しあわせの青い鳥

お引越しし→https://nyathan.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

ワールドカップ・ロシア大会、日本代表が8年ぶりにグループリーグを突破して、次戦は世界ランキング3位のベルギーとのベスト8進出をかけた戦いとなる。前戦での西野朗監督の時間切れを狙った消極的な采配は、日本国内のみならず世界でも賛否両論となっているようだが、その是非はともかくとして、まだ到達がしたことがない高みを目指した次の一戦には日本中の期待が集まることだろう。

 そのようなサッカー日本代表の戦いに水を差しかねない出来事があった。先に行われたグループリーグ2戦目、日本−セネガル戦で、日本のサポーターから旭日旗が出されたということが韓国メディアによって指摘されている。韓国メディアはそのときの映像をあわせて紹介しているため、これは事実と思われる。

 旭日旗の問題について、熱心なサッカーファンならすでに承知していることが知られていないようだ。この状況を放置しておくと一般の人たちに誤解を生みかねないだけではなく、今の日本代表の善戦とグループリーグ突破の快挙に泥を塗るようなことが起こりかねない。よってここに旭日旗の問題について改めて注意喚起をしておくとともに、この旭日旗が禁止された背景について筆者なりの見解を記すことにする。

◆旭日旗はすでにサッカースタジアムの公式戦では禁止されている
 旭日旗の使用はすでに、FIFA(国際サッカー連盟)の下部組織で、日本サッカー協会が所属するAFC(アジアサッカー連盟)が「discriminatory symbol relating to national origin and political opinion(国家の起源や政治的意見を表明する差別的なシンボル)」ということで禁止している。

 これは昨年に行われたアジアチャンピオンズリーグの川崎フロンターレ(日本)と水原三星(韓国)の試合で、川崎のサポーターが試合中の旭日旗をあげ、両チームのサポーター間で大きなトラブルとなった時に下された裁定である。この時、川崎フロンターレは、1年間の執行猶予付きでホームゲーム1試合の無観客試合と罰金1万5000ドルの処分も受けている。川崎フロンターレはAFCにこの判断を不服として上訴しているが、この申し立ては棄却された。この裁定はここで確定となったのである。

 これまで日本サッカー協会は、国際試合での旭日旗を応援のために使うことについて玉虫色の判断をしており、中国や韓国といった国々との試合でのみ、これをスタジアムにおいて没収するなどの処置をしてきていた。だが、この裁定により、大きなトラブルを巻き起こしかねない旭日旗の使用は、日本サッカー協会の上位組織であるAFCが公式に処分の対象として公に禁止されることになった。

 これについて、一部のメディアやネット上の議論の中には「旭日旗についてクレームをつけているのは韓国だけ」というような論調があるのだが、これは大きな間違いである。

 AFCはマレーシアのクアラルンプールに本部を置き、歴代マレーシアをはじめとするムスリム諸国や東南アジアの国々の影響力が強い。AFCはもともとこうしたイギリスやオランダというサッカー大国の植民地であった国々から組織されたものだ。これらの国々に比べれば東アジアの日本や韓国といった国はサッカー後進国ともいえる。ちなみに、アジアで最初にワールドカップに出場したのは、蘭領東インド、つまり戦前の独立前のインドネシアだ。これらの国々と中近東のイスラム国が強い影響力をもっているのが、AFCである。なお、この旭日旗の裁定を下したAFCの倫理委員会には韓国の理事は入っていない。委員長はシンガポール人、副委員長はイエメンと中国の委員である。

◆AFCに強い影響力をもつ東南アジアと戦争の記憶
 そのAFCに強い影響力をもつ東南アジアの国々は第二次世界大戦の記憶をいまだ忘れることなく語り続けている。

 日本の右派サイドの主張やネットの議論によると、アジアの人たちは第二次世界大戦で「日本が戦ってくれたことを感謝して」いるとのことだが、確かにそういう論調は東南アジアの国々の一部にはないとはいえないものの、一般の人々の反応の大勢は、日本の東南アジアへの侵略は極めてネガティブなイメージしかない。

 また、東南アジアの国定歴史教科書や歴史博物館のような「正史」を語る場では、日本がプロパガンダとして東南アジアの国々に押し付けた「大東亜共栄圏」の意味を、極めて正確に語っている。曰く、「日本が東南アジアにやってきたとき最初は植民地支配から脱出できると歓迎したが、欧州の支配より日本のほうがより苛烈であり、たくさんの人たちが殺された。大東亜共栄圏と日本は言っていたが、その実態は日本人による支配であり、私たちは天皇の崇拝を押し付けられた。」

