ことねっちの花と寺社めぐり

私が描いた漫画を公開・解説したり、花名所やマンホ蓋・神社仏閣&石仏などの写真を連載中。

全体表示

[ リスト ]

索引記事↓


東武鉄道新越谷駅松原団地駅(現・獨協大学前駅)、東武大師線大師前駅近くの西新井大師を散策したときに撮影した蓋を紹介します。

埼玉県越谷市のマンホール蓋類

東武伊勢崎線新越谷駅で途中下車して見かけたデザイン蓋です。
イメージ 1
シラコバトのデザイン蓋は、汚水桝単色版カラー版(ともに直径60cm)と3通り見つけましたが、数年後に配布開始した同デザインのマンホールカードは、武蔵野線西船橋方面を1駅目レイクタウン(駅)に行かないともらえないとか。
こちらのサイトを参照)
ちょっと面倒くさいし、いつそちらへ遊びに行けるか予定は未定だし…汗

イメージ 2
越松水」と書かれた消火栓蓋を撮影した当時は何の略称か分からなかったので、後日確認すると、「」は松伏町のことを指しているようで、水道事業団の略称でした。
隣の越谷駅で「ガーヤちゃんのデザイン蓋のマンホールカード」というのが配布されるようだけど、駅を撮影したのは2015年4月だったしねぇ…。

埼玉県草加市のマンホール蓋類

松原団地駅(現・獨協大学前駅)から大学周辺の八重桜の並木と草加松原へ歩いたときに撮影した蓋です。

駅を降りてまず気になったのは、草加市章入りの仕切弁
製造工程の都合により地名のひらがな表記を見て、「ほ〜、そうか!」と納得してしまう、百代橋と草加松原の往時の姿がデザインされたマンホール蓋
イメージ 3
市のマークすら入っていない雨水蓋、存在感がねぇ〜
写真右上と同デザインのハンドホール蓋(単色版)もありました。

オレンジ(黄色)の正方形のラインの角度がズレているのが気になる市章入り消火栓に…
1枚上のデザイン蓋のカラー版もありました。
もちろん、「百代橋」とは、松尾芭蕉の『奥の細道』の書き出しにちなむもので、現在の草加市を訪ねています。(参照サイト
(このカラー蓋を採用したマンホールカードは、2018年12月配布開始ですが、まさか草加松原のすぐ東が配布場所だったとは!)
イメージ 4
市章入りの防火貯水槽空気弁

大学近くにあった三級基準点の蓋と…
イメージ 5
消防車がデザインされた消火栓の蓋や、実際の風景が再現された防火貯水槽もありました。

東京都足立区のマンホール蓋類

西新井大師周辺で撮影したマンホール蓋類は、2種類のみ。

イメージ 6
足立区の「足」がシンボライズされた区章入りの通気孔付きの蓋と、かわいい消防士2人組の消火栓角蓋


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事