ここから本文です
きままに
要領得ぬ身ですが、安閑としてやっています。

みかんが先か鳥が先か

だいぶん暖かくなりました。
裏庭にスイセンやクリスマスローズの白い花が咲いています。

去年は毎日のように姿を現していたメジロですが、今年は一度も見ていませんでした。
試しにミカンを半分に切ってハナミズキの枝に刺すと、番いではありませんがたちまち一羽やって来ました。
窓をそっと開けて写してみました。



D800  200-500㎜(f/5.6)



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

果肉がだいぶ減っています。
メジロの3倍はありそうなヒヨドリも来ていました。
イメージ 5(現像:Photoshop CS5)

この記事に

開くトラックバック(0)

今日は旧正月です。
さすがに正月気分はもう無いですがオリンピックが行われている韓国では春節と呼ばれ重要な祭日のようです。
大型連休が日本のように多くは無いようですが、日本の正月のような過ごし方をするようです。


過日、日野町のオシドリ小屋に行ってきました。

この日は新郷〜足立間のS字カーブで8時ごろ通過する寝台特急サンライズ出雲を撮って、県南の公園にトラツグミが来ていると聞きUターンしようとも思いましたが、もう少し雪景色を見たくなり伯備線に沿って北上しました。

道すがら、雪かき、言ってもシャベルで雪を掬う風景は見られず、ポータブル除雪機で雪を吹き飛ばしている光景をあちこちで見ました。

オシドリは一般的には留鳥であるようです。
ここのオシドリ達は、北海道や本州中部以北から南下してきて越冬しているのか朝鮮半島など国外からの冬鳥達なのか定かではありませんが、ワイワイガヤガヤと楽しそうです。

この日は10時前に着いたので小屋の真下での食事時刻は過ぎ、鳥たちは遠くに散らばっていました。
天気が良い日には近づいて来ることは無いようですがこの日は寒く雪が舞い、食事時刻は疎らだったようです。



D800 70−200㎜(f/2.8) 
    オシドリ小屋 200-500㎜(f/5.6)    一部×1.4テレコン



2018/2/12撮影

日野町に向かう道すがら
やくもが通過した後だったようで次の便まで待てませんでした。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4


日野川オシドリ小屋から
イメージ 9

イメージ 8

イメージ 10

イメージ 3

イメージ 5

キンクロハジロ
イメージ 6

カワアイサ
イメージ 7

キジバト
イメージ 11
(現像:Photoshop CS5)

この記事に

開くトラックバック(0)

冬のこの時期は、鉄道ブログが続きます。

10日に今年初めてトワイライトエクスプレス瑞風がJR山陽本線を運転しました。
昨日は、山陽山陰周遊ダイヤで今年初めて雪の山陰本線を走ります。
今頃は松江付近でしょうか。

最寄りの倉敷駅を山陽下りダイヤより10分程出発時刻が早く、日の入り時刻が遅くなっていますが太陽も既に沈み濃い雲があったため、薄暗い中での撮影でした。

f開放でISOを3200まで上げても上手く捉えることができません。




D800  70−200㎜(f/2.8)




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
(現像:Photoshop CS5)

この記事に

開くトラックバック(0)

冬の伯備線を運転する特急やくもを4か所のお立ち台を巡って写してみました。

それぞれ特色のある撮影地です。



D800 24-120㎜(f/4)    70-200㎜(f/2.8)


2018/2/12撮影

日野川鉄橋
イメージ 7

根雨〜黒坂
イメージ 1

イメージ 2

榎踏切
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

新郷〜足立S字カーブ
イメージ 6
(現像:Photoshop CS5)

この記事に

開くトラックバック(0)

撮影地は伯備線の新郷〜足立間のS字カーブです。

平日は自分を入れて2人か3人ほどしかいませんが、さすがに連休なので三脚がずらっと並んでいました。

大雪と言うほどでもありませんでしたが、今年4回来てこれまででもっとも雪が多く、行く道中の高梁市内の歩道脇には雪が薄く積もっているところがありました。

ここは便数の多い特急やくもや好きな寝台特急サンライズ出雲を運転しているのを撮れるのが好いです。
しかし、多くのカメラマンは貨物列車狙いのようです。



D800   70−200㎜(f/2.8)