 旭日旗はこの象徴として機能していることは、この大東亜共栄圏の記憶を語る場で、必ずと言っていいほど旭日旗の意匠が使われていることからはっきりしてとわかる。海軍の軍艦旗や陸軍の連隊旗として戦場で使われてきた旭日旗は、そもそも当時のアジアの人たちはそんなに見ることはなかった。では、これがなぜそこまで日本の侵略の象徴となっているかといえば、この大東亜共栄圏のプロパガンダで日本自ら、大々的にシンボルとしてきたからだ。

 私は、マレーシアとその隣国でもともとマレーシア連邦の一部だったシンガポールで、旭日旗のイメージとスポーツの場での使用について、現地の人たちにインタビューやアンケートを多数行ってきた。そこでの結果は、過半数の人たちが否定的な見解を記している。なぜ、スポーツの場でそのようなものを使うのか意味が分からないし、日本国旗で十分ではないかというものだ。

イメージ 1

 東南アジアの人々だけではなく、日本軍は東南アジアを支配していたイギリスやオランダ、さらにはオーストラリアといった国の捕虜にもひどい扱いをしてきた。今でもイギリスやオランダでは日本といえば、この捕虜虐待のイメージから語られることも多い。事あるごとにイギリスのメディアが日本の人権問題について言及するのは、おそらくこの捕虜虐待のイメージがまだ引きずっているからだろう。そのイギリスがこの第二次世界の日本軍による捕虜虐待について語る時、次のように言う。
「Forgive but never forget(赦そう、しかし決して忘れない)」

◆旭日旗は忘れられていない
 先に触れた筆者によるインタビューやアンケートでは、それでも旭日旗は問題ないし、デザイン的に悪くはないという意見もいくつかあった。もう日本軍の記憶が薄れてきている若者や国家の歴史教育から遠い位置にいる人々には旭日旗にネガティブな印象をもつ傾向は弱い。実際、マレーシアでもフィリピンでも比較的日本軍による占領統治が緩かったところでは、日本食のレストランやクルマに貼るステッカーに旭日旗の意匠が使われていることがある。

 例えば、マレーシアの首相を長らく務め、先日にまた首相に返り咲いたマハティールは「ルック・イースト政策」で親日家で知られている。このマハティールの地元は北部のクダー州であるが、ここは日本のマレー作戦からほどなくタイに割譲されており、直接日本軍による統治が緩かったところだ。また日本軍はイギリス式に民族を分断した統治をしたため、マレー人はさほど苛烈な統治は受けなかった。それでも、マハティールは日本の憲兵による公開拷問や捕虜の処刑を目撃していて、これは当人の回顧録に書かれている。なお、『マハティールの履歴書』という本はこの回想録の日本語版だが、抄訳であるからか、この部分は削除されている。

シンガポールの首相をマハティール以上に長く勤め、現在のアジア屈指の経済繁栄を築いたリー・クアンユーは、マハティールの政敵だが、彼はマレー人ではなく華人だったため、シンガポールで日本軍に粛清されかけた。今でもシンガポールで語り継がれる「大粛清(ソックチン)」、いわゆるシンガポール華僑粛清事件である。間一髪で、この粛清から逃げ延びたリー・クアンユー率いたシンガポールは、国家の歴史教育において強く日本の過去に対して批判的だ。だが、彼も現実主義者であり、小さなシンガポールという都市国家を生き延びされるために、日本と友好関係を結んだ。彼も「赦そう、しかし決して忘れない」ということなのだ。マレーシアもシンガポールも、国の歴史として大東亜共栄圏の悲惨な歴史をつづり、しかし今の平和で経済的に進んだ日本とは友好関係を取り結んでいる。この事情は、フィリピンでもインドネシアでも同じだ。

