ここから本文です
しあわせの青い鳥
ありがとうございます。

書庫全体表示

記事検索
検索

全5240ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

安くて栄養がある!食費の節約に役立つ10の食材

5/12(日) 
All About
私は仕事柄、日々多くの人と食事や栄養の話をします。最近増えてきている相談は「食費に掛けるお金がない」という内容。 また、料理のスキルが無い人、料理に時間を掛ける余裕が無い人も多いようです。

つい先週のこと、「私にはお金もなければ、 スーパーに買い物に行く交通手段もない。
食事に興味も無いし、毎日同じものを食べても いいから、安くて便利で栄養がとれる食材を教えて」と聞かれました。「お勧めの野菜を2つ教えて?」、「果物が2種類しか買えなければどれがいい?」など、質問が続きました。

栄養士としては、色々な食材を食べるのがベストと言いたいところですが、そんなきれいごとを言っていられない場合だってあります。ここでは、この時の会話に基づいて低価格で日持ちのする10の食材を選びました。また、簡単なメニューも考えてみました。
◆食費節約・長持ち食材が必要な人へ! 10のお勧め食材
【10の食材と1日当たりの目安量】
・ヨーグルト(お椀軽く1杯分、150g)
・卵(中サイズ1個、60g)
・豆腐(1/2丁、175g)
・ロースハム(2枚、30g)
・魚の加工品(魚の缶詰1つ分、又は魚肉ソーセージ1本分、100g)
・納豆(1パック、45g)
・麦ごはん(お椀一杯を3食分、1食平均190g、4割麦、6割白米)
・ブロッコリー(軽くひとつかみ、50g)
・人参(中サイズ1/3個、40g)
・バナナ(中サイズ1個、150g)
・キウイ(中サイズ1個、150g)

【上記10の食材の分量で摂れる栄養素】
・炭水化物:226g
・脂質:38g
・たんぱく質:70g
・カリウム:2478mg
・カルシウム:789mg
マグネシウム:290mg
・鉄:9.8mg
・亜鉛:6.6mg
・βカロテン:3278mg
・ビタミンD:13.3μg
・ビタミンB1:0.72mg
・ビタミンB6:1.6mg
・ビタミンB12:12.9mg
・葉酸:312μg
ビタミンC:156mg
・水溶性食物繊維:9.1g
・不溶性食物繊維:12.2g
・食物繊維:21.2g

合計1500カロリー(調理の際の調味料や調理油は含まれていません)。   魚の加工品はさんまの蒲焼きで栄養計算をしています。

上記の10の食材で、日本人の食事摂取基準で勧められている栄養素がほぼ摂れます。カルシウム、ビタミンC、鉄分、食物繊維など、気になる栄養素も十分に摂取できます。残念ながら足りないのはビタミンB1でした。
ビタミンB1は日本人の食生活では非常に不足しやすく、豚肉やビタミンB1が添加された食品の消費量が少ないと、なかなか推奨量を満たす事はできません。

食材だけのカロリーは少々不足していますが、調理に油を使ったり、    
おやつを足せば、不足するどころか過剰になる場合もあるかもしれません。
◆節約食材・長持ち食材を使った献立案
【献立案1】
朝食:麦ごはんのおにぎり、バナナ、納豆
昼食:チャーハン(麦ごはん・人参・ブロッコリー・卵・ハム使用)、   ヨーグルト
夕食:麦ごはん、豆腐ステーキ、ブロッコリーと魚肉ソーセージの炒め物、 
キウイ

【献立案2】
朝食:納豆ご飯、ヨーグルト、キウイ
昼食:さんま缶詰の卵がけ丼、人参のソテー、バナナ
夕食:豆腐・ハム・ブロッコリー入り中華風炒め、麦ごはん

【献立案3】
朝食:ヨーグルト、バナナ、ハム&目玉焼き、麦ごはんのおにぎり
昼食:納豆オムレツ丼、ブロッコリーの和え物
夕食:麦ごはん、豆腐とサバ味噌煮缶詰の煮物、人参の炒め物、キウイ
一政 晶子(管理栄養士・米国登録栄養士)

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

開くトラックバック(0)

イメージ 1

大袈裟太郎おだやかTARO
@oogesatarou
サンドウィッチマンの安倍晋三、、、
すぐにトランプに電話しちゃう、、、
おもしろい(というかもはや示唆的)のでロングバージョンでどうぞ。
上西充子先生に見てもらいたいですね。笑
これは何論法でしょうか?
#ご飯論法#アメトーク


     
サンドウィッチマン最高。お笑いってこういうことなんだよね。安倍だろうと何だろうと権力は笑い飛ばさなくちゃ。「総理。新元号が発表されましたが?」「確かに。ただ、先ほどトランプ大統領に電話で会談しましたが、すべて一致しました」。安倍の頭の単純な回転軸を強烈に風刺している。


#NHK
“日米電話首脳会談 対北朝鮮”

安倍首相
「トランプ大統領と完全に一致」
「トランプ大統領と完全に一致」
「トランプ大統領と完全に一致」

…3回も繰り返すか😩

米国抜きの日本独自の外交ができないんだろうね。

『前提条件なしに金正恩委員長と向き合う』

何でもいいから、早くしろ❗


http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/872.html

開くトラックバック(0)