2018/2/12撮影

EF64-1044  伯耆大山〜3083レ〜岡山タ
イメージ 1

EF64-1033  伯耆大山〜3084レ〜岡山タ
イメージ 3

EF64-1024      伯耆大山〜3088レ〜岡山タ
イメージ 2
(現像:Photoshop CS5)

この記事に

開くトラックバック(0)

最初の目的撮影地は伯備線の新郷〜足立間のS字カーブです。

今年4回目ですが朝行くのは初めてです。
S字カーブを運転する寝台特急サンライズ出雲と貨物列車EF64、特急やくもを撮ろうと思い立ちました。

大雪と言うほどでもありませんでしたが、これまででもっとも雪が多く、新見市内も少し圧雪がありました。



D800   70−200㎜(f/2.8)




ここでは後ろ姿を追うことになりますが仕方がありません。
サンライズはゴールデンウイークに臨時便が18時ごろ通過するので向こうからやって来るのが撮れそうですが、通常は21時ごろで真っ暗な中撮る人はいないでしょう。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
(現像:Photoshop CS5)

この記事に

開くトラックバック(0)

去年の6月17日から運転を始めたトワイライトエクスプレス瑞風ですが、冬季に1か月半ほど休んで、今年初めて運転を開始しました。
山陽本線下りコースです。
次は14日からの山陽山陰周遊コースですが、下関から宮原まで回送して帰るのでしょうか。


家でのんびり、熱燗でちびりちびりやり平昌オリンピックを見たい気もいたしますが、雨の中出かけてみました。



D800  70−200㎜(f/2.8) 24-120㎜(f/4)


水島臨海鉄道です。
平日のこの時刻にはキハ37.38.30が運転しています。
イメージ 7

倉敷駅で2時間待機しています。
美観地区から瑞風バスに乗って来る乗客を迎えます。
下りホームも乗客でごった返しているようです。
イメージ 1

18時2分、小雨降る中を定刻に出発しました。
イメージ 6

イメージ 2

陸橋の反対側にまわり、後ろ姿を横から写そうと移動しました。
絞り優先にしていたため、ISO3,200オート、SS1/500秒に設定していましたが、解放f4では1/5秒となり横からではブレてしまいます。
イメージ 3

イメージ 5

イメージ 8

乗客が手を振っています。
イメージ 4
                                                                            (現像:Photoshop CS5)

この記事に

開くトラックバック(0)

車の温度計は1度を指し気温は低いのですが、天気が良いので近くの山の公園に出かけてみました。

歩いていると風はなくホカホカとしてきます。
確実に春は近づいて来ているようです。

ロウバイは満開ですが、梅の花はまだこれからで、たまにちらほら見ることができるぐらいです。

「梅一輪 いちりんほどの暖かさ」



D800  シグママクロ150㎜(f/2.8)



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
(現像:Photoshop CS5)

この記事に

開くトラックバック(0)

根雨〜黒坂で俯瞰できる場所から伯備線を運転する貨物列車と特急やくもを撮影しました。

予想していたほどの雪はありませんでした。



D800  70−200㎜(f/2.8)


2018/2/7撮影

現在の振り子式電車381系は国鉄時代の1978年に製造され耐用年数の40年を迎えますが、深刻な新幹線の台座問題で新型車両導入に黄信号がともっているようです。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
(現像:Photoshop CS5)

この記事に

開くトラックバック(0)

長く引いていた風邪も大分良くなったので久しぶりにカメラを携え出かけて見ました。

この頃、鉄道写真でも貨物列車を撮るのが面白くなってきました。
列車番号ごとにダイヤが決まっており途中の駅の通過時刻が分かります。
と言っても、JR貨物時刻表を手に入れていないためネットで情報を得て途中の通過時刻は予測して行きます。

伯備線を運転する、伯耆大山12:42〜3084レ〜16:57西岡山を写すつもりで、新郷〜足立間のS字カーブを目指しましたが雪が無いため、根雨〜黒坂の俯瞰場所に向かいました。
だいぶん遅れて15時23分に通過しました。
帰宅する序でにS字カーブに寄って見ると10分ほどして、何時もは15時前に通過するのですが16時10分に汽笛を鳴らしてくれ通過しました。



D800    70−200㎜(f/2.8) Tamron70-300㎜(f/4-5.6)


長ければあずき色のカーブを描くのですが。
イメージ 3

イメージ 1

イメージ 2
(現像:Photoshop CS5)

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事