◆「日本が戦ってくれてアジアの国々は感謝している」のデタラメ
 それが今の日本だと、何をどうすればこうなるのか、このような話が堂々と跋扈する。
「戦後の日本社会は、明治以降の近現代史を醜聞の色に染め上げた『自虐史観』に支配されてきた。しかしこれまで私が自分の足で歩きまわって見聞してきたアジアには、日本のマスコミが声高に叫ぶ“反日”の声も、また学校で教わるような侵略の歴史も、いまもってお目にかかったことがない」(『日本が戦ってくれて感謝しています』井上和彦 著)
 この本は10万部売れた「ロングセラー」とのことだが、いったいどういう風に「自分の足で見聞」すれば、このような虚構を堂々と語れるものなのか。しかもこのようなデタラメを平気で書いたものに誰も何も言わない理由はわからない。きっと「江戸しぐさ」のように自分が信じたいものを読みたい人が読んでいるのだろう。政治史や現地事情にさほど詳しい人でなくとも、このウソはすぐにわかることだ。

 マレーシアの歴史博物館の壁面には、旭日旗と日本軍の兵士、それにひれ伏すマレーシアの人たちの巨大なレリーフがある。博物館の中に入れば、どのように日本軍は苛烈で残虐な統治をしたかの展示が続く。同じような国営の施設は、マラッカ、ペナン、コタバル(日本軍が第二次世界大戦で最初に上陸した場所)にもある。街の中心部で、地元の人間は誰でも知っている施設である。

先日、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩最高指導者の歴史的な会談が行われたセントーサ島は、シンガポールのみならず世界中に知られた観光地である。そこには観光地らしからぬフォートシロソというイギリス軍が要塞の跡地が記念施設になっている。そこには日本軍と英国軍との戦いの記録と大東亜共栄圏の占領統治の実態や捕虜虐待、華僑虐殺などの記録が展示物として何部屋も連なっている。

 シンガポールの玄関口、チャンギ国際空港からほど近いところには捕虜収容所の跡地があり、そこは今でも世界中の観光客が訪れる場所となっている。ここも日本軍の捕虜虐待の実情が延々と展示されている場所だ。この場所は日本の旅行ガイドブックには掲載されることは少ない。なお、チャンギ国際空港は元も砂浜を埋め立ててできたところであり、セントーサ島の砂浜とともに、そこはくだんの華人虐殺が行われた場所でもある。
 日本人が多数訪れるチャイナタウンの一角にも華人虐殺の慰霊碑がある。リー・クアンユーが命からがら逃げ延びた場所だ。ここも日本の旅行ガイドブックにはひとつも掲載されない。近くのホテルや買い物に出かける日本人が多数ここを通り過ぎるが、その慰霊碑の意味を理解するものはほとんどいない。

 シンガポールに調査に行ったとき、何人かの現地在住の日本人に話を聞いた。「シンガポールでは日本の占領時代の話を日本人がするのはタブーですよ」とその中の一人は教えてくれた。旭日旗を禁止することになったAFCの倫理委員会の委員長はこのシンガポール人である。
「マレーシアの教科書に大東亜共栄圏のおかげで独立を勝ち取ることができた。日本は感謝されている」というデマもネットで広く流布されている。

 私がマレーシアでこの国定教科書を手に入れて翻訳してみると、これが全くのデタラメだということがわかった。「日本占領時代は、マラヤの国民を怖がらせた暗い時代だった」というのが、この教科書に書かれたことで、その被害や大東亜共栄圏の実態が延々と記述されている。現代史を避けて記述する日本の歴史教育とは全く違うものだ。このような記述はアジア各国、とりわけ大東亜共栄圏とされた国々の教科書はほとんど同じような論調である。なお、この教科書が制定された1988年は、「親日」であるはずのマハティールが首相であった時代だ。さらに追記すると、マハティールはもともと教育相の大臣を経験したほど教育について重視している政治家である。(参照:アジアの「親日」国家の歴史教科書を読む -「マレーシアの教科書に大東亜共栄圏のおかげで独立を勝ち取ることができたと書いてある」ってホント?

◆なぜ旭日旗は差別思想なのか―大東亜共栄圏と旭日旗
 FIFA(国際サッカー連盟)は、スポーツの場としてのスタジアムから、政治的論争となるようなものや、差別的な思想に関するシンボルを徹底的に排除している。差別のない世界という理念をサッカーを通じて広げていくことも明確に宣言してきた。そのFIFAの外郭団体のNGOに「FARE(Football Against Racism in Europe)」がある。サッカーにおける人種差別を根絶するという目的のために活動するこの団体が発行する、差別的なシンボルのガイドラインの最新版には、スタジアムで禁止されるべき標章として旭日旗が加わっている。そこの旭日旗に関する説明は以下のとおりだ。

