ことねっちの花と寺社めぐり

私が描いた漫画を公開・解説したり、花名所やマンホ蓋・神社仏閣&石仏などの写真を連載中。

神社仏閣や遺跡など

[ リスト | 詳細 ]

私の地元にある神社や寺院、遺跡など。
(古墳や一部の石碑なども、こちらに入れておきます)
記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

索引記事へ戻る

与野本町駅周辺でバラを撮影後、庚申社に参拝し、与野公園内にあった天祖神社へ寄り道。

なんか、境内が工事中みたいで、作業員が写ってしまうんだけど?
イメージ 1

よそ者に親切ですね、所在地の町名にもご丁寧にルビを振ってくれているとは。
イメージ 2

寿老人と福禄寿の解説がごっちゃになってる気がするのは、私だけ?
イメージ 3

あ〜しまった!与野公園の東にある円乗院三猿庚申塔があると知っていれば、寄り道したかったなぁ〜。

薄暗かったせいか、拝殿寿老人(神)の木祠がぼやけてますね…汗
イメージ 4

思いのほか、手動での移行作業が時間かかりそうなので、次の与野公園のバラの記事は、新ブログの記事リンクを貼り付ける予定です。

イメージ 9

索引記事へ戻る

与野本町駅周辺でバラを撮影後、庚申社に参拝。
さいたま芸術劇場を通り過ぎた場所に庚申社があり…
イメージ 2

イメージ 1

境内を見ても由緒書きが見つからず、手水鉢に三猿が彫られてたらなぁ…と、ぼやいたとか、してないとか。
イメージ 3
拝殿をのぞいてみると、古い写真やら、青面金剛座像の写真とかが飾ってありました。

イメージ 9


西新井大師(総持寺)の南東(東武鉄道大師線・大師前駅のすぐ北)にある光明殿如意輪観音などの石造物が並んでいました。

イメージ 1
濃いピンクの牡丹を撮ろうとしたら、ピンボケ…汗

六角堂(弘法大師堂)の脇に石仏がずらりと並んでいて、西から反時計回りに如意輪観音像地蔵立像阿弥陀如来大日如来の石像などを撮影しました。
佐藤栄作元総理の名前が刻まれた鳥塚(鶏の供養が目的)もありました。
イメージ 2

場所によっては、聖観音菩薩像も。
イメージ 3
手前に写ってしまった「水色の箱」とは、地蔵座像↓に備えられた線香入れだったかも?
イメージ 4
弘法大師道と書かれた石碑の右隣にある句碑も気になります。

イメージ 3





2014年3月の訪問から3年ぶりに大宮氷川神社に再訪問しました。
前日の書斎の片付けの影響だったか、うっかりコンデジをバッグに入れ忘れたので、久しぶりにガラケー付属カメラでの撮影になってしまいました。

JR東北本線大宮駅の近くで、前回訪問時に撮りはぐったさいたま市章入りサッカーボール消火栓蓋を撮影。
写真右下は、雨乞いの儀式であるささら獅子舞の石碑。
イメージ 2

今回は、東武野田線(アーバンパークライン)に乗らず、氷川参道を歩きながら境内社を撮影。
菅原道真公が祀られた天満神社
イメージ 3

白梅が咲いていた建物の右のお堂?が気になったけど、ストビ写真で場所が特定できず。
(工事が終了して、新しいフェンスや生け垣が追加されて見えなくなった可能性も?)
イメージ 4
呉竹荘脇の稲荷神社

イメージ 9

一の鳥居イメージ 18を再撮影。
鳥居前に置かれたイベントの立て看板も気になったけど、結局寄りませんでした。
写真右上は額殿、平成29年の干支・鶏の絵馬が飾ってありました。
イメージ 1
拝殿のみ撮影しなかったので、前回訪問時の写真を代用します。

神橋楼門、境内社の門客人神社御嶽神社
イメージ 5
境内西側の太鼓橋

蛇の池は名前に怖じけついたのでなく、他に訪問したい場所があって奥に行かなかったから…。
2018年12月時点、神池は水抜き清掃中とのことですが…。
写真右中段は宗像神社
イメージ 6
こちらのブログ記事境内社稲荷神社猿田彦大神の石碑があると知ったけど、家族が立ち寄らせてくれなかったので、十連鳥居イメージ 18だけしか撮らなかった。

本殿があまり写らず、猿田彦碑は文字が読めないほど小さな映り込みだったので、色鉛筆画で再現しました。
イメージ 7
(庚申塔、猿田彦碑についてはこちらのブログ記事も参照)
大天白神社(公園)を訪問後、正光寺とその周辺を散策しました。

羽生市北2丁目、正光寺

正光寺の近くにあった羽生市章入りテトラ模様(毘沙門模様?)の汚水蓋消火栓
イメージ 1

同行した家族が興味がないのかなと思ったら、正光寺に寄り道。
墓地手前に聖観音菩薩像があったけど、単体撮影せず。
イメージ 2
墓地を背にして置かれた六地蔵尊と、仁王像(金剛力士像)がビルドインされた?薬師堂

周りがまぶしいせいか、ガラスの写りこみが…
イメージ 3

無縁仏のひな壇手前には、明治時代に活躍した清水卯三郎の墓所と解説版
イメージ 4

無縁仏のひな壇をよく見ると…
阿弥陀如来三尊阿弥陀如来大日如来立像、何を勘違いしたか「あい〜ん」している如意輪観音像(念仏供養塔)
イメージ 5
京都市や東京博物館・鎌倉市の寺院や施設が所蔵している如意輪観音像(弥勒菩薩像)を手本にした像容だからかな〜?

イメージ 3

ついでに用水路?か川に架かる橋などを散策。
橋の欄干も、歩道のタイルも、羽生市の花・でした。
庭先に水仙が咲いていて、大天白神社駐車場には市章入り量水器もありました。
イメージ 6

帰宅の途中、前年6月から気になっていた東谷地蔵尊庚申塔青面金剛像に寄り道して撮影。
イメージ 7
(庚申塔については、こちらのブログ記事も参照)



帰宅する前に、道の駅はにゅう隣の土手から夕焼けを眺めながら散歩。
イメージ 8

イメージ 15

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事