古都の葉つづり

福島出身・京都在住、京都大好きエセ京都人による日記

全体表示

[ リスト ]

京の夏の旅、第三弾は「大雲院 祇園閣」です。
円山音楽堂の西隣、高台寺の北側にあります。
 
祇園閣と聞いてもあまりピンとこないかもしれないけど、写真を見たら分かる人が多いかも。
高台寺からねねの道を八坂神社方面に歩いていくと、こんな建物が目に入るはずです↓
イメージ 1
 
これが「祇園閣」です。国の登録有形文化財に指定されていて、
大雲院というお寺の境内にあります。
 
大雲院について、パンフより抜粋↓
 天正15年(1587年)正親町天皇の勅命により織田信長・信忠の菩提を弔うため、
 開山貞安上人に御池御所(烏丸二条南)を賜り、信忠公の法名「大雲院殿三品羽林仙厳大居士」に
 因んで大雲院と名づけ、織田父子の碑を建て追善供養した。
 その後、豊臣秀吉は寺域の狭隘なるを観て同18年(1590年)寺町四条に移し、
 同年後陽成天皇により勅願寺の綸旨を給い、大雲院の三字を親書された。
 その勅額は本堂にかけられている。
 以来その地に伽藍を擁していたが、その周辺は商業繁華の中心となった為、
 当地祇園閣のある真葛ヶ原の勝域に移転され、昭和48年4月、本堂が落成した。
 
祇園閣について、パンフより抜粋↓
 この地は元財閥大倉喜八郎男爵の別荘で、昭和3年御大典記念に祇園祭の壮観を常に
 披露したいと希って山鉾を模した祇園閣を建てたといわれている。
 鉄筋コンクリート造三階建で高さ百二十尺(36m)、鉾先には金鶴が輝き、地価の基礎も
 深さ百尺に及ぶ。
 昭和48年、この地への寺地移転を機に一階正面に阿弥陀如来像を安置した。
 昭和63年秋、開創400年を記念して内部壁面に葛新民(中国安徽省・巣湖書画研究会副会長)の
 筆による敦煌の壁画の模写か完成し、当院に奉納された。
 観無量寿経変想図、釈迦説法図、千手観音図などが描かれている。
 
まぁ、つまり、大雲院と祇園閣は元々は全然関係のない建物だったけど、
大雲院の移転先にたまたま祇園閣があったので、そのまま建物を活用している、という事だね。
 
で、パンフの説明では一切触れられてないけど、面白いエピソードが。
当初、大倉喜八郎は、金閣、銀閣に次ぐ銅閣を建てたいと有名な建築家の伊東忠太に
設計を依頼。しかしその内容は「雨傘が逆さまに開いたイメージ」という奇抜なものだったらしく、
伊東忠太は設計が困難だと断り、代わりに祇園祭の鉾の形を提案した。
周囲の反対などもあり、やむなく祇園祭の鉾のイメージで造ることにし、名前も「祇園閣」に。
しかし、銅閣としての思いは捨て切れなかったのか、屋根は銅葺きにしたそう。
そんな訳で、「銅閣」は幻に終わった訳だけど、上記のような経緯を踏まえて「銅閣」または「銅閣寺」と
呼ぶ事があるそうです。
まぁ、一応屋根が銅葺きなので、銅閣と呼べなくもないけど、金閣、銀閣と比べたら
ちょいと次元が違うような気もするが
 
 
さて、おもしろエピソードはこの辺にして、、、
 
まず、正面の入口は総門。
東京から移築されたもので、旧宮家の門と伝えられているらしい↓
イメージ 2
 
が、今回の特別公開の入口はここじゃなくて、南門。
南門は四条寺町から移築されたものだそうです↓
イメージ 5
 
今回の特別公開の案内板↓
イメージ 6
 
祇園閣の前に、まずは本堂↓
イメージ 7
 
御本尊は阿弥陀如来坐像で江戸時代の作。
御本尊の内部に別の阿弥陀如来像が納められていて、こちらは室町〜桃山時代の作。
創建当時の御本尊とも考えられているが、詳細は不明。
 
さて、いよいよ祇園閣。
真下から見るとこんな感じ↓
イメージ 8
 
鉾先の金鶴↓
イメージ 9
 
入口はこんな感じ↓
イメージ 10
 
内部は撮影禁止。
最上階まで続く階段の壁や天井に沢山の壁画が描かれていて、独特の雰囲気。
(パンフより内部の壁画を抜粋↓)


イメージ 11


やっぱり敦煌の壁画だし、「シルクロード」って感じだね。
最上階から京都市内を一望できるけど、残念ながらこちらも撮影禁止
 
さて、見所はこんなもんだと思ってたが、境内の墓地に織田父子のお墓と、
なぜか石川五右衛門のお墓があるとのことで行ってみた。
織田信長・信忠の墓↓
イメージ 12
 
そして、なぜここにあるのかよく分からない、石川五右衛門の墓↓
イメージ 3
 
一説には、釜茹での刑になる前、市中引き回しにされた際に貞安上人と出会い、法を説かれ感動し、
「処刑後に自分を供養して欲しい」とお願いしたとか。
 
さて、最後に御朱印↓
イメージ 4
 
以前から気になっていた幻の銅閣にようやく行けて満足
 
今からでも遅くは無い。金閣、銀閣に匹敵する銅閣を建てようとするツワモノが現れたら
面白いんだけどなぁ。
金閣、銀閣を管轄している相国寺さん、西山に銅閣なんていかがですかぁ?
 


龍池山 大雲院
  住 所 : 京都市東山区祇園町南側594−1 (地図
  交 通 : 京阪本線「祇園四条」駅 徒歩15分
         市バス「東山安井」停 徒歩5分
  公式HP: 無し
  今回の特別公開は9/30(月)まで。(9/26(木)は拝観休止)
    詳しくは京都市観光協会のHPへ→ http://www.kyokanko.or.jp/


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事