「旭日旗 ―1945年まで日本帝国海軍と帝国陸軍によって公式に使用されたもので、第二次世界大戦の日本の軍国主義と植民地主義を象徴し、差別的なものとみなされる。特に韓国・北朝鮮・中国や、戦争の影響を受けた他の国々の人に、そのような受け取られている。現在では、公式に日本の海上自衛隊や広告などにも使われていることもあるが、かつての日本軍の行いに影響を受けた国々では差別的なシンボルと考えられている」(参照: “Global guide to discriminatory practices in football”
 私は最初、旭日旗が「差別的」なものという意味が今一つ腑に落ちなかった。政治的であるとか、軍国主義的である、というならばわかる。しかし、「差別的」とはいったいどういうことなのか。

 これは、マレーシア、シンガポール、フィリピン、タイ、インドネシアといった国に、改めて旭日旗はどのように受け取られているかを見ていくうちにだんだんとわかってきた。それは大東亜共栄圏というものの実際がどうだったのかということと深く関係がある。

 アジアの解放を理念としたはずの大東亜共栄圏とは、実際は「天皇」という宗教をもとに、日本人が遅れた未開の人たちを指導していくというものだったのだ。そのために日本軍は、東南アジア中で現地の人たちを些細なことで平手打ちにし、軍人には日本式のお辞儀を強要した。タイでは社会的に地位の高い僧侶を殴り倒し、フィリピンではキリスト教の神父をスパイ扱いして虐殺し、インドネシアではタブーである頭を平気で触った。強制的に日本語教育と天皇崇拝が押し付けられ、それに反抗したものは即座に憲兵に拘留された。現地の政府は、日本軍によって傀儡政権となり、そこでは日本軍人が言うことが最優先された。そうした日本人の中には、本当にアジアの民族のためと志をもって、現地で軍政を行ったものもいた。しかし、そのような人たちは、むしろ大方の日本人がいかに現地の人たちをないがしろにしたことを憤慨していくことになった。彼らの声は現地民を「土人」扱いしていく日本人の中ではかき消されることなった。

こうして大東亜共栄圏が日本人の選民思想だととられても仕方ないことを日本はしてきたわけである。これが旭日旗が「差別的」とされる理由なのである。

旭日旗が国際試合で出されるリスク
 旭日旗の何が悪いんだ、というようなことを思う人もサッカーファンの中にはたくさんいる。だが川崎フロンターレの処分を知って、大方の日本代表のサポーターも、禁止されてしまったからには仕方ないということをまた理解している。しかしワールドカップとなると、このようなJリーグで起きた事件とその処分の内容について知るものは、むしろ少ないことになる。きっと、セネガル戦で出していたサポーターもそうなのだろう。しかし、これが続くと危険である。

 このワールドカップで、「国家の起源に関する」政治的なシンボルを出した選手がすでに処分されている。スイスの選手が、アルバニアの国旗を表すジェスチャーをゴールパフォーマンスでしたとのことである。この時の対戦相手は、セルビアであり、スイスの選手はアルバニア出身。アルバニアの国旗のジェスチャーをセルビア戦でやるというのは、極めて政治的な行為であり、挑発とみなされたのだ。アルバニアとセルビアは歴史問題をめぐって犬猿の仲なのだ。2014年にはこの両国の試合で、やはり同じアルバニアのエンブレムをめぐってサポーターが暴動を起こす事件があり、試合は没収試合となった。今回のスイス代表の選手は罰金処分。さらに同じ試合でセルビアが差別的なメッセージを出したとして、セルビア協会、セルビア代表の監督らに罰金処分が科されてもいる。

 旭日旗がこれからの試合でどのようなインパクトを持つかは定かではないし、それが大きな問題になるかは予測できない。すべてはFIFAの判断だ。しかし、すでに明確に禁止されている旭日旗を、そのようなリスクがありながら日本代表の試合で出す必要はあるのか。それが、せっかくの試合に水を差すようなことになるのではないか。その可能性を考えれば、私たちはどうしたらいいか、答えは難しくないだろう。

<文/清義明>

せいよしあき●フリーライター。「サッカー批評」「フットボール批評」などに寄稿し、近年は社会問題などについての論評が多い。近著『サッカーと愛国』(イーストプレス)でミズノスポーツライター賞、サッカー本大賞をそれぞれ受賞。