<日米両政府は、安倍晋三首相が今月下旬に来日するトランプ米大統領と会談する際、共同声明の発表を見送る方向で検討に入った。複数の日本政府関係者が18日、明らかにした。貿易交渉と北朝鮮対応で日米の立場に隔たりがあるため、文書による対外発信にこだわる必要はないとの判断に傾いた。

2014年にオバマ米大統領(当時)が国賓として来日した際、日米は沖縄県・尖閣諸島に関する米国の防衛義務を明記した共同声明を出している。令和時代の初の国賓として招くトランプ氏との間で共同声明を打ち出さない今回の対応は、首相が単独主義的なトランプ氏との関係に苦慮している印象を与えそうだ>(以上「共同通信」より引用)

 日米は「軍事同盟」国として緊密な関係にある、と常に説明してきた安倍自公政権と日本のマスメディアの言葉は嘘だったようだ。来月来日するトランプ氏と会談後に「日米共同声明」を見送る、という。


 つまり日本政府はトランプ氏と安倍氏が会談するのは「雑談」であって、日米首脳として何らかのテーマに関して「会談」して「結論」を出す類のものではない、と表明したことになる。それに関して日本のマスメディアが沈黙しているのはなぜだろうか。これまで日本のマスメディアは散々政府広報であるかのように「日米同盟は緊密な関係」と報道して、トランプ氏と安倍氏が個人的にゴルフを楽しむ映像などを日本国民に刷り込んできた。


 しかし、その実態は漫画「ドラえもん」のジャイアンとのび太の関係のようだった。トランプ氏による一方的な「米国の利益」を前面に持ち出す脅しに、卑屈なまでに米国のポンコツ兵器をリボ払いで爆買いして歓心を買っていたに過ぎない。安倍外交の正体とはその程度の外交だったわけだ。


 なぜトランプ氏に「日米地位協定の見直し」を提起できないのだろうか。独立国のトップとして、彼が守るべきは日本国民のはずだ。米国軍人と軍属を最優先とした占領下と同様な「日米地位協定」などとっくの昔に解消されていなければならないものだった。そして自衛隊と同様の「緊急事態法」下での行動に制限されるべきだ。それが国民主権の日本での米軍のあり方だ。


 しかし安倍氏が「日米地位協定」の改定に言及した節が全く見られない。日本のマスメディアに「日米地位協定」解消の論評が全く載らないのも不思議な話だ。南シナ海に軍事基地を造って航行の自由を制限しようとするのに対して、航行の自由を掲げて米国が抗議するのに日本政府も同調するなら、なぜ首都圏から全国に及ぶ「空域」を米軍が制圧している現状に対して、日本のマスメディアが「空の航行の自由」を掲げて論陣を張らないのだろうか。


 来日する隣国・韓国大統領とは会談すらしないで、米国大統領とは会談するが共同声明は出さない、という安倍外交の「破綻」に対して、なぜ日本のマスメディアは沈黙しているのだろうか。これほどの失態を追及できないほど、日本の報道の自由は奪われているのだろうか。



5月 19, 2019 日々雑感(My impressions daily

イメージ 1

平川克美 @hirakawamaru 17時間17時間前


開くトラックバック(0)

イメージ 1

立憲民主党代議士会。解散総選挙ともなれば大勢の同志を失うにもかかわらず、幹部たちの危機感は薄い。=16日、衆院第16控室 撮影:田中龍作=

「野党が不信任案を出せば解散の大義となる」― 昨夜からマスコミを賑わしている。TVニュースを視聴してピンと来るものがあった。

 「野党が不信任案を出せば解散の大義となるか?」と質問したのはニコ生のA政治部長なのだ。田中の知人でもある。官邸のHPで確認したところ、声の主はやはりニコ生のA政治部長だった。

 菅官房長官は質問に間髪入れず「当然(解散の大義と)なる」と答えた。まさに阿吽の呼吸だった。

 自民党が野に下っていた頃、安倍総裁は随時ニコ生に出演し自説を展開していた。自らニコ生のスタジオに出かけることも珍しくなかった。
 
 新聞・テレビといったオールドメディアが支配する官邸の記者会見において、新規参入組のニコ生が別格の扱いを受ける背景である。
イメージ 2

令和オジサンこと菅官房長官。次期首相の呼び声も高く、発言の影響力は増す。=資料写真 撮影:田中龍作=
 
あさって20日、GDP1〜3月期の速報値が内閣府から発表される。
 思い出すのは、前々回(2014年12月)の総選挙だ ―
 
 2014年11月17日、内閣府が同年7〜9月期のGDP速報値を発表した。

 アベ首相は翌18日、記者会見。速報値の発表を受け「成長軌道に戻っていない」「アベノミクスの成功を確かなものとするため」と理屈をつけて消費税増税の延期を明らかにした。

 それから3日後の11月21日、衆院を解散した。

 政党支持率(時事通信17日発表)で判断する限り、いま解散を打たれたら、野党は壊滅的な敗北を喫するだろう。
 野党第一党の立憲民主が3.7%、第2党の国民民主が0.6%という寒さだ。
 
 あげくに選挙協力は、万全の体制とは程遠い。野党が会期末慣例のように内閣不信任案を提出したりすると、安倍首相の思うツボとなる。

 衆院は与党が引き続き3分の2を維持し、改憲は一気に現実味を帯びる。

     〜終わり〜

開くトラックバック(0)

イメージ 1


木村結 @yuiyuiyui11 18時間18時間前

開くトラックバック(0)

全5240ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事