


イメージ 11
小さいながらもお土産コーナーと

イメージ 12
足湯もありました。

イメージ 13
せっかくなのでソフトクリームイチゴミックスを食べる事に。
350円でした。


イメージ 14
目的地の御母衣ダムに到着。

イメージ 15
距離は33キロでここから引き返し合計66キロと少し短めでした。
標高は763m 最後は意外に上がりました。


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18
帰りに合掌村集落で昼ごはんを食べていきます。



中国人の観光客が多いです。何かと大声で喋っています。
最初に入ったお店は飛騨牛蕎麦が1200円と意外と安いと思いました(昨年、飛騨高山に行った時は飛騨牛蕎麦は1900円)が、店内は中国人の団体がが大勢いたので退散


イメージ 19
集落の外れにある一軒家の店に  
         ここは以前に来た事があるのでした。


イメージ 20
ちょっと出か掛けると財布の紐が緩んでしまいます。
まぁ他にお金を使う事もないので

さすがに一人で昼から5000円、8800円は気が引けるので


イメージ 21
ミニ飛騨牛丼と蕎麦のセットで2400円です。
さすがにA4〜A5ランクの飛騨牛ステーキは口の中に入れは瞬間に溶けるような感覚でした。しかも脂っこくないのです。
満足したところでスタート地点に戻ります。帰りは下りがほとんどです。

GPSのログが飛んでますね |д゚)














この記事に

開くトラックバック(0)

朝起きたら雨 
   気温が下がり16℃と6月にしては寒い日になりました。

ゴールデンウィーク明けに氷見市から七尾市に走った時に見つけたお魚料理のお店が気になっていたので行って来ました。

スタートは中能登町の道の駅です

スタート地点とゴール地点がずれているのは走り出して5キロの地点でサイクルコンピューターガーミンがバグをおこしたので、途中からの計測になりました

イメージ 2
スタート地点まで自家用車できます。
         来月には8回目の車検があります。



イメージ 3
今迄走った事のない道路です。
能登島大橋が見え島の東側(東側は行った事がありません)が見えます。 森のように見えます。





イメージ 4
七尾市の東側海岸線にでると、少しはアップダウンがあります。
先月の逆回りです。

海沿いは時計回り 湖は時計と反対周りがいい景色に出会えるそうです。




イメージ 5
12時前に目的地のお店に到着。


イメージ 6
新しいお店でランチ1種類  僕の前に 3組8人お客様が入っていました。


イメージ 10
店内は海に向かって座るカウンターが特等席らしいです。


イメージ 7
小皿で1品づつ出てきました
冬瓜の青じそ和え 夏野菜の昆布和え カワハギのトリュフソース 鯖の塩焼き


イメージ 8
あじの刺身 あじフライ ご飯と青唐辛子味噌 蟹の味噌汁 白桃葛饅頭

おかみさん一人で作っているので少々時間がかかりました。
       お刺身が一部つながっていたのはご愛敬で(^_-)-☆




イメージ 9
氷見市に入りました 。海岸沿いは追い風で平坦区間で42キロでました。


イメージ 11
氷見の海に向かってレインメーカー  今日はトリコロールカラーの新ヘルメット


今日一番の峠道 勾配8%


イメージ 12
山頂の休憩所には食堂と野菜売り場がありました。


イメージ 13
あまり暑くは無いけどアイスを食べて休憩120円でした。
こういう立地にしたら良心的な価格だと思います。
この前は250円したものもあった。



イメージ 14
ここは  ギリ富山県氷見市 休憩所を出たら石川県

新しいヘルメットとサングラス 
 ちょうどいい具合にサングラスが引っ掛かりました。
ヘルメットの紐、耳の部分が少し短い気が、使っていると伸びるかもしれません。



今日は一日20℃を超えることはありませんでした。
最後7キロは雨にも遭いました。
イメージ 16
サイクルコンピューターガーミンの記録は
           平均時速23.1キロでした。
ちょっとした細工(時速10キロ以下は記録しない)してみました。山岳区間に入る前は平均時速28キロ弱になっていましたが、よく確認すると距離が3キロ程度短くなっていて高低差グラフの登りの部分が一部欠落しているようでした。

イメージ 15
スマホのサイクルコンピューターアプリ Storava

最近人気があるみたいです。スマホで記録している方は一度使ってみてください。
無料の部分でも十分楽しめます。
 僕はスマホは1ギガ契約なのでサイクルコンピューターから転送で使ってみました

無料アプリReliveもインストール登録すると
無料アプリStoravaに転送され
今日の走行動画が自動的に3Dで作成されます

結構面白いでしょ!!(^^)!