おまけのけ
日刊スポーツ
日本−ポーランド戦ラスト10分に海外も様々な反応

日本代表が28日のワールドカップ(W杯)ロシア大会ポーランド戦終盤で時間稼ぎに終始したことに対し、海外でも賛否両論が巻き起こった。
 
 <賛同派>
 ◆元スコットランド代表ネビン氏=英BBC放送「私はそんなフットボールは決して見たくないが、もし彼らが攻撃的に出て敗退していたら、ナイーブで愚か者だと言われただろう」

 ◆英サン紙「インターネット上には『警告の数も試合の一部』『ルールにのっとった行為』と評価する声も出ている」

 ◆元イタリア代表監督のサッキ氏=メディアセットTV「日本は紙の上では弱いチームのように思われているが、この大会でサプライズになるかもしれない」
 ◆ボバン・FIFA副書記官=イタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルト「セネガルは残念だったが、コロンビアと同様に日本にも賛辞を送る。彼らは勝ち上がるのに値するものを出した。この規則は完璧にスポーツ精神にのっとるものだ。W杯に32チームが参加する以上この規則は続くと思う。48チームになる26年からは、FIFAランキングによって決まることになるだろう」
 
 <否定派>
 ◆英ガーディアン紙「本当につまらない試合。喜劇的で超現実的な結末を迎えた」

 ◆英デーリー・メール紙「試合終盤の10分間は本当に恥ずかしい内容だった」

 ◆英BBC放送「最後に日本がしたことはW杯で誰も見たくない行動だった。FIFAの規定は恥ずべきもの。おかげで日本は世界的な笑いものになった」

 ◆元イングランド代表主将のブッチャー氏=英BBC放送「後味が悪い。恥ずべきだ。素晴らしいW杯が続くが、日本−ポーランド戦でちょっと汚された」

 ◆北アイルランド代表オニール監督=英BBC放送「82年大会の西ドイツ−オーストリア戦で同じような試合を見た。監督経験者として、他の試合の行方に運命を託すという決断にはあぜんとした。日本は次の試合では“戦って”ほしい」

 ◆ドイツ紙ビルト「W杯で最も恥ずべき10分間」「日本は試合終盤の10分間、ただボールを回すだけ。最も悪い形でのスタンディングサッカー。誰も取りに来ないなら、こちらも何もしないという…。ポーランドも2点目を取りに行くモチベーションはゼロ。結果、22人がサッカーをやめた」

 ◆スペイン紙マルカ「日本、火(禁じ手)を使って遊ぶ」「汚いプレーが(突破で)日本をきれいにした」

 ◆スペイン紙スポルト「最悪な試合。ニシノはおかしな先発で、日本をほぼほぼ1次リーグ敗退にまで追い込まんだ」

 ◆イタリア・メディアセットTV「最後の10分間、日本が全く攻撃をあきらめていたことには失望した。アンチ・スポーツ精神だ」

 ◆ロシア紙スポルト・エクスプレス「単なる醜悪」「日本は最後の260秒間をグラウンド中央で80本のパスを回すだけで、ポーランドは抵抗もせず座り込む選手まで出た」「日本とポーランドはサッカーにつばを吐いた」
 ◆ロシア・マッチTV「競技を事実上、放棄した」

 ◆ロシア大衆紙モスコフスキー・コムソモーレツ「日本は試合をひどい形で締めくくった。粘り強く戦ってきた日本がこんなことをしたのはとても残念だ」
 ◆元ポーランド代表ルバンスキ氏「最後の10分間はひどかった。(ポーランド代表にも)がっかりした」

 ◆ポーランド・サッカー協会のボニエク会長「リードされている日本代表が自ら負けを選んだ。こんな試合は初めてだ。試合とは呼べない内容だった」
 ◆ブラジル紙グロボ「皮肉にもフェアプレーが決定的な要因となった。最後の10分は正反対のことをして勝負を回避し、時間稼ぎをしたにもかかわらず」「プロサッカーでは結果が全てだが、日本は0−1のスコアより多くの物を失った」

 ◆オーストラリア紙ヘラルド・サン「ラッキージャパン」

 ◆元韓国代表FW安貞桓(アン・ジョンファン)=韓国MBC「攻撃を1分間しなければファウルになる規則をつくらなければいけない。韓国は美しく敗退したが、日本は醜く16強に進出した」


                      長くてごめんにゃさい

「スポーツマンシップに乗っ取って」を忘れないでいただきたいですね。
だからスポーツでしょ?!

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事