ここから本文です
ことでん貸切乗車団 公式ブログ
京急ファミリー鉄道フェスタ2019ことでん貸切乗車団ブースへの沢山のご来場ありがとうございました!

書庫還暦の赤プロジェクト

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

5/19、京浜急行電鉄久里浜工場にて開催された京急ファミリー鉄道フェスタ2019に出展しました。

イメージ 1

物販ブースのテントをお借りして、クラウドファンディング期間中のホビセンフェスやことでん電車まつりで使用していたパネルに加え、還暦の赤い電車となり讃岐路を走る1080形の姿をご紹介させていただきました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

3テーマのパネルには雑誌やブログにも載せていない貴重な写真も!

イメージ 5

また工場の検査ピット内で、今回は車内も公開された1000形1351編成には還暦の赤い電車と同じヘッドマークを掲出してくださいました。

当ブースにご来場頂きました皆様、またこのイベントにお招き頂き展示にご協力くださいました関係者の皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございました!


最後に2点お詫びをさせていただきます。


返礼品につきまして
改元に伴う印刷物増加で完成が遅れているものが多数ございました。
月内に順次発送致しますのでお届けまでもう少々お待ち下さい。

貸切乗車会につきまして
ブースにて「参加したいけど方法がわからない」などのお声を頂きました。
今年開催の貸切乗車会につきましては、ご支援くださいました皆様を招待させて頂く予定となっており、対象となる方以外のご参加が難しい状態になっております。
来年以降は、開催の2か月前を目処にブログやSNSを通じて日程発表と申し込み方法のご案内をさせていただきますのでよろしくお願い致します。

開くトラックバック(0)

10万円以上のご支援者様向けのお披露目会を開催致しました!

イメージ 1

奥から長尾線1307編成、琴平線1087編成、還暦の赤い電車1081編成

イメージ 2

生憎のお天気で、テントの中から撮影する!なんて新しい試みを。

イメージ 3

京急時代の方向幕レプリカを使用しての撮影会。
1307編成はことでん表示のままとし、1081編成にはご支援者様からのリクエストを表示、隣の1087編成にはそれに合いそうな表示をツナおじさんの独断チョイスで表示しました。

いつもの貸切乗車会ではレポートを詳細に書かせていただいていますが、今回は特別な撮影会でしたのですべてのカットの公開は見合わさせていただきます。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

逗子線は逗子線でも過去と現在から未来までを繋ぐこのバリエーションだけこちらでご紹介。

撮影会のあとはフォトラン

イメージ 7

1081編成+1083編成の赤4連で走行。

イメージ 8

滝宮では停車時間を設定してもらいプチ撮影会。
ここから琴電琴平までは乗車もよし、乗らずに撮影もよしというワガママプランにて。

イメージ 9

琴電琴平から高松築港までは貸切乗車、車内で乾杯させていただきました。

悪天候にも関わらず最後までお付き合いいただきありがとうございました!
次回は11月予定の貸切乗車会でまたお会いしましょう♪

この他、またまた予定になかったイベント企画も進行しておりますので決まり次第お伝えします。

開くトラックバック(0)

3/6、還暦の赤プロジェクトにより実現した京浜急行1000形風ラッピングのことでん1080形。
名前はシンプルに「還暦の赤い電車」とし営業運転に先駆け出発式を開催しました。

イメージ 1

ことでん貸切乗車団からは佐羽内と安田が参列させていただき、真鍋社長とテープカットまでさせていただきました。
当日は各メディアが取材をされており、夕方のニュースで取り上げられるなどしました。

https://youtu.be/X9BLkLn9wF0
KSBの放送

イメージ 2

仏生山駅でのセレモニー後は高松築港まで1往復を臨時列車として走行後、1205編成と組んで一般営業に入りました。

イメージ 3


これから2年間、ご支援の有無に関わらず多くの方に高松を訪れていただき、生の姿をご覧いただきたいです。

※電車の運行状況はこちらでは分かりかねますのでご容赦ください。
また、ことでんさんでは4日に1回のペースでの車両検査や朝ラッシュと夕ラッシュのみの行路などがあります。
おでかけの際は日にちに余裕を持って頂くと遭遇率がグッと上がると思います。

開くトラックバック(0)

イメージ 1

本日、ことでんさんより発表がありました。
還暦の赤い電車が3/6より走ります!
http://www.kotoden.co.jp/publichtm/kotoden/new/2019/revival_khk_color_wrapping/index.html
[リンク先:ことでん]

プロジェクト成立から約3ヶ月。
皆様の想いをのせて、まずは仏生山→高松築港→仏生山を走ります。

リンク先のことでんさんのページには車両デザインも掲載されております。
事前提出したものから小幅な変更があります…(模型製作などしてくださった方、申し訳ありません)

「側面のロゴ」について
京浜急行時代にシルバーシートの表示あった場所にのみ60周年オリジナルロゴを配置することとしました。
(1081号は2側左側面、1082号は1側右側面)

「正面の車番」について
ことでんさんでの車号1081/1082は白帯の塗り分け位置にかかるため、ラッピングにてボディ同色となるよう施工し、尾灯付近に1081/1082とシルバーのシートで表示を追加します。


当日は仏生山で出発式も行います。
運用の都合、平日の真っ昼間ではありますが是非ご来場ください。
※京急幕を取り付けての撮影会は実施致しません。

出発前に車内の内覧も可能です。
車内には一万円以上のご支援をいただきました方のお名前を掲示させていただく予定です(掲載終了日は未定)

開くトラックバック(0)

明けましておめでとうございます。
プロジェクト実行に向け尽力して参りますので本年もよろしくお願い致します。

イメージ 1


プロジェクト成立からまだ2週間程度でありますが、進捗をお知らせ致します。
(プロジェクトページ新着情報でも随時お知らせしておりますのでご参照ください)

イメージ 2

ラッピングにかかる費用のうち、広告費にあたる部分を昨年末にお支払いをさせていただきました。
施工費用については改めてお支払いをさせていただき、予定通りに進めば3月上旬にはラッピングが完成します。

ラッピングの仕様につきましては最終案が出来上がり、休み明けにことでんさんへ提出致します。

返礼品につきましては、現在それぞれの最終の仕様を制作中です。
こちらは3月下旬に順次発送できるように調整して参ります。

目標額1500万円に対して1600万円と100万円もプラスオンしていただきましたので、返礼品の品質アップと、お披露目会や貸切乗車会以外での特別運行的なものを盛り込んで2019年を盛り上げていきたいと思います。

また細かい部分は決まり次第、新着情報やブログ、SNSでお知らせ致しますのでよろしくお願い致します。

開くトラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事