この記事に

開くトラックバック(0)

新ヘルメット

使い始めて5年目のヘルメット(OGKカブト)
そろそろ買い替えw

今回はショップで買いました。僕は意外と頭が大きいので試着して色々試してみました。ショップにあった物で最終的に候補に残った(頭の形にフィットしたのが) 
シマノのカーマー、RH+ KASUKでした。
カーマーは価格も手頃でカラーもよかったのですが、インナーパッドがメッシュしか付いていなかっので除外。
残る2つから見た目的に KASKを選びました
イメージ 1
右が今回購入したヘルメット KASK モヒート イタリアカラー
左が5年 愛用した OGKカブト リガス2
新しい方がスマートに見えます


重量は
イメージ 2
245グラム

イメージ 3
まったく同じ


イメージ 4
正面から見ても新しい物は少し小さくみえます。



イメージ 5
横から見ると カブトのラインが意外とカッコイイかも



イメージ 6
後から見たら   こんな感じ



イメージ 7
中は KASKはパッドが豪華?
紐もイタリアマークが付いて、あご紐の部分は皮で出来ています。
カブトは使い込んでいるので紐がのびたのでしょうか?
実際にKASKをかぶって、あご紐をしてみると
意外に耳の部分の紐が短い様なきがしました。
使っていると少しは伸びてフィットしてくるのでしょうか?



この記事に

開くトラックバック(0)

サングラス再び


イメージ 1
ゴルフショップから荷物が届きました。
ゴルフはした事は無いのですが、よい物があったので購入



イメージ 2
特大のハードケース
      (デカすぎて持ち運びできません)
 そうこれは信頼の日本国産のサングラスメーカー。いつも自転車に乗る時に愛用してるブランド



イメージ 3
中身はこれ  
ネットの商品説明では可視光線透過率は31%になっていましたが、
実際に届いた商品のタグには可視光線透過率29%になっていましたwww
実際にかけて見てみると、以前使っていた物(可視光線透過率31%の物と変わらないような気がしました。定価18360円ですが、型落ちなのでしょうか?ポイントバックを入れると5500円になったので、よしとしておきましょう。



イメージ 4
これだと100キロ自転車で走ってもズレる事はないと思います。
アンダーリムが視界に少しはいりますが

イメージ 5
アンダーリムを外す事もできます。



イメージ 6
物持ちがいいのでたまっていくばかり。一番奥は25年以上前の物www

この記事に

開くトラックバック(0)

近くのダムポタ

週末 百万石まつりがあったせいか忙しい日が続きました。
今日は遠出の予定でしたが、朝起きたら10時!  遠出はあきらめて近くをポタる事に変更しました。


イメージ 1
白山方面に向かう前に契約している不動産屋に寄って行きました。
僕の借りている店舗の管理不動産会社ですが、意外と面倒見がいいので中が良いです。2年前に交通事故にあって困っていたのですが、弁護士さんを紹介してもらい、ようやく問題が解決したので、とりあえず報告に。


それから白山方面へ
イメージ 2
今年初めての 鳥越 一揆蕎麦 
       12時とあって店内は忙しそうでした


イメージ 3
メニュー  だいたい食べるものは決まっていますが、隣のおじさんはざるそばの大盛を食べていたのですが、量がかなり多く見えた。悩みましたが、やはり毎回同じ 一揆蕎麦大盛の冷やしを注文


イメージ 4
出来上がりは、早いです。




鳥越村から大日川ダムまでの道のり





イメージ 5
ダム管理事務所の前にて

この反対側に自転車が走れる舗装道路があります。









イメージ 6
途中に水くみ場があり、そこでボトルに水を補給します。




イメージ 7
水くみ場の向かい側に休憩場所があり、お爺さんが一人でお弁当を食べていたので話し相手になってしまいました。80歳だそうです。




イメージ 8
ダム湖に向かって レインメーカー




イメージ 9
ダム湖の周りを走って 
      このトンネルを抜けると激坂ダウンヒルが始まります。






イメージ 10
山から下りて来たら新しいパーキングができていました。



イメージ 11
近くまで行くと  見事なミニナイアガラの滝




イメージ 12
今回の走行ルート
激坂が一目でわかります。


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事