こたつスマイルクラブ

三重県四日市市にある放課後等デイサービスです。
○放課後等デイサービス提供の実際
⑤アセスメントおよび学校などとの情報共有・連携
●地域に関すること
地域の社会資源、障害理解の程度、就学前および就学後の関係機関の利用状況や支援内容、子どもや家族の地域とのつながりなどについて確認しておく必要があります。とくに学校については、所属する学校・学級の種別や学年などにより教育内容も異なることから、その内容を保護者と学校の了解を得たうえで「個別の教育支援計画」などを確認することが望まれます。学校で配慮されている教育環境や指導法がある場合には、支援の一貫性という観点からも共有化していくべきであり、もし学校がニーズを感じながらも実施できていない課題がある場合には、放課後等デイで取り組めないかを検討していくこともできます。さらに、学校場面では認識されにくい発達上の課題がある場合は、放課後等デイ側から学校へ取り組みを提案する必要もあります。その他、学校内での先生や仲間との関係、支援困難な行動の有無、疲労度合などについても確認をしておくとよいでしょう。なお、学校とうまく連携できないという声も一部聞かれますが、平成24年4月18日づけ厚生労働省障害福祉課・文部科学省特別支援教育課連名で事務連絡を発出しており、この通知を活用し円滑な連携関係をつくることが望まれます。

「障害児通所支援ハンドブック」より。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

うまく切れるかな?

生活訓練も大事、大事。

包丁を握って切ってみましょうね。

イメージ 1

おっと、、、手を切らないようにね。

そう、そう、うまく切れたね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

○放課後等デイサービス提供の実際
⑤アセスメントおよび学校などとの情報共有・連携
●家族に関すること
家族構成と関係性、キーパーソン、健康・疾病、就労状況、養育環境、子どもの障害の理解・受容、利用にあたっての希望、将来展望などを把握しておく。

「障害児通所支援ハンドブック」より。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

オセロしよ

この子はオセロが大好き。

イメージ 1

う〜ん、どこに置こうかな。。。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

これまでにも何回か行ったことのあるところ。

大垣スイトピアセンター

何回行っても「めっちゃ楽しい!」とは子どもの弁。

イメージ 1

大きなシャボン玉ができます。

イメージ 2

ボタンを押すと不思議な世界が。。。

イメージ 3

ボールプールの中で泳いじゃったりして。

イメージ 4

クライミングも楽しいね。

イメージ 5

一日中遊んじゃいました!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

混ぜる、混ぜる。。。

こたつスマイルクラブのおやつは手作りが基本。

もちろん子どもたちも一緒に。

イメージ 1

混ぜる、混ぜる。

おいしくなーれ!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

○放課後等デイサービス提供の実際
⑤アセスメントおよび学校などとの情報共有・連携
●子どもに関すること
 生育歴、診断名、障害特性、発育・発達状況(医療的ケアの有無や身体発育状況のほか、「運動(粗大、巧緻、強調等)」「情緒」「対人、コミュニケーション」「認知、言語(理解と表出)」「遊び」などの領域に分けて把握します。ADL、IADL、興味関心、強み、思春期の心理的課題、自己理解度(障害の認識、自己肯定感等)、他者や地域との結びつき、生活上問題になっていること、利用にあたっての希望など。

「障害児通所支援ハンドブック」より。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

音楽大好き!

お気に入りの曲を聴きたくてCDを入れ替えながら。。。

イメージ 1

歌う、踊る♪

そう、そう、歌う、踊る♪

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

想い

 先日、特別支援学校高等部を卒業され、こたつスマイルクラブを巣立っていったお子様のご家族からメールをいただきました。
 誕生日や進路先が決まった際には盛大にお祝いしていただいたことを今もありがたく思い出します。いつも親身にさまざまな活動を考えてくださって本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。毎回、(名前)がさまざまな経験をさせてもらって、私もうれしかったです。その経験を生かして、進路先でも元気に頑張ってほしいです。いつも温かく接してくださった『こたつ』の皆様、楽しい思い出をたくさんほんとうにありがとうございました。
 
 私たち職員一同は常々、子どもさんやそのご家族の【想い】を支援していかなければならないと考えて活動を考えています。

 その活動は集団の場合もありますが、できうる限り個々人に合わせた活動を組み入れるようにしています。

 メールをいただいた子どもさん、ご家族からは十分に【想い】をお聞きし、その【想い】に合わせた支援を行ってきました。 

 メールを読んで、その【想い】に対して私たちの支援への【想い】が伝わったことを実感しました。
 
 今後も私たちはその【想い】に敏感であり続けたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日は塩浜にあるヘルスプラザに行きました。

パワーがあり余っている子どもたちにとっては身体を動かすことも大事です。

卓球をしました。

イメージ 1

イメージ 2

なかなかうまく前に飛ばないけど。。。

でも、でも、楽しかったみたい。

帰りに図書室に寄って読書もしました。

イメージ 3


ヘルスプラザ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事