ことねっちの花と寺社めぐり

私が描いた漫画を公開・解説したり、花名所やマンホ蓋・神社仏閣&石仏などの写真を連載中。

マンホール蓋類

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

白バージョンのデザイン蓋こちらを参照

2019年2月訪問時

2018年8月の配布開始を知って以来、近場なのになかなか立ち寄れなかった邑楽町役場マンホールカードをもらいに行きました。
2011年4月に「白いデザイン蓋」しか確認できなかったので、カラー版の設置に消極的(1枚当たりの単価が高いので、デザイン蓋設置を取りやめ「スリップ防止蓋」を大量設置に踏み切る自治体も数多くあるとか?)と思っていたら、配布開始の直前に歩道に2ヶ所カラー蓋が設置されていたようです。
イメージ 1
シンボルタワーはなんとか映り込むが、池から白鳥が飛んできたら本当の「ご本人登場蓋」成立なのに、惜しい…!

マンホールカードと、実際の設置蓋シンボルタワーの3つワンセットで「ご本人登場蓋」をやろうとしたら、カードを持つ手と設置蓋がぼやけてしまい、失敗…
イメージ 2

こんな風にしたかった訳ですよ、でっち上げた合成写真ですが、カードのゆがみが気になる結果に…汗
イメージ 3


ついでに中央公園を散策。
フラワーアレンジメントや化粧用に使われるコットンパフの原料となるコットンフラワーの・実(綿花)。
イメージ 4

帰宅する前に、ガバ沼の白鳥を撮ろうとしたら、寒くてブレ〜
イメージ 5


帰宅後にマンホールカードを撮影。
イメージ 6

他の市町村と同じく、配布場所周辺のマンホール蓋マップなどのプリントがあるはずなのに、このときはもらえなかった。
しかも、役場庁舎が試験日だったので、展示蓋がある正面玄関は閉まっていて、解放されていたのは土日休日受付がある通用口だけ。

2019年7月訪問時

前回の訪問時は展示蓋だけ撮影しなかったので、町立図書館のついでに寄り道。

蓋が正円に近く写り、受付で話している人が写らないように展示蓋を撮影って難しかった…汗
イメージ 7

おまけ:レンガ風タイルの隙間に咲いていたペチュニアムスカリのマクロ撮影。
イメージ 8

以上で、Yブログでのマンホ蓋書庫の更新は終了します。
2019年9月以降は、2013年5月以降に撮影したマンホール蓋の写真を移行先ブログへ投稿する予定です。
まだ日程が未定ですが、山梨県富士河口湖町・山中湖村・忍野村方面の旅行で撮影する蓋もそちらにアップするかもしれません。

あれ?ギリギリの時期まで投稿できるかと思ったけど、新ブログの「にほんブログ村」の登録切り替えは8月末に前倒しするしかないのね?
しばらくしたら、移行先のブログにも記事をアップします。

2011年10月に撮影した旧鷲宮町章入り地味蓋などこちらの記事を参照

当初、この書庫(カテゴリ)で前倒しするつもりはなかったのですが、移行先のFC2ブログの記事編集に時間がかかってしまった都合で、記憶が風化する前に旧鷲宮町のマンホール蓋類の記事をアップします。

鷲宮神社(久喜市・旧鷲宮町エリア)鳥居前で撮影した町の花コスモスデザイン蓋防火貯水槽の蓋(中央の数字は「40」)、トイレ前にあった町章入り量水器止水弁の蓋
イメージ 1


宮前橋の近くにあったハンドホールデザイン蓋、「T」の字に囲まれている町章入り仕切弁、星模様の消火栓蓋。(フロントガラスが青い)
イメージ 2

西宮前橋の近くにあった六角形模様排泥弁、楕円模様?の町章入り汚水桝、フロントガラスが黒い消火栓蓋
イメージ 3

他には、町章入りテトラ模様の雨水蓋白い網目模様汚水桝、マンホール蓋と同じデザインの汚水桝も。
イメージ 4
写真左下の奥をよく見ると、「」の部分が「(「合」の字に「升」の一角足らない「廾」の漢字が表示されなかったら、ごめんなさい)になっている水マークの制水弁もありました。

川沿いの桜並木河津桜参照記事)の近くにあった写真中2つは久喜新市章入りの制水弁(二重丸タイプ)オレンジ色に塗られた仕切り弁
イメージ 5

橋の近くにあった中央に「20」と書かれた防火用水槽の蓋
イメージ 6
日没後に破線模様の白い旧鷲宮町章入り汚水桝を撮影したら、すごいブレ〜!
(PC上でレタッチ済み)

