ことねっちの花と寺社めぐり

私が描いた漫画を公開・解説したり、花名所やマンホ蓋・神社仏閣&石仏などの写真を連載中。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全110ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Yブログが来月から更新できなくなるということで、かなりの前倒しです。
当カテゴリで数年おきにアップしていた「飛び地シリーズも含む年賀イラスト」は、令和2年〜6年の5年分の原画をアップします。

イメージ 1
本当は、A4サイズを6つ折りして描いていますが、両端が切れてしまいました…猛暑が続いていなかったら、コンビニへ縮小コピーを取りに行ってたのにね。

2011年からこのYブログを続けていましたが、ほぼ9年間ありがとうございました。
イメージ 2
まだYブログ版の庚申塔ブログにアップしていないものが上の絵(写真)↑にありますが、準備が済んだら、移行先のブログに記事をアップ予定です。

これで、Yブログ版での庚申更新を終了します…今週末には、「にほんブログ村」も新ブログへ切り替えます。
9月以降は、マンホール蓋のご意見・要望・感想は、新ブログのコメント欄にお願いします。
本来は「石仏や庚申塔など」と違う書庫(カテゴリ)に入れるべきかもしれませんが、我が家にはデジタル表示の時計」と「長針・短針によるアナログ時計」の両方があり、前者を見ると、時刻によっては、「過去と未来の庚申年(60年おき)」に見えてしまうのは私だけでしょうか?

制作に時間がかかってしまったことがネックですが、東京都や埼玉県にある庚申塔を撮影した日と令和元年、足利花火大会(第105回、2019年8月3日)の当日の時間軸を足して2で割った時間経過のドット絵です。
イメージ 1
10:20のところにあるのは、まだ訪問できていないけど、さいたま市桜区西堀9丁目(旧浦和市エリア)の庚申塔をドット絵で再現のサイズ違いバージョン(64x64)、11:40のところにあるのは、東京都三鷹市上連雀7丁目、神明社前の青面金剛をドット絵で再現した物です。

イメージ 2
あ〜しまった、ドット絵の中に「境内を区切る柵」を入れ忘れた…その辺はスルーで。

時刻表示と庚申年

(午前)
1:20→西暦120年、弥生時代
2:40西暦240年弥生時代(古墳時代?)
3:00西暦300年古墳時代
4:20西暦420年古墳時代
5:40西暦540年古墳時代
6:00西暦600年、飛鳥時代

7:20→西暦720年、奈良時代、養老4年。
8:40西暦840年、平安時代、承和7年。
9:00西暦900年、平安時代、昌泰3年
10:20西暦1020年、平安時代、寛仁4年。
11:40西暦1140年、平安時代、保延6年。
12:00西暦1200年、鎌倉時代、正治2年。

(午後)
13:20西暦1320年、鎌倉時代、元応2年。
14:40西暦1440年、室町時代、永享12年。
15:00西暦1500年、戦国時代、明応9年。
16:20西暦1620年、江戸時代、元和6年。
17:40西暦1740年、江戸時代、元文5年。
18:00西暦1800年、江戸時代、寛政12年。

19:20西暦1920年、大正9年。
20:40西暦2040年、令和22年。(予定)
21:00西暦2100年、元号未定。
22:20西暦2220年、元号未定。
23:40西暦2340年、元号未定。
24:00西暦2400年、元号未定。
(0:00)

税込み価格と庚申年

平成初期に導入された「消費税率3%」だと、6000円あたりまで「庚申の西暦年」に空目することは例外(消費税を考慮した本体価格など)を除き、見当たらない。

消 費 税 率 5%(1999年〜)
420円→西暦420年古墳時代
840円→西暦840年、平安時代、承和7年。
1260円→西暦1260年、鎌倉時代、正元2年・文応元年。
1680円→西暦1680年、江戸時代、延宝8年。
2100円→西暦2100年、元号未定。

消 費 税 率 8%(2014年〜)
540円→西暦540年古墳時代
1080円→西暦1080年、平安時代、承暦4年。
1620円→西暦1620年、江戸時代、元和6年。
2160円→西暦2160年、元号未定。

消 費 税 率 10%(2019年10月〜)
660円→西暦660年、飛鳥時代。
1320円→西暦1320年、鎌倉時代、元応2年。
1980円→西暦1980年、昭和55年。

もし、抜けている物があったら、ごめんなさい…

しばらくしたら、移行先のブログにも記事をアップします。

自転車で邑楽町鶉・中野の桜名所を散策したときの索引記事です。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
(近くに青面金剛像)


マンホ蓋類書庫

邑楽町章入りスリップ防止の蓋など)

当初、投稿機能終了が早めと思わなかったので、「にほんブログ村」は8月末までに登録切り替えの予定です。


家族と足利市と佐野市のアジサイの名所を散策したときの索引記事です。
イメージ 2
イメージ 3

イメージ 4


マンホ蓋類書庫

2014年6月撮影、足利市マンホール蓋類
(マンホ蓋写真の枚数の都合により、記事タイトルを変更する場合もあります)

当初、投稿機能終了が早めと思わなかったので、「にほんブログ村」は8月末までに登録切り替えの予定です。


索引記事のインデックスへ戻る)
日帰りで湯島&谷根千エリアを散策したときの索引記事です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


マンホ蓋類書庫

2016年2月撮影、東京都マンホール蓋類
(マンホ蓋写真の枚数の都合により、記事タイトルを変更する場合もあります)

当初、投稿機能終了が早めと思わなかったので、「にほんブログ村」は8月末までに登録切り替えの予定です。

全110ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事