「にほんブログ村」についてですが、今年11月末あたりに移行先のブログに登録を切り替えます。
しばらくしたら、移行先のブログにも記事をアップします。
2018年11月訪問・埼玉高速鉄道線新井宿駅周辺を散策時の索引記事をまだアップしていませんが、先に旧鳩ヶ谷市の境付近にあったデザイン蓋の手前に映り込んだ「川口市章入り泥吐弁」を紹介します。

イメージ 1

上の写真・左上の部分を縦ピクセルを引き延ばしてから変形などの加工を行いましたが、どう見ても、手前の小蓋が「仕切」と読めないみたいで、「泥吐」の文字が確認できるので、「泥吐弁」であるのは確実です。

結局、翌年(2019年)5月の川口市立グリーンセンターのリベンジ時に旧鳩ヶ谷市の境にあたる川口市桜町界隈を歩かなかったので、色鉛筆画で再現しました。
イメージ 2
変形後にトリミングした写真を印刷しても模写(再現)したので、内側の4分割された円内にある直径の数字は合っていないかもしれません。

近いうち、西新井宿にあった越境蓋の記事をアップ予定。

「にほんブログ村」についてですが、今年11月末あたりに移行先のブログに登録を切り替えます。
しばらくしたら、移行先のブログにも記事をアップします。
2018年11月訪問時も今年5月訪問時の索引記事もまだアップしていませんが、先にグリーンセンター前の川口市立医療センターにあった送水口を紹介します。

イメージ 1

11月訪問時は埼玉高速鉄道新井宿駅からグリーンセンターへ歩いたけど、疲れた割には公園の休業日を忘れていたので、2019年5月の公園のリベンジついでに撮影。
病院北側にきれいな花も咲いていたけど、撮影は遠慮しておきました。

そういえば、グリーンセンターって、新井宿の区画飛び地の1つになっているし、旧鳩ヶ谷市の境の近くだったんですね…気づきませんでした〜。

「にほんブログ村」についてですが、今年11月末あたりに移行先のブログに登録を切り替えます。
しばらくしたら、移行先のブログにも記事をアップします。
前回の佐野駅周辺の散策では(蓋の)設置場所を思い出せなかったので、「日本マンホール蓋学会」にははっきり書いてませんが、通り過ぎたときに銀行の前に置いてあると覚えていたので、佐野市のマンホールカードをもらいに行くついでにさのまるデザインの消火栓蓋を撮影。
ラーメンのどんぶりも、消防士仕様になっている。
イメージ 1

カードの配布場所である東武佐野線&JR両毛線佐野駅の駅舎前(駅前交流センター「ぱるぽーと」)まで歩いて行く途中、さのまるがかわいいデザインの仕切り弁を発見しました。
イメージ 2

大きなイチゴさのまるが書かれた街灯の幕、色が濃いめだったせいか、イチゴに見えなかったのは私だけ?
イメージ 3

土曜日に用があったので、さのまるとあゆコロちゃんが東武佐野線に乗車するイベントは見なかったけど、「さのまるの日」イベントのポスターが。
イメージ 4
下のB4サイズのパンフレットには、大阪府泉佐野市のご当地キャラ・イヌナキンが登場しています。
(小さくて分かりにくいかもしれませんが、しまねっこの左隣に…)

ぱるぽーと内のさのまるは1つしか写ってないけど、カードと一緒にご本人登場蓋っぽく撮影。
イメージ 5

佐野市のマンホールカード、ゆがみと色味を調整したら、なんか白っぽくなってしまった…汗
イメージ 6

今回の蓋を撮りに行く2週間前、群馬県邑楽町のマンホールカード(近日アップ予定)をもらいに行った日にgoogle+が終了する予告がサイト内に入っていたので半泣き状態でした。
近場でカードをもらっていないのは、群馬県桐生市・みどり市・栃木県栃木市・埼玉県行田市…一番最後に挙げた行田市の配布場所が閉館時間が早い上、改元をまたいでも入手のチャンスがなかった場合は、「さきたま古墳群」をモチーフにした架空蓋のカードを作って妄想しようかな?

「にほんブログ村」についてですが、今年11月末あたりに移行先のブログへ登録を切り替えます。
しばらくしたら、移行先のブログにも記事をアップします